華麗なる週末のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 華麗なる週末
 > (レビュー・クチコミ)

華麗なる週末

[カレイナルシュウマツ]
The Reivers
1969年【米】 上映時間:108分
平均点:8.38 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(1969-12-20)
ドラマ小説の映画化ロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-15)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・ライデル
キャストミッチ・ボーゲル(男優)ルーシアス
スティーヴ・マックィーン[俳優](男優)ブーン
ルパート・クロス(男優)ネッド
シャロン・ファレル(女優)コリー
ウィル・ギア(男優)ボス(ルーシアスの祖父)
クリフトン・ジェームス(男優)ブッチ・ラブメイデン
ビリー・グリーン・ブッシュ(男優)
マイケル・コンスタンティン(男優)ビンフォード氏
ダイアン・ラッド(女優)
ルース・ホワイト〔女優・1914生〕(女優)ミス・リーバ
バージェス・メレディス(男優)ルーシアス(成人)/ナレーター
城達也ブーン (日本語吹き替え)
藤本譲ボス (日本語吹き替え)
原作ウィリアム・フォークナー「自動車泥棒」
脚本アーヴィング・ラヴェッチ
ハリエット・フランク・Jr
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影リチャード・ムーア〔撮影〕
製作アーヴィング・ラヴェッチ
編集トーマス・スタンフォード
その他リン・スタルマスターキャスティング
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.マックィーンの映画はほとんど見たとおもったのですが、これは初見でした。
これほどオトボケ演技をしたのも珍しいコメディ要素の強い作品でした。
実際の主役は11歳の少年で、マックィーンは少年が憧れる兄貴分ってとこです。
原作は未読ですが、おそらくマックィーンの演じた青年は25,6歳ってとこでしょう。
髪を少し伸ばして若作りしています。
西部の町に現れた新しい文明、それが自動車なんてところは、それを自転車で表現した「明日に向かって撃て」を思い出しますが、本作は最後まで安心して観ることができるのがいいです。
ラストシーン、よくみておかないと笑いを見逃してしまうので注意しましょう。
決してマックィーンの代表作とは呼べませんが、一本の映画として考えると、とても素晴らしい価値があるかと思います。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2013-07-25 21:31:03)
7.派手さがない分、落ち着いていて見ていられる。からっとした空気、マックイーンが見せる笑顔が良い。少年との色々なやりとりも微笑ましくて爽やかな終わり方で心地良い。そうか、この監督「黄昏」の監督さんか、納得です。地味だけど良い映画を撮るなあ。この監督の他の作品ももっと見たいと思った。

青観さん [DVD(字幕)] 8点(2013-05-19 11:30:04)
6.世間の仕組み・不条理・温かみ・恋心・男らしさ。少年がこれ等を感じ取った4日間の濃密さが感慨深い。「コミカル」「純朴」という、らしくない役柄でも光り輝くマックィーンの魅力で全編カラリとした空気が心地良い。その中でのボスの存在感が圧倒的で、「自分の行動に責任を持ち、結果が招いた重荷に耐えろ」と両手を広げる姿が圧巻。草競馬の迫力も特筆もの。深い余韻に浸った作品。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 9点(2012-09-25 01:32:12)
5.《ネタバレ》 一種のロードムービーだけど、それは単なる旅ではなく大人になるための旅、こういう映画ってとても好き。11歳の少年がブーンやネッドら大人の巻き添えに遭って、いろいろな経験を積む。でも一番の見せ場は、大きくて怖い存在だった祖父から諭されるシーンだと思う。嘘をついて叩かれれば、それで許されると思ってまた過ちを犯してしまう、だから・・・という台詞は深く心に残った。
随分昔、スティーヴ・マックィーンの追悼で見た映画だったが、それまで格好良さだけしか知らなかったマックィーンがとても好きになった。
ESPERANZAさん [地上波(吹替)] 8点(2012-03-14 22:50:28)(良:1票)
4.大した話ではないのですが、少年の成長と彼を取り巻く人々をほのぼのと描いたとても楽しく心温まる映画です。マーク・ライデル監督の映画はそんなに数多くは観ていませんが、地味にいい映画を撮ってくれるお気に入りの監督です。地味ながらも、そっと心に残るユーモアやメッセージを挿入するのが実に上手い。今回のマックイーンの役どころはどこにでもいそうな田舎のあんちゃんという役なのですが、何でこの人は何をやってもこうも魅力的なのでしょうか。古き良きアメリカ、まだクルマが珍しい時代で今よりもっと広さを感じさせるアメリカ。そんな風景によく似合うどこかで耳にした事があるような素朴な音楽が耳に心地良く、そんな風景にはマックイーンがよく似合います。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-02 20:18:19)
3.最高!"雨の中の兵隊””ガールハント”に並ぶ、ホントに初期のマックイーンに戻ってしまったような、”昔のマックイーン”に出会えるような作品。すきなところ、メンフィスへの旅の最初の夜、娼婦館で右往左往の男女がそろったディナーでの、ブーンの坊やへの対応。あの突き放し方!そして、面白いのは、黒人とか、身分とか、差別とか、問題とか”マックイーン”を観た瞬間、すべての問題が全部”カラッと”どこかへ吹っ飛んでしまう。マックイーン!!は明るい”アメリカ”の象徴だ!いいなあ!名作!
男ザンパノさん [DVD(字幕)] 10点(2007-02-28 10:47:53)
2.マックィーンの名につられて観ました。地味ながらとてもいい作品でした。不良使用人である彼にあこがれる少年。それを見て見ぬ振りをする大富豪のじいさん。器がでかいからこそ、少年にラストであんなに綺麗な涙を流させることが出来るのでしょうね。いつか原作を読んでみよう。
水の上のハイウェイさん 8点(2003-09-24 04:33:35)
1. ノーベル賞作家ウィリアム・フォークナー先生の短編小説を映画化したマーク・ライデル監督の秀作。20世紀初頭のミシシッピーを舞台に富豪の息子である少年と使用人のマックィーン、ルパート・クロスが当時出現し始めた自動車(1905年型ウィンストン・フライヤー)で週末にメンフィスまでドライブする話。じっくり地方色を描き出してムードを高めるライデル監督の演出がマッチして好感度大。草競馬の場面が出色。特筆すべきはマックィーンの実に味のある演技。アクション以外にも彼の魅力を改めて発見できる数少ない作品でもある。南部を舞台にしているだけあって黒人差別シーンもあるが、ここでもマックィーンがヤな後味悪さから救っている。でも、12歳の少年を売春宿に泊めちゃイカンよなぁ。2点マイナス(^^)。未見の方には是非オススメ!!
へちょちょさん 8点(2003-04-06 08:19:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 8.38点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7112.50%
8450.00%
9225.00%
10112.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1969年 42回
助演男優賞ルパート・クロス候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1969年 27回
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)スティーヴ・マックィーン[俳優]候補(ノミネート) 
助演男優賞ミッチ・ボーゲル候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS