8mmのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 8mm
 > (レビュー・クチコミ)

8mm

[ハチミリ]
8MM
1999年【米】 上映時間:123分
平均点:4.70 / 10(Review 145人) (点数分布表示)
サスペンスシリーズものミステリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-05-12)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョエル・シューマカー
キャストニコラス・ケイジ(男優)
ホアキン・フェニックス(男優)
ジェームズ・ガンドルフィーニ(男優)
ピーター・ストーメア(男優)
アンソニー・ヒールド(男優)
キャサリン・キーナー(女優)
ノーマン・リーダス(男優)
脚本アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
音楽マイケル・ダナ
編曲ニコラス・ドッド
撮影ロバート・エルスウィット
製作ジョエル・シューマカー
ギャヴィン・ポローン
製作総指揮ジョセフ・M・カラッシオロ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
衣装モナ・メイ
編集マーク・スティーヴンス〔編集〕
録音ゲイリー・A・ヘッカー
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジョセフ・M・カラッシオロ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ニコラス・ドッド(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
145.《ネタバレ》 ド直球なサスペンス映画で、なかなか楽しめました。
最近のサスペンスやホラー映画はいかに観客をだまし、びっくりさせてやろうか
という作品が多いので、逆に王道なストーリーが新鮮です。
見た目はアレだけど本当は純粋で賢い青年なホアキン・フェニックス
変態AVの監督で本当に変態なピーター・ストーメア
一番ヤバそうな見た目で本当に一番ヤバい奴、レザー男の表の顔は母親思いの巨漢
終盤のニコラス・ケイジはまるで狼の死刑宣告のよう。
物語にちりばめられた何気ない言葉や格言が、主人公に重なっていく様も面白い。
スナッフフィルムという題材も、ネットが普及する直前の99年の作品だからこそ描けるテイストだと感じます。
陰鬱で救いのないサスペンスをじっくり見たい人にオススメです。
南雲しのぶさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-09-25 03:05:24)
144.《ネタバレ》 陰鬱とした作品。こんなに誰も救われないもんかね。裏社会怖し。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-03-13 16:13:36)
143.《ネタバレ》  傑作に成り得たのに、傑作になることを自ら放棄したような惜しい作品。含みのあるサスペンスにしている一方で、ストーリーには何のひねりもありません。ミステリーめいたサスペンスには、必ずあるはずの『サプライズ』がこの作品には無いのです。
 悪い人は最後まで悪い人だし、味方は最後まで味方だし、奥さんは最後までただの奥さんだし、依頼者は最後まで依頼者です。
 ホラー的な雰囲気や、何かを予感させるようなドキドキ感は楽しいのですが、結果、そんなたいした事は起こらないっていう感じです。
 ただ私は、あのハゲちゃびんが好きで、彼が出ているだけでたいていの映画は面白く感じてしまうので困ったものです。なんか応援したくなるハゲなんですよね。
 ラストの決着のつけ方は、動機の面で考えれば、ちょっと強引でしたね。
 確かに、もう証拠も残ってないわけだし、暴力をもって悪を成敗するという結論を非難する気はありません。ただそれをニコラス・ケイジがやるってことには違和感を感じます。すでに依頼者からは報酬をもらっているわけですし、愛する家族がいるにも関わらず命の危険を犯してまで復讐を肩代わりすることの説得力が、このストーリーからは感じられないのです。
 これだとまるで、映画のため、お客さんのために無理矢理決着をつけちゃったみたいです。そこはもう少し、ストーリーや脚本に説得力をもたせてほしかったです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2015-07-22 15:06:34)(良:2票)
142.《ネタバレ》 裏社会を描きたかったんだろうけど「オエー」な映像の連続でダメダメ。頑張って最後までみたけど、観たことを消去したいぐらい気持ち悪い。まぁ人の趣味なんてイロイロなんでしょうがね。アー気持ち悪い、とても残念デス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2014-10-23 05:29:25)
141.《ネタバレ》 ○当サイトにて不評の今作だが、その分割と楽しめた。○中盤までの展開はなかなか。あっさりメインボスが死んでしまうのも意外性があってよかったが、その後の展開はいまいち。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-10-10 19:57:28)
140.これはひどい。まったく面白くない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-10-02 00:44:09)
139.《ネタバレ》 スナッフ・フィルムという題材のショッキングなどぎつさで観る者の耳目を惹いてるけれど、意外とグロばかりを執拗に描写するタイプの作品ではなかった。フィルムの凄惨な場面ではカメラをずらして、ニコラスとホアキンの表情を映して間接的に描写したり。ビビるホアキンが可愛げあり。
幼い娘のいるニコラスの、その怒り苦しみは娘を持つ全父親のそれである。ただならぬ形相のN・ケイジの渾身の演技がこの作品の屋台骨。残酷さを好む人間の業を結局どうすべきか処理しきれてない脚本は物足りないし、マシーンの正体の明かされ方はわかりづらいことこの上ないしで、一級品ではないけど前述のN・ケイジのふんばりに免じての点数です。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-23 00:26:22)(良:1票)
138.《ネタバレ》  ヤンキース、という球団がある。他球団のスタープレイヤーを資金力でかき集めて強力な打線を作り出し、あろう事かピッチャーも守護神ばかりでこれはもうなんですか、神様の戦いなんですか?天使が現れて人々が逃げ惑い、審判の炎に焼かれる様を別の神が見つめてどうしようかなこれなんていう状況。
 2013年のヤンキースは神様も力を失って、どうしようか決めかねてた他の神様達に袋だたきに遭っている。いろんな要因がそこにはあるんだろうけど。

 8mmっていう映画も、それはそれは豪華な陣営で作られていてまさに心躍るという感じだったのを思い出す。存在するのかしないのか、今もって都市伝説は崩れないスナッフフィルムが題材と聞いてこれはもう、いったいどこまで面白くなってしまうんだこれは、と冒頭の雰囲気に吞まれていった。

 だけど、チームとしては恐ろしく未発達でだったらしい。段々無数にシーズンが続くテレビドラマの、シーズン5とか6とか位のド安定感と時間が来たら勝手に落ちるんだろなこれという、別に見なくても良いんじゃねな空気が、非常に残念な映画だった。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 4点(2013-08-09 15:24:43)
137.《ネタバレ》 1999年は映画史的に重要な年で、一般の観客には馴染まないとされてきた難解なSF映画『マトリックス』が大ヒットしたり、暴力をテーマにした問題作『ファイト・クラブ』に大スター・ブラッド・ピットが主演したりと、映画界の常識を打ち破る映画が続々と登場した年でした。そんな中でも、本作『8mm』の異色ぶりは際立っていました。『セブン』以降は他人の脚本のリライトばかりを務めてきたアンドリュー・ケビン・ウォーカーの4年ぶりの新作にして、テーマはポルノ。これをメジャースタジオであるソニーピクチャーズが直接製作し、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったニコラス・ケイジを主演させたのですから、どんなものが出来上がるのか誰も想像出来なかったのです。。。
かくして、大きな注目を浴びる中で完成した本作ですが、内容は実に中途半端でした。テーマがテーマだけにスタジオ側も相当な覚悟をもって製作したのかと思いきや、どこまでやるべきかの迷いがはっきりと見て取れるのです。アングラの世界はステレオタイプで面白みに欠けるし、主人公が暴力に飲まれていく様には深みがありません。この企画で観客が期待したものは、我々が住む社会のすぐ隣に存在するであろうユニークでグロテスクな世界だったはずなのに、そういったものを徹底的に見せてやろうという気概がまったく感じられません。事の発端となるスナッフフィルムの内容や、怒り狂ったニコラス・ケイジがジェームズ・ガンドルフィーニを殴り殺す場面など、作品の要とも言える描写を編集で誤魔化している辺りの腰の引け具合には失望してしまいました。極めつけは、取ってつけたようなハッピーエンド。このラストで、重苦しい作品は完全にぶち壊しにされてしまいました。。。
オリジナルの脚本はもっと凄かったようなのですが、内容に恐れをなしたスタジオが勝手に書き換えてしまい、最終的にはアンドリュー・ケビン・ウォーカーが「あれは自分の作品ではない」と言い出すほどに形を歪められてしまったのだとか。前述の成功作が作家性を信じて振り切った結果として歴史に名を刻んだのとは対照的に、本作は商業的打算の末に、興行的にも批評的にも記録を残せなかったようです。唯一の救いは、メジャースタジオがノウハウを投入した作品だけあって、探偵ものとしてはそれなりに面白く出来ていたということです。残酷描写の大半はカットされているので、安心して楽しむことができます。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 4点(2013-04-16 01:50:24)(良:1票)
136.《ネタバレ》 さすがに『セブン』を手掛けた脚本家の作品というだけあって、重たーいおどろおどろしいダークな映画に仕上がっております。晴れ間なんて一切ない世界で、変態たちが実際に少女を殺す映像を収めたというスナッフフィルムを巡って裏社会を奔走する私立探偵の物語。もう見れば見るほど陰鬱になるストーリーに、そしてそんな世界観をさらに濃厚にする、特濃背油を何時間もじっくり煮込んで煮込んで煮込みまくったような濃ゆい俳優陣(ニコラスもホアキンも顔でかすぎ!笑)。良いですね、このうんざりするくらい暗鬱な世界観。僕は好きです。一応、どうにかハッピーエンドで終わるけど、この観終わったあとの後味の悪さはある意味心地良い。『セブン』よりもこっちの方が好きだなー。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-03-29 13:42:22)
135.「セブン」とかの、ちょっと表通りから一歩路地裏に入ったようなクセのある映画を期待していたけど、なんてことはなくクセのあるテーマを扱った普通のハリウッド映画だった。
afoijwさん [DVD(字幕)] 3点(2012-01-06 22:25:40)
134.《ネタバレ》 スナッフ・フィルムを観たがるのは絵に描いたような大富豪、撮るのはコテコテのビザール野郎ども、とまあなんの工夫もない直球勝負で来られても面白くもなんともない。使われる音楽はインド風というかアラブ風のエスニック系で、“スナッフフィルムのジム・ジャームッシュ”と呼ばれる監督はハリウッドの業界人ではなくNYが本拠地であるなど、製作者たちが深く考えずあざとくこの映画を撮っているのが良く判ると言うものでしょう。ラスト、“マシーン”が覆面をとって素顔を見せるところで観客にサプライズをぶつけれるとこの監督は思っていたのでしょうが、冗談じゃない、みーんなこの展開は読んでいましたよ。 思えばニコジーも、この映画あたりから芸歴の大迷走が始まった様な気がしますね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-09-19 22:11:58)
133.《ネタバレ》 ノーマルな人間がアブノーマルな世界に足を踏み入れ、そこにいる人たちはノーマルな人たちで。
でも、最後の決着は自分自身もその世界にどっぷりハマってしまって。
誰にでもある暗い闇とかは何がきっかけで表に出てしまうのかは分からないですね。
ストーリ展開は途中まではよかったのに、内通者が表に出てしまってからはグダグダ感が否めない。
個人的にずっと隠れてみているアングルで攻めて行けばもうちょっと鑑賞者自身の内なる闇を感じることができたんだろうけど。
ぷー太。さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-06-20 15:54:14)
132.《ネタバレ》 正直な話、スナッフビデオなんて反吐が出そうで絶対見たいとは思いません。けど何かの切欠で観ることが出来てしまうのであれば私も… 普通な毎日だと知らず知らずのうちに刺激を求めてるのかもしれませんね。覗いてはいけない裏世界ってのは妙に誘惑的で、案の定、みるみる引き込まれてしまいました。だからこそ後半のストレート展開にはガッカリです。もちっと面白く作れたでしょうに。 そういや、何気にホアキンがいい味出してましたね!
ライトニングボルトさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2010-07-28 22:55:56)
131.ニコラス刑事もといニコラス探偵奮闘する。魅力のある人間が一人も出てこないうえ、何の意外性もないエンディング。全体的にオエーな映画で、自分がいかにノーマル趣味かを思い知ることが出来た。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-06-14 01:48:50)
130.《ネタバレ》 探偵が少しずつ殺人8ミリフィルムの出所をたどるくだりは悪く無かったです。どんな奴が何のために作っているのかには興味があったから。100万ドルには驚いたけど、そのネタが割れた後は何も無かったですね。いや、主人公は必殺仕事人やってたけど、殺して決着はダメでしょう。映画のテーマと言えるようなものが復讐のアクションで飛ばされた印象です。被害者に同情して、殺しに手を染める主人公像は無理があるんじゃないかな。まぁ、悪役がやられるシーンは溜飲が下がる気分ではありましたが…。映画としては、金持ちの道楽なのか、性的倒錯行為なのか、或いはもっと根本的にスナッフフィルムを見たがる人の性なのか、どこかに何らかの主張をぶつけて欲しかったです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-02-18 05:10:27)(良:1票)
129.《ネタバレ》 一人の富豪の遺品から見つかった一本のスナッフフィルム。そこに出てくる少女を追う探偵と徐々に明らかになる真相。
 けっこうサスペンスしてましたね。わりと面白かったです。この映画を観るのは実は二回目で、正直始めて観たときはあんまり印象に残ってなかったんですが、改めて観ると強烈ですね。まあ探偵ってそういう仕事だとは思いながらも、調べていくうちにゆっくりとでも確実に社会の裏の世界に踏み込んでいきながら変化していく探偵ウェルスの姿が印象的でした。最終的にはあまりの嫌悪感故にスナッフフィルムに関わった人間を殺す側になってしまうというどこか救いようのない物語ではあったかも知れませんが、ただひとつ、最後に少女の母親からもらった手紙はウェルスの心をだいぶ救ったのではないでしょうか。”I realize you and I are only people that are really cared about Mary Anne”という一説がとても響きました。
 マスクマンの素顔には驚きましたね、本人が言うようにマジ普通すぎて。でも犯罪者とか凶悪犯とか実際にはいますけど、やっぱ人間には違いないんだもんな。化け物の顔してる訳じゃないし、彼らだって自分たちと同じようにどこかの女性を母親として生まれてきたんだから。途中の裏社会も本当に普通の人には関係ない世界のように描かれてましたが、あれも人間の持つ世界の一つなんだなと感じました。自分に許容できる出来ないは別として。
 重い映画でした、色々と。
TANTOさん [DVD(字幕)] 7点(2009-02-12 00:59:50)
128.《ネタバレ》 暗い、暗すぎる!!予告編で「セブン」の脚本家が書いて「評決のとき」の監督が作ったニコラスケージ主演の映画!!って言ってたけどディープすぎです。昔スナッフ映画が一時期話題になったりやチャーリーシーンがスナッフ映画を本物と勘違いしてFBIに通報したりということがあったらしいが、いまさらな時代になって作るか?という疑問が消えません。やや変態顔のニコラスを使ったのがせめての救いで彼が出てなかったら確実に単館上映かビデオスルーになってたでしょう。見てるだけで気分が悪い。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 3点(2008-07-03 09:58:25)
127.知らなくてよい世界。興味本位で一歩足を踏み入れたら抜け出せなくなってしまう。そんなアングラな世界。そんな世界を描いているので怖い物みたさで引き込まれてしまいます。でも、こんな世界知らない方がいいと思う。
茶畑さん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-30 23:01:10)
126.一つの映画作品としてはよく出来ている方だと思う。でも、だからといって(こういった話だからこそ)観てて楽しいものではないですね。
フィリップ・バルカシジクさん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-23 02:34:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 145人
平均点数 4.70点
042.76%
153.45%
2106.90%
32517.24%
42517.24%
52215.17%
62517.24%
71510.34%
8106.90%
932.07%
1010.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review5人
2 ストーリー評価 5.28点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.42点 Review7人
4 音楽評価 3.66点 Review6人
5 感泣評価 2.00点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS