魔界転生(2003)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 魔界転生(2003)
 > (レビュー・クチコミ)

魔界転生(2003)

[マカイテンショウ]
2003年【日】 上映時間:106分
平均点:3.25 / 10(Review 57人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-04-26)
アクションドラマホラーファンタジー時代劇リメイク小説の映画化オカルト映画
新規登録(2003-05-09)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-12-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督平山秀幸
佛田洋(特撮監督)
キャスト窪塚洋介(男優)天草四郎時貞
佐藤浩市(男優)柳生十兵衛
麻生久美子(女優)クララお品
杉本哲太(男優)徳川頼宣
黒谷友香(女優)おひろ
吹石一恵(女優)お雛
高橋和也(男優)伊達小三郎
加藤雅也(男優)荒木又右衛門
古田新太(男優)宝蔵院胤舜
中村嘉葎雄(男優)柳生但馬守
長塚京三(男優)宮本武蔵
麿赤兒(男優)
國村隼(男優)
柄本明(男優)
田中要次(男優)
浜田晃(男優)
宮内敦士(男優)
原作山田風太郎「魔界転生」
脚本奥寺佐渡子
音楽安川午朗
津島玄一(音楽プロデューサー)
撮影柳島克己
製作東映(「魔界転生」製作委員会)
角川書店(「魔界転生」製作委員会)
日本テレビ(「魔界転生」製作委員会)
読売テレビ(「魔界転生」製作委員会)
企画奥田誠治
遠藤茂行
配給東映
特殊メイク原口智生
美術松宮敏之
大澤哲三(特殊美術)
三池敏夫(特殊美術)
編集川島章正
洲崎千恵子
照明杉本崇
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
57.《ネタバレ》 1981年版の偉大さがわかる作品… ▼全ては、窪塚くんが辻村ジュサブローデザインの衣装を着こなせなかったところに敗因がある。ってか、キャラが弱いんだよね、みーんな……
伊達邦彦さん [映画館(邦画)] 2点(2014-05-16 04:39:47)
56.当時映画館で鑑賞。窪塚洋介演じる天草四郎は、あれはあれで窪塚洋介っぽくて許せるのですが、見せ場はほぼなし(最後のバトルシーン?のみ?)、ダラダラつまらない話が展開される非常に退屈な映画でした。
なこちんさん [映画館(邦画)] 3点(2014-02-14 00:16:57)
55.《ネタバレ》  天草四郎はどのような力で蘇ったか?彼の魔力はどのようにして身につけられたものか? 彼が蘇らせる死人たちはどのような力を持っているか?その弱点は?柳生十兵衛が死人たちや天草四郎を倒せたのは、どのような力によるものか?天草四郎の具体的な意図は?紀州公との間にどのような関係が築かれたか?等、等、等
 多分、説明されてないんじゃなくて、最初から考えられてないと思います。つまり、この映画にはきちんとしたプロットとか設定とかは存在せず、単におどろおどろした雰囲気の中で、なにやら怪しげな雰囲気の天草四郎と死人たち、そしてよくわからないけど、とにかく強いw柳生十兵衛が戦う。それ以上でもそれ以下でもないわけで。
 こんなに何にも考えないまま作られちゃった映画も珍しいですね。(w)ただ、随分酷い脚本家だと思ったら、意外や意外、「しゃべれどもしゃべれども」や時をかける少女のアニメ版の脚本家でした。
 人間って随分進歩することもあるんだとわかったことが、この映画の唯一の映画の収穫だと思われ。
 あと、麻生久美子さんはどんな役をやっても素敵なんだけど、やっぱりもう少し仕事を選んで欲しい(笑)
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2011-03-28 11:48:33)
54.《ネタバレ》 窪塚洋介が酷すぎ。
棒演技でオーラも何も感じられない。
宮本武蔵も酷すぎ。
長塚京三がダメなんじゃなくて、なんで彼にやらせたのか。
声も軽いし只のいい人だよ、あれじゃ。
終わり方もなんなんすかね。
誰も続きなんか期待しないっちゅうーの。
この作品でいいところを一つ上げるとするなら
沢田研二版が凄い高評価になった事だな。


ume0214さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2011-03-16 22:50:37)
53.《ネタバレ》 全般的に退屈で酷い映画です。全面的に制作者のセンスを疑う部分ばかりですが、最初にこの映画はダメだと感じた場面がずっと尾を引きます。序盤、荒木又右衛門による柳生の里襲撃について。荒木は単独で乗り込んだにも関わらず、柳生配下の侍たちを超人的な力で翻弄しますが、不死身であるとの慢心から腕を切られ、勝負を預け余裕綽々で撤退します。この時点では魔界衆の力が未知数なこともあり、本気になるとどのような力を発揮するのかと期待を持たせます。ところがアジトに戻ると天草四郎によってあっさり粛正されてしまいました。天草の非情さと圧倒的な強さを示そうとしたのだろうと思いますが、魔界衆の強さがほとんど示されていないので腰砕けです。おまけに魔界衆が致命的な弱点を持つことまでさらけ出してしまうので目も当てられません。序盤の時点で魔界衆の強さに大きな?がついてしまいます。その後、当然盛り返すことなく最後までこの調子で流されていきます。前作と比べるのもおこがましいほどの駄作です。
kirieさん [地上波(邦画)] 3点(2010-10-13 18:35:16)
52.この人、ピンポンとか大麻栽培とかのイメージが強すぎて話に集中できん。大作向きではない。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-10-12 23:37:52)
51.窪塚のために選ばれた作品で、それに窪塚が見事に答えられなかった作品。
リニアさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-07-17 17:31:09)
50.《ネタバレ》 窪塚が役作りに失敗したんじゃないでしょうか・・・
それ以外の役者さんはみんな頑張ってました。
佐藤浩市さんが際立ってましたね。
宮本武蔵は?でした。。。
でも全体的に妖しい雰囲気は好きなんで勿体無いです。。。
mitsuo@さん [地上波(邦画)] 4点(2009-12-23 16:03:16)
49.《ネタバレ》 荒木又右衛門が柳生の庄を襲撃するところは期待させてくれました。
しかしアジトに戻った又右衛門を四郎があっさりと粛清したあたりで、
なにそれ?状態に。
魔界衆勢ぞろいドーン!というところが見たかったのですが、
そのあとは魔界衆は出てきては倒されの連続で残念でした。
魔人になってからの活躍をもう少し見せて欲しかったですね。

決して悪くないのですが深作版に比べると、
迫力や狂気(ついでにエロス)にどうしても物足りなさを感じます。
映かったーさん [DVD(邦画)] 6点(2008-12-14 18:56:54)
48.《ネタバレ》 ・・・もったいない。と、鑑賞中に何度もつぶやきました。せっかくの殺陣をちゃんと見せ場にする気はなかったのでしょうか? どれもこれもあっさりすぎます。武蔵のキャスティングにも無理がある。でも映画の終わり方(エンドロールに入るタイミングと音楽)は好き。 麻生久美子さんの美しさに3点。
いさいささん [DVD(邦画)] 3点(2008-06-02 19:53:46)
47.《ネタバレ》 これはいけません。妖しさなし。重厚感なし。迫力なし。どうせリメイクするならハリウッドでやって欲しかった。映画館で観たのが輪をかけて後悔。
ラスリープさん [映画館(邦画)] 2点(2008-01-28 23:57:20)
46.原作は山田風太郎というより魔界転生1981年版が原作みたいです。山田風太郎の忍法帖小説はもはや「原案」って感じです。内容は1981年版をさらに劣化させたものです。窪塚洋介演じる天草四郎はみているこっちが恥ずかしくなる感じです。作家の死後にこういったものを発表するのは好きではありません。
紫電さん [DVD(邦画)] 1点(2008-01-27 21:47:41)
45.宮本武蔵はひどいですね~。申し訳ありませんが笑ってしまいました。でもそれ以外は特にひどいと思うところはなく面白かったです。原作者山田風太郎氏の描く柳生十兵衛はかっこいいですね。
たけよしさん [DVD(邦画)] 6点(2008-01-06 22:53:47)
44.オリジナル版を劇場で観て関心を持ち原作を読んで(オリジナル版映画より更に感銘を受けた)、今作をDVD(別のレビユーにも書いた通り例外はあるが邦画は基本的に観ない)にて鑑賞。
荒木又右衛門が登場したりと「意外に原作に近い?」部分もあったが・・・窪塚君はある意味「美少年=天草四郎」だったかもしれないが他がいただけない。特に武蔵と十兵衛の闘いは原作ではクライマックスに出てくるほど重要なシーンだが武蔵の配役からして残念。とにかく原作は無論だがオリジナルにも遥かに及ばず。
SITH LORDさん [DVD(邦画)] 3点(2007-08-15 14:45:44)
43.《ネタバレ》 チバシンVS若山富三郎の迫力ある殺陣は見られないと思いつつ、リメイク版が気になっていた今作。流石、CGの演出は秀でているがアクションシーンが非常にモノ足らず、全体的に退屈な流れになってしまった。
湘爆特攻隊長さん [DVD(字幕)] 3点(2007-04-19 09:40:13)
42.なんだか昔のRPGみたいな映画だな。柳生一門の前に敵が現れて、一人倒してちょっと前進。また次を倒してちょっと前進、の繰り返し。メインストーリーになるはずの幕府転覆という大それた陰謀が添え物でしかないから、全体の流れにメリハリや緊迫感が無い。話のこの二つの柱が、もう少し上手く噛み合わないと、どうしても中途半端な印象が否めない。でもまあ、話が弱いながらもテンポはそんなに悪く無いので、期待しないで観ればそれなりに観られるかも。
TERRAさん [地上波(邦画)] 4点(2007-03-27 22:22:08)
41.それにしてもキャスティングが弱すぎです。許せるのは「佐藤”十兵衛”浩市」ぐらいで、あとはまるでインパクトに欠ける気がします。とくに武蔵役の長塚京三はちょっとイメージと異なる感じ。なんかものすごく礼儀正しそうだし、油断してると「恋は遠い日の花火ではないぞよ」とか言い出しそうで困ってしまいます(笑)。
ぶらきさん [DVD(邦画)] 4点(2006-05-28 15:47:05)
40.なーんで同じ2時間なのに、こっちのはこんなに軽いんだろうな・・・。
masonさん [映画館(吹替)] 3点(2005-10-31 19:00:32)
39.窪塚の演技がド下手ですね。全く演技になってません。もうちょっとマシな俳優ならそこそこ楽しめたと思います。麻生と家康の人は良かった。その他は演技が稚拙ですね。武蔵も。。。ですね。まぁそれでも日本映画としては及第点ではないでしょうか。
たかちゃんさん 4点(2005-03-03 12:54:17)
38.冒頭の島原の乱のシーンを見て、期待が高まったのが失敗。窪塚洋介は沢田研二のようなインパクトはなく、一人ずつ現れて十兵衛と戦っては消えていくので魔界衆の強さも感じられない。深作版にあったエネルギッシュな演出もない。駄作時代劇。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 3点(2005-02-27 18:11:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 57人
平均点数 3.25点
011.75%
1712.28%
2915.79%
31831.58%
41221.05%
523.51%
6814.04%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 1.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 1.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS