フル・モンティのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フル・モンティ
 > (レビュー・クチコミ)

フル・モンティ

[フルモンティ]
The Full Monty
1997年【英】 上映時間:93分
平均点:7.29 / 10(Review 217人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-12-13)
ドラマコメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-29)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・カッタネオ
キャストロバート・カーライル(男優)ガズ
マーク・アディ(男優)デイブ
トム・ウィルキンソン(男優)ジェラルド
家中宏ガズ(日本語吹き替え版)
塩屋浩三デイブ(日本語吹き替え版)
小林修ジェラルド(日本語吹き替え版)
江原正士(日本語吹き替え版)
池田勝(日本語吹き替え版)
平田広明(日本語吹き替え版)
小林優子(日本語吹き替え版)
高山みなみ(日本語吹き替え版)
滝沢久美子(日本語吹き替え版)
加藤精三(日本語吹き替え版)
山野井仁(日本語吹き替え版)
宮寺智子(日本語吹き替え版)
松本大(日本語吹き替え版)
脚本サイモン・ビューフォイ
音楽アン・ダッドリー
編曲アン・ダッドリー
挿入曲アイリーン・キャラ"Flashdance... What a Feelin'"
トム・ジョーンズ"You Can Leave Your Hat On"
セルジュ・ゲンズブール"Je t'aime... moi non plus"
撮影ジョン・デ・ボーマン
製作ウベルト・パゾリーニ
配給20世紀フォックス
ヘアメイククリスティン・ブランデル(ヘア&メイクアップ・デザイナー)
編集ニック・ムーア[編集]
スタントテリー・フォレスタル
その他アン・ダッドリー(指揮)
あらすじ
今は誰もが失業中で生活も苦しいこの町で、ガズも失業してから早6ケ月となり、息子の共同親権を得るための養育費700ポンドもない。かといって、職が無ければ、収入だって見込まれず、息子のネイサンは母親に奪われてしまうのではないかという危機に直面してしまう。そんな辛い日々が続く中で、ガズと親友のデイヴは町を巡回して来た男性ストリップグループにヒントを得て、素人仲間を集って 俺たちもストリップをやろう。一発稼ごうと夢を見るのだが。その実現には障害も多くて上手く事を進めるのにも困難で・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
217.有名作品だけどなぜか未鑑賞。今回鑑賞して、、正直まあまあ。音楽はよかったです。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-03-12 01:51:10)
216.《ネタバレ》 オフサイドトラップとホット・スタッフのシーンは、いつまでもいつまでも、忘れることはできません。思い出すと、ついつい笑ってしまいます。
shoukanさん [映画館(字幕)] 7点(2017-02-18 23:54:23)
215.もっと弾けた内容かと思いきや、意外とコメディの要素は控えめで、けっこうまじめな内容だったと思います。その分、物足りないと感じてしまったのが残念です。それにしても、女性があんなにストリップに熱心になるかなあ。そのへんが、あまりピンときませんでした。
川本知佳さん [DVD(吹替)] 5点(2015-02-16 01:24:39)
214.《ネタバレ》 失業中でお金に困った6人の男達が繰り広げる痛快コメディー。男のストリップショーに女性客が殺到していることを知ったガズは、自分達もストリップショーを開いて金儲けすることを計画。友達や上司とオーディションを開きメンバーを募る。イチモツの大きさだけで合格させたのには大笑い。何とかメンバーを集めるが、練習中に警察に連れて行かれたり、持っていた紐パンを見つかり浮気を疑われたり紆余曲折を乗り越え開催にこぎつける。草臥れたおじさんたちはドナ・サマーの音楽が流れた瞬間、スイッチが入り男の顔に。最後まで躊躇していたガズも息子に背中を押され舞台へ。全てを失った男達に怖いものなどなかった。堂々としたダンスと脱ぎっぷりに、いつの間にか見入ってしまった。カッコいい!カッコよすぎるぞ!ラストシーン、観客に帽子を投げ、ついに素っ裸に。そこで画面が静止してエンド。「明日へ向かって撃て」の如き潔さだ!バス男と並んでとても印象に残るダンスシーンでした。最近、元気のない方はどうぞこの映画をご覧ください。
スノーモンキーさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-07 23:56:21)
213.笑えるけど、題材が題材なだけに下品な内容。抵抗がないかというとちょっと微妙かも。
そもそも、女性が男性ストリップをあんなに観たがるのって普通なのかね……。外国人の感性は分かりませんでした。
ポン酢太郎さん [DVD(吹替)] 4点(2014-12-01 20:56:39)
212.ザ、イギリス映画という感じ。アメリカ映画にはない普通の人の映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-11 11:56:43)
211.男のストリップに抵抗があってなかなか見ることができなかったし、今でもどうして観客がたくさん集まったのかもわからない。でも映画としては、「ブラス!」や「リトル・ダンサー」などのように英国労働者の生活感があってなかなか良い。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-07 06:14:38)
210.《ネタバレ》 笑いあり涙ありの匙加減が絶妙且つコンパクトに纏められており素晴らしい作品。

しょぼくれたオヤジ達が(私自身も仕事こそあれ、しょぼくれた部類なんで・・・)、まさに“裸一貫”頑張る姿を応援せざる負えません。

彼等は失業こそしているけど幸せだと思う・・・だって、この年代でバカなことを真剣に出来る仲間が居るのだから(本気で羨ましい)。

そして私は、主人公の息子が銀行で預金をおろすシーンで思わず、○○~(←自分の息子の名前)ゴメンよ~と、心の中で自分の事のように嗚咽してしまったではないか・・・

観終わった後は、もう気分はとってもフル・モンティてな感じで、明日からまた頑張るパワーを貰った次第です。

追伸:何せ観た晩に、夢見ましたからね・・・
ヘタなステップで自分がストリップする夢を・・・以上。

ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 8点(2013-10-19 14:14:39)
209.いかにもイギリスっぽい雰囲気、ちりばめられるコメディセンス。何度も観ました。同名のミュージカルも最高でした。
nojiさん [DVD(字幕)] 8点(2013-05-29 23:56:12)
208.《ネタバレ》 もう、なにバカなことやってんのよー!!って感じ。 正直お金払ってまで裸が見たいと思うほどのメンズじゃないし、肝心のストリップショーも忘年会の余興レベルだけど…どうしようもないオトコどもがとったこのおバカな行動は、不況の煽りを受けて沈み込む町のみんなを思いのほか元気づけたのかも。 大変なときこそ下を向かずに、カラ元気でもいいからあえて騒いじゃおう!! そしたらきっとそのうち運も向いてくるさ!ってなもんで。 チケットを買ってくれたレディーズも別に本気でヤツらの裸が見たかったわけじゃなくて、不況のせいで元気がなくなったオトコどもをどうにか盛り立ててやろう!って気持ちがどこかにあったんだと思うのよね。 …不景気だ不景気だって愚痴ばっか言ってないで、みんなで盛り上げましょ!!ってな気分にさせられたわ。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-01-02 19:04:55)
207.《ネタバレ》 なかなか素晴らしい作品でした。
不況に負けない明るさがなんとも魅力です。
そして完璧な肉体よりも素人には素人の良さがあるのだなと。
様々な愛が描かれる中でコメディーもあり、非常に面白かったです。
デブ男の奥さんが素晴らしいです。
なんとも冴えない肉体の集まりですが、そこに良さを見つけていくところが良いです。
それこそ人間の良さを発見していくかのようです。
素っ裸になるっていう行為にはなんともいえない素晴らしさがあります。
素っ裸になったらもう元気しかありません。
最初は嘲笑でしかなかったものが最後に素晴らしいものになるのは素晴らしいです。
(・・・なんでポリ公の格好だとゲイっぽく見えるんだ?)
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2012-07-26 00:49:14)
206. 息子さんの言動が男前過ぎて変な趣味に目覚めてしまいそう。
池田屋DIYさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2012-05-09 19:37:06)
205.イギリスの「労働者文化」が生んだストーリーと言えるか。これぞ傑作というまとまりこそ無いが「順番待ちダンス」やらしいフットボールジョークの数々など笑える小ネタは随所に散りばめられておりコメディとしては佳作。貧乏だがアホな仲間に囲まれて、フットボールと酒を楽しんで、日本の企業戦士より幸せそうに見えるのは気のせいか
Arufuさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-29 11:46:56)
204.《ネタバレ》 賢い子供とダメ親父という構図に私は弱い。本作でもガズの息子の愛おしいことったら。“あーオヤジだめだなー しょーがねえなこの人”と半ば達観しながら、でも好きで行動を共にする。「返せるんでしょ?」と言いながら小遣いから手付金を払う。終盤怖気づいたガズをぴしっと叱咤する。ううー、いい子だあ。一晩だけのショー。おそらく養育費を払ったら、明日からまたすかんぴんの生活は続くんだろう。でも下ばかり向いてないで何かやってみたら、けっこういいことあるのかもねと押し付けがましくなく背中を押された気分。いろいろ可笑しいんだけど、防犯カメラの映像見ながらつい振り付けチェックしてしまうとことか冒頭の“友だちの定義”がイギリスっぽくて面白い。男性ストリップに興味は無いですが・・んーガズなら見てみたいかな。あと“ランチボックス”級だという彼のも。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 9点(2012-04-21 18:48:44)
203.《ネタバレ》 ちょっとホロっとしちゃったよ…  ダメな男達のダメな生き方  軽口たたきながら現実に打ちのめされる  つらいよなぁ  でも不器用なこの男達が目一杯頑張ってる姿に 大いに笑い、そして共感するところがありました  愛すべきおバカな男達の友情をコンパクトにまとめた本作   あまり湿っぽく造ってないとこもナイス  なにげにこれはオススメかもしれませんよ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-01-29 23:52:32)(良:1票)
202.愛すべきトホホな野郎どもの奮闘モノ。僕の大好きなジャンルです。
鉄鋼が人々の生活を支えていた街。不況のあおりで工場が閉鎖してみんな失業してしまって・・・。同じイギリス映画「ブラス!」を思い出すイギリス映画らしい設定。どちらも素晴らしい映画ですが僕は本作の方が好きなんです。

登場する男たちの、男として、夫として、父としてのプライドと、どうしようもない現状。現実の厳しさと漂う哀愁と可笑しさのバランスもとてもいい。彼らのやろうとしていることをどうして馬鹿にすることができようか。不況の真っ只中。また新しい1年が始まる。今年最初に見たこの映画に元気をもらった気がしています。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2012-01-04 20:57:18)
201.《ネタバレ》 不況は嫌だねー。
ロバート・カーライルは当時、自分の観た順番でトレイルスポッティング→ザ・ビーチの後に、
この作品を観ていて、どんだけ怖い奴なんだという印象が一気に払拭されたくらい、
ちゃんと嵌っているのが不思議な役者さんだと思いました。
やっぱりドナ・サマーが良いのと、ラストせっかくなんでストリップショー垂れ流しても良かったんじゃあ?とか思いつつ。え?観たくないって?
バニーボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2011-09-04 21:21:44)
200.つまらなかった訳じゃないが、期待して観た分、余計に肩透かしをくらった。
真尋さん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-04 15:45:46)
199.《ネタバレ》 クスクスしっ放しだった。
ドナ・サマーの曲でみんなが踊りだしたところは大笑いした。
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-30 23:12:30)
198.とにかく落ち込んでる人に観て欲しい映画。きっと鑑賞後、なんで俺くよくよしてんだろ、ってなるから。おバカな連中がおバカな事をやるだけの映画だけど、異常なほど感情移入できるのは何故かって、俺もおバカだからさっ!ちょっとでも利口な人が観たらこんな感情移入できないかもしれないけど、我こそはおバカ、ってな人と、落ち込んでいる人は必見!
成迩さん [DVD(字幕)] 9点(2011-05-16 21:50:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 217人
平均点数 7.29点
010.46%
120.92%
210.46%
310.46%
483.69%
5146.45%
62712.44%
75324.42%
86529.95%
93114.29%
10146.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review6人
2 ストーリー評価 7.25点 Review16人
3 鑑賞後の後味 8.57点 Review21人
4 音楽評価 8.41点 Review12人
5 感泣評価 6.28点 Review7人
chart

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞ピーター・カッタネオ候補(ノミネート) 
脚本賞サイモン・ビューフォイ候補(ノミネート) 
作曲賞(コメディ)アン・ダッドリー受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1997年 55回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS