刑事コロンボ/逆転の構図<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 刑事コロンボ/逆転の構図<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

刑事コロンボ/逆転の構図<TVM>

[ケイジコロンボギャクテンノコウズ]
Columbo: Negative Reaction
ビデオタイトル : 特選・刑事コロンボ完全版/逆転の構図
1974年【米】 上映時間:95分
平均点:7.10 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
サスペンスTV映画シリーズもの犯罪ものミステリー刑事もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-05-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アルフ・ケリン
助監督フィル・クック
演出左近允洋(吹き替え版演出)
キャストピーター・フォーク(男優)コロンボ
ディック・ヴァン・ダイク(男優)ポール・ガレスコ
ドン・ゴードン(男優)アルヴィン・ダシュラー
アントワネット・バウアー(女優)フランシス・ガレスコ(ポール・ガレスコの妻)
ジョン・アシュトン(男優)カルヴィン・マクグルーダー
ラリー・ストーチ(男優)ウィークリー(自動車免許試験官)
ヴィトー・スコッティ(男優)トマス・ドーラン
ビル・ザッカート(男優)サンプソン警部
マイケル・ストロング〔男優・1918年生〕(男優)ホフマン刑事
ハーヴェイ・ゴールド〔男優〕(男優)ハリー・ルイス(カメラ屋)
フレッド・ドレイパー(男優)(ノンクレジット)鑑識
マイク・ラリー〔男優・1900年生〕(男優)(ノンクレジット)路上にすわる老人
トム・カーニー(男優)モーテルの支配人
エドワード・クロス〔男優〕(男優)制服警官(現場でコロンボに注意)
マイケル・ラリー(男優)(ノンクレジット)証拠保管室の男
デヴィッド・シェイナー(男優)レイ(出版社社長)
ジョアンナ・キャメロン(女優)ローナ・マグラス(ポールの撮影助手)
トム・シニョレッリ(男優)ポールの手当てをする医師
マイケル・サンティアゴ〔男優〕(男優)制服警官
エイドリアン・リカード(女優)車両登録局の局員
エドワード・コルマンズ(男優)牧師
アイリーン・テッドロー(女優)チャールズワート夫人(ポールの客)
小池朝雄コロンボ(日本語吹き替え版)
銀河万丈コロンボ(日本語吹き替え版追加録音)
新田昌玄ポール・ガレスコ(日本語吹き替え版)
筈見純アルヴィン・ダシュラー(日本語吹き替え版)
緑川稔(日本語吹き替え版)
近石真介(日本語吹き替え版)
石井敏郎(日本語吹き替え版)
野本礼三(日本語吹き替え版)
阿部寿美子(日本語吹き替え版)
藤本譲(日本語吹き替え版追加録音)
野島昭生(日本語吹き替え版追加録音)
原作ウィリアム・リンク(キャラクター創造)
リチャード・レヴィンソン(キャラクター創造)
ピーター・S・フィッシャー(エグゼクティブ・ストーリー・コンサルタント)
脚本ピーター・S・フィッシャー
音楽ベルナルド・セガール
ハル・ムーニー(音楽監督)
撮影ウィリアム・クロンジャガー
製作エドワード・K・ドッズ(製作補)
製作総指揮ローランド・キビー
ディーン・ハーグローヴ
制作東北新社(日本語版制作【追加録音】)
美術ジョン・W・コルソ(美術監督)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
ビル・マクローリン〔美術〕(セット美術)
衣装グレイディ・ハント
編集ロナルド・ラヴィン
字幕翻訳岸田恵子
日本語翻訳額田やえ子
岸田恵子(追加翻訳)
スタントリック・サワヤ(ノンクレジット)
その他スティーヴ・ジョンソン〔カラリスト〕(ノンクレジット)カラリスト
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.《ネタバレ》 プロカメラマンの行いが愚かすぎてつらい。ダシュラーがバカだとは思っていなかったけど、プロカメラマンのことは大分早い段階から、そうだと踏んでいたんじゃないでしょうか。新聞紙のことから、わざわざ暖炉に捨てた写真のことからなにもかも。奥さんのいまわの際の写真を見て、露出とかフレーミングとかいう人間、オカシイですよね。「人のズボンにかじりついたら離れない小うるさくて生意気なスピッツ」発言も、やましい気持ちのない人からは決して出ない発言なんですよ。ラストシーンのコロンボは、バカがやっぱりこのカメラに手を伸ばしちゃったよって、うんざりしているようにも見える。シスターのシーンは好きなので5点です。
なたねさん [地上波(吹替)] 5点(2019-07-15 20:51:47)★《新規》★
30.《ネタバレ》 シスターとのやりとりは超面白いね!(吹き替えだったからというのもあるかも) おまけに車もボロさで大活躍!? 最後の逆焼きはちと強引なような気はしましたが、とってもコロンボらしい一本でした
Kanameさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-12-31 22:33:46)
29.《ネタバレ》 危うい、危うい!
面白い発想の狂言誘拐でしたが、用意周到に見えてなかなか杜撰と言うか、思い切った計画でしたね。
一応うまくいってコロンボの追求を躱しますが、最後には見事に釣り上げられました。
犯人については思いっきり身勝手な場合と、まぁまぁ被害者にヤられてて恨みの末の犯行の二種類があると思うんですが、後者のほうが面白いことが多いですね。

ろにまささん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-03-02 22:26:29)
28.《ネタバレ》 犯人の特性をつかんだコロンボの推理が冴える。
ダシュラーが暖炉で捨てたとされる被害者の写真を、実際に写真を捨てたカメラマンの犯人に見せて反応をうかがう。
写真としては失敗作だと批評するガレスコに、「ダシュラーは先生並み」に写真がわかるから捨てたのだろうと感心してみせる。
ダシュラーを犯人に仕立てたことを見抜きながら、真犯人にこうしたジャブを打っていくコロンボがいい。
最後の決定打ももちろん大事だが、それまでのジャブの質が作品の成否を占う重要なファクターになる。

犯人との攻防以外でお気に入りなのは、コロンボのキャラを生かしたユーモラスなシーン。
教会で恵まれない人だと思われて施しを受けそうになる場面が笑える。
教習所教官とのやりとりもそうだが、こうしたシーンはメインディッシュに欠かせない付け合わせになっていて、これがないとコロンボじゃないような。
ラストのネガ裏焼きのトラップも決まってニンマリ。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 8点(2013-11-13 21:01:39)
27.知り合いの前科者を犯人に仕立て、完全アリバイの遂行を目論むカメラマンのエピソード。
他の刑事たちの目はごまかせても、コロンボの目はごまかせない。
状況だけ見れば確かに前科者が犯人。でも別の角度から見れば・・・・・・。
コロンボの仕掛けは、まさに逆転の発想。安定感のある面白さ。
MAHITOさん [DVD(吹替)] 5点(2012-06-28 01:45:19)
26.《ネタバレ》 救済所のシーンはクスリと笑えました。
最後に証拠を見せるシーン、私も意表をつかれました。
KINKINさん [DVD(吹替)] 6点(2012-03-24 15:35:57)
25.《ネタバレ》 教会の救済所でのシスターとのやりとり、教習所の教官など、ストーリーそのものよりも、笑いを誘うシーンのセンスが抜群です。この作品の被害者も、白鳥の歌同様、「こんなおばはん、そら殺したくなるわな」タイプですが、ダシュラーを利用して殺してしまう犯人に同情できません。「君、今の行動目撃したね」というラストは印象的でした。
ramoさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2011-09-29 20:42:07)
24.《ネタバレ》 ユーモア・ミステリーとして秀逸。ユーモアは、教会の救済所で浮浪者に間違えられたり、灰皿がなくて葉巻の灰をポケットに落とすところなど傑作。
【疑問】
①「良く練られた計画殺人」の筈なのに、事件当日に奥さんを待たせて、暗室で1時間もかけて脅迫文を作っていたのは何故だろう?わざと奥さんを怒らせているとしか思えないのだが。
②そもそも殺人動機が不明確。性格の不一致で離婚すれば済むのに。それに夫婦不和は、犯人の浮気が原因では?
③犯人は共犯者の借りているモーテルの鍵をどうやって入手したのか?
④モーテルで共犯者のカメラを盗んだのは犯人。そのカメラで誘拐写真を撮る必要があったから。でもそんな手のこんだことをする必要はないだろう。普通に返してもらえば良いのだから。
⑤犯人がモーテルに入ったときの鞄は黒だったのに、廃車場では茶色に変わっている。鞄の中には紙幣も入っており、代える理由が不明。
⑥犯人は共犯者との約束の時刻にどうして30分も遅れたのか?
⑦犯人は共犯者に脅迫状を見せて巧妙に指紋をつけさせるが、元となった新聞にはつけていない。少し考えれば脅迫状に指紋をつける犯人などいないのだから、逆にすべきだったのだ。カメラには共犯者の指紋がついている筈で、これは正解。
⑧刑事が共犯者の周囲を洗わないのはどうしてか?洗えば、簡単に犯人と交友関係が出てくる筈。また金の出どころも洗わないのはどうしてか?農場など買えるお金がある筈もないのだから。それに農家を買うお金があれば誘拐など行う必要がないので不自然さに気づくはず。農家を買ったのにモーテルに住んでいるのも変である。死体を始末しないで放置するのも不自然。普通は隠す筈。
⑨殺害部屋は太陽光が差し込んでいるので影で時間のトリックが判明すると思う。
⑩刑務所の写真集なんてあるの?肖像権の問題があるはずだが。
⑪最大の欠点は死体がすぐに発見されるように仕組んだこと。どこかに隠せば、死体無き殺人で、捜査は困難を極める。
⑫刑事の仕掛けたトラップは証拠としては弱い。プロカメラマンであれば、印画紙からそれを撮影したのはどのカメラか、ある程度察しがつくのではないか?あのカメラは特殊で、その場で印画できるタイプであり、メーカーも限られているだろう。
よしのぶさん [DVD(吹替)] 6点(2011-07-28 01:25:41)
23.《ネタバレ》 コロンボの反則スレスレな解決や、車のポンコツっぷり、コートのヨレヨレっぷりなど、これぞ「コロンボシリーズの代表作」といってイイ風格。

今作は、シリーズでたびたび観かける「入念に練られた計画的配偶者殺人」ですが、いやぁ、実にヤな奥さんでしたねぇ。と、独身の私は感慨深く鑑賞させていただきました。
aksweetさん [DVD(邦画)] 8点(2011-07-19 00:29:25)
22.《ネタバレ》 「犯人が余計なことをしなければ、コロンボに悟られることはなかった」ということはよくあること。この映画でも、脅迫状を作った新聞を現場に残したり、奥さんの写真を撮るのに時計を設置したりしなければわからなかったのではと思う。
コロンボが一歩ずつ証言の矛盾を追及する過程はすばらしい。この犯人はそのたびに誤魔化していったが、最後の最後に罠に陥ってしまう。
写真の裏焼きという探偵小説によくある手口が、この映画では犯人ではなく、コロンボが使ったという映画でした。
ESPERANZAさん [地上波(吹替)] 7点(2011-07-14 18:27:48)
21.《ネタバレ》 コロンボのファンならみんな大好き、ポンコツカーとヨレヨレコート・ネタをたっぷり味わえる一本。この2点セットがこれほど見事なまでにバッチリ似合う俳優はピーター・フォークしかいませんよね。教会のシスターや教習所の先生とのコントといった笑いドコロも満載となっています。

特に教会の救済所でシスターに「ようこそ兄弟。お腹が空いているのですね」「そのコートはいくらなんでも・・・」のコントには笑わせてもらいました。それにしても警部、救済所でメシ食ってる姿はいくらなんでも似合いすぎでしょう。まあ、これもピーター・フォークという名優の妙技ですね。

このシリーズの犯人は中にはそれではとても警部に太刀打ち出来ませんよ、というお粗末な者もいますが今回の犯人である写真家のポールが仕掛けた空き家、写真、ムショ帰りの男、モーテルからの脅迫電話などのトリックの数々はよく出来ていたのではないかと思います。その反面ラストの警部が仕掛けはかなり強引な賭けだったように思いますが、完璧だったはずの計画の小さな矛盾点を少しずつ追及していく警部とポールの対決はなかなか見応えがあり、犯人役のディック・ヴァン・ダイクも見事でした。

とらやさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2010-02-07 11:53:46)(良:1票)
20.《ネタバレ》 脇役満載の超おトク!な一本。言わずと知れた’酔っ払い’・’シスター’。これだけでも超お買い得…と言いたいところが、陸事?事務員のウィークリー氏。犯人の憎々しさが、多くの笑えるエピソードにまぶされ緩和されている、とでもいいたいところです。奥さんは自業自得だとしても、アルヴィン・ダシュラーはちょっとかわいそうでした。カメラ代ちょろまかしたり、とせこいところもあるのですが何も殺されるほどひどいことはしていないでしょうに…。気になったのは、ごくごく冒頭で、犯人が暗室に閉じこもっているところに奥さんからかかる声。「…いつまでかかるの?もう一時間も入ってるじゃないの!」←なんだかトイレに長時間入っているみたいな言い方でいつも笑ってしまいます。なぞ解きは、犯人のプライドの高さを利用した心理作戦。「今の目撃したね?」と次々たたみかけるように聞いていくところがかっこいいと思います。
バッハバッハバッハさん [地上波(吹替)] 10点(2010-02-05 18:25:33)
19.《ネタバレ》 BS2では「コロンボウィーク」と題して4日連続でシリーズの中でも名作の誉れ高い作品を放映中でして、昨日と一昨日は本編終了後に「私の愛したコロンボ」という番組が流れました。そこで「コロンボが受けないであろうと思われた要素」がいくつか挙げられ、そのひとつ「展開が複雑でちゃんと見ていないと分からなくなる」というのがありました。これ、確かにそのとおりで、コロンボ放映中はトイレも行けません。なんせNHKはCMがないので・・・。本作も、やっぱり頭から終わりまでしっかり見ていないと、犯行が入り組んでいて分からなくなりそうでした。なにも、あんなにメンドクサイ手法でなくても良いのに・・・、なんて思っちゃったりして。ま、これもドラマのエンタメ要素のひとつなんでしょうけど。凝れば凝るほどアラが出る確率も上がるってもの。ラストは強引だけれども、教習所の教官の宣誓書はかなり有力な証拠となるので追い詰められての行動だった、という解釈もアリですかね。ピューリッツァー賞を2度も受賞しながら、妻一人あやせないとは、皮肉なもんです。皆さんご指摘のシスターとのやりとり、やっぱり面白かったですね。あと、プジョーのエピソードも一杯出てきて嬉しいです。そしてまた、これは邦題が素晴らしい。妻が射殺される直前に言った「いずれバレるわよ」の予言どおり、まさにこの逆転の構図で暴かれたわけですね。エンディングの警部の後姿が良かったです。
すねこすりさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2010-02-03 11:27:07)(良:1票)
18.《ネタバレ》 …………いやあたしゃ最初からね、あの時計がひっかかってねぇ……。だってそうでしょう? あの農家の雰囲気にあわないもの。チグハグなんだ。第一文字盤がないってのが妙だよねぇ。ウチのカミサン曰く、まるであれじゃぁ、時限爆弾の装置みたいじゃないかってな代物だよね。でも謎解きの場面で、ピーンときたんだよね。なぜって文字盤があったら裏焼きのミスがすぐわかってしまうから、トリックが成立しないものねぇ。それであんな変な時計をわざわざ持ち出す必要があったわけだ。はなっからあの時計が気になって仕方がなかったけど、やっとこれですっきりしたよ。辻褄がちゃんとあった。

……ああそれからもう一つ、浮浪者に間違えられる場面だけど、いろんな作品でいろんな人からいろんなものに間違えられるのが常でね、荷物運びに間違えられたり職探しにきた失業者と間違えられたりとにかくうんざりするほど間違えられるんだけど、シリーズ全体でもピカ一の「間違えられ方」だねこれは。これほど笑えるのは他にはないよ。ほんとドジな話でね。…………

それはさておき、実はこの作品、いまいち動機がはっきりしない。本人は一流のカメラマンなんだからいくらでも稼げるし、若い愛人(らしき女性)もいる。妻がうるさいだけならさっさと離婚すればいいだけじゃないか? 「白鳥の歌」では弱みを握られていて離婚できなかったわけだし、「権力の墓穴」ではそもそも妻の財産なんだから離婚するわけには行かないという事情があるが、この作品ではそれがわからないままになっている。
空耳さん [DVD(吹替)] 6点(2009-05-11 05:39:50)
17.犯行の複雑さにしては捜査や解決は地味であっさりとした内容。
少々尺をとり過ぎて間延びしちゃった感がある。
しかし、コメディ要素が普段より濃く、楽しませてくれる。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 6点(2007-11-23 00:04:33)
16.最後の罠に、かかるもんかなあ?ってのが、一番納得できないところ。
みんな嫌いさん [DVD(吹替)] 5点(2007-09-09 19:18:46)
15.《ネタバレ》 ストーリーに6点、教会でのやりとりの可笑しさにプラス1点。
最後の場面、まだあれは逃げられるような気がします。
別にどれでもよかった。たまたまこれを・・・・と
yoshi1900olololさん [DVD(吹替)] 7点(2007-07-06 08:03:50)
14.警部の勝利の決め手には理詰めの鮮やかなものと、したたかで一か八かの賭けのようなものとがあります。本作は後者の代表作です。深い洞察力に胆の座った意志の強さを持つ警部は、刑務所送りになった犯人達には恐ろしい存在でしょうが、まっとうな人々にかかってはまるでかたなしで、それで良しとする人柄がよく表れています。
The Grey Heronさん [DVD(吹替)] 6点(2005-04-02 12:03:28)
13.バンダイク型おひげでお馴染みのDick Van Dykeが犯人役で登場。それにしても奥さん恐そうです。コロンボシリーズの常連さんVito Scottiの酔っ払い具合も見どころです。
RTNEE USAさん 8点(2005-03-12 00:02:15)
12.「メリー・ポピンズ」から10年しかたってないのにこの作品のディック・バン・ダイクは随分歳をとってしまった感じです。
シスターとのやりとりには本当に笑いました。最後、変装をほめられてしめくくるなんて最高です。最後のコロンボの仕掛けは見事ですが、教習所の先生の証言がかなり強力な証拠なので、あのカメラを手にとらなくてもコロンボの勝利は確定していたような気がします。
JEWELさん 7点(2004-10-30 16:20:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 7.10点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
539.68%
6722.58%
71032.26%
8825.81%
913.23%
1026.45%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS