マン・オン・ザ・ムーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マン・オン・ザ・ムーン
 > (レビュー・クチコミ)

マン・オン・ザ・ムーン

[マンオンザムーン]
Man on the Moon
1999年【米・英・独・日】 上映時間:119分
平均点:6.34 / 10(Review 102人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-06-10)
ドラマ伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-12-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミロス・フォアマン
キャストジム・キャリー(男優)アンディ・カウフマン/トニー・クリフトン
ダニー・デヴィート(男優)ジョージ・シャピロ
コートニー・ラヴ(女優)リン・マーギュリス
ポール・ジアマッティ(男優)ボブ・ザムダ/トニー・クリフトン
ヴィンセント・スキャベリ(男優)メイナード・スミス
ジョージ・シャピロ(男優)ベッサーマン氏
マイケル・ケリー〔男優・1969年生〕(男優)マイケル・カウフマン
ブレント・ブリスコー(男優)ずんぐりした技術者
レイコ・エイルスワース(女優)ミミ
メアリー・リン・ライスカブ(女優)メアリー
トレイシー・ウォルター(男優)「ナショナル・エンクワイアラー」紙の編集者
デヴィッド・コークナー(男優)「ナショナル・エンクワイアラー」紙の記者
ジャド・ハーシュ(男優)(ノンクレジット)
キャロル・ケイン(女優)(ノンクレジット)
クリストファー・ロイド(男優)(ノンクレジット)
西脇美智子(女優)(ノンクレジット)
山寺宏一アンディ・カウフマン/トニー・クリフトン(日本語吹き替え版)
富田耕生ジョージ・シャピロ(日本語吹き替え版)
相沢恵子リン・マーギュリス(日本語吹き替え版)
桐本琢也ボブ・ザムダ/トニー・クリフトン(日本語吹き替え版)
秋元羊介(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
後藤哲夫(日本語吹き替え版)
さとうあい(日本語吹き替え版)
成田剣(日本語吹き替え版)
大黒和広(日本語吹き替え版)
滝沢ロコ(日本語吹き替え版)
脚本スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー
撮影アナスタス・N・ミコス
製作マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
ダニー・デヴィート
マイケル・ハウスマン〔製作〕
ジョージ・シャピロ
ユニバーサル・ピクチャーズ(共同製作)
東宝東和(共同製作)
制作パイオニアLDC
配給東宝東和
特撮ヴァージル・サンチェス
ランドール・バルスマイヤー視覚効果スーパーバイザー
美術パトリツィア・フォン・ブランデンスタイン(プロダクション・デザイン)
衣装ジェフリー・カーランド
編集リンジー・クリングマン
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
フィリップ・ストックトン
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
102.オープニングクレジットから半ばくらいまではなかなか良かったですが、ドッキリがエスカレートしていくにつれて主人公が背伸びを強いられているようで痛々しく感じられてきます。実在の人物は良く知りませんが、この映画の主人公のセンスにはちょっとついていけません。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-01-18 14:41:21)
101.実在した人物の芸風に似てるかどうかは別にどうでもいい。主人公の、観客を巻き込むパワーは凄いが、ジム・キャリーの魅力がイマイチ感じられなかった。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-01-04 23:45:14)
100.まったく好みじゃない映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-23 23:25:20)
99.《ネタバレ》 予備知識は無く実話ものと知ったのは鑑賞後でした、笑いと言うよりはネタ明かししないドッキリに近い感じですね。ヒロインを何処かで見たことあるなと思っていたらコートニーだったんですね。アンディ・カウフマンの「マイティマウス」ネタの実物動画をみてみましたが、ジムキャリーの演技そっくりですね。多少なりとも下調べして観た方が好意的に見れて楽しめるかもしれない。
ないとれいんさん [地上波(字幕)] 7点(2013-12-02 09:24:26)
98.人を楽しませるのみならず人の感情を大きく揺さぶる一人のコメディアンとして、カウフマンは偉大な男なのでしょうね。
なさんなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-12 23:12:17)
97.《ネタバレ》 どこまでが嘘でどこからは本音なのか、どこまでが芸でどこからは本当の自分なのか。そこで決して万人に受け入れられるタイプではないですが実在したアンディ・カウフマンというコメディアンを演じたジム・キャリーの凄さを見せてもらいました。

前半からずっと彼の芸を見せる時間が非常に長い。僕はなかなか受け入れられない芸風でこの間はしんどい時間帯でしたが、これが終盤に効いてくるんですね。一方癌が分かってからラストまでは非常に短かったですが、この間をもう少し見たかったです。しかし自身の癌までもがギャグになってしまうとはなんという皮肉でしょうか。

実は本作で一番嬉しかったのがプロレスのシーン!本作が製作された99年、僕はWWF(現WWE)を夢中になって見ていた頃なのですが、南部の帝王ことジェリー”ザ・キング”ローラーが彼の地元メンフィスのリングのシーンで登場した時はビックリ。で、実況席で実況していたのがJRこと、ジム・ロス。この団体のプロレスを見なくなって随分経ちますが、思わぬ所でのキングとJRの2人との再会が嬉しい作品でもありました。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-07 23:50:11)
96.《ネタバレ》 実話の作品化って、観る方の予備知識の有る無しでかなり左右される訳で難しいですね。知識が無くても素直に「そうだったんだ」ってどれだけ思えるかなんだろうなぁ。病気を周囲に話した後をもっと丁寧に描いたのも観てみたかったです。
ヴァルディアさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-07-23 13:32:48)
95.まず何よりも米国と日本の笑いの質の違いを痛感した。
そのせいか何がしたいのか分からない場面が散見。
しかし、倫理的な側面から見ればなかなかひどいもんだけど、
笑いを何よりも優先し、人生そのもので示した男の生き様は見事。
彼が作り上げた笑いは、のちの歴史に大きな功績を残したんじゃないだろうか。
最近のテレビ番組は規制やら大人の事情やらで、
作中に見られる他の利益を度外視して笑いや視聴者の熱気のみを追求した、
メーターを振り切るような内容のものがほとんどなくなってしまっているのが残念。
ジム・キャリーの演技は素晴らしかった。器用だなぁ。
チートイさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-12-27 00:09:01)
94.《ネタバレ》 定期的にふらっと思い出して観たくなる映画。
今回観て、フィリピンでのイカサマ治療を目撃するシーンから
葬儀へと移るシーンに、センスと作成者の強い意図を感じました。
はんにまるさん [DVD(字幕)] 8点(2009-01-10 02:25:40)
93.ジム・キャリーがまだ好きだった頃にほぼリアルタイムで観ました。アンディ・カウフマンの芸の酷さに衝撃を受けたのを覚えていますね。彼以外の人をあまり変人と思わなくなりました。
色鉛筆さん [ビデオ(字幕)] 4点(2008-11-15 21:01:46)
92.《ネタバレ》 様々なコメディのネタにはひきつけられっぱなしでした。病気になってからの話をもうちょい丁寧に描いてもよかったかと。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-10-07 12:22:53)
91.《ネタバレ》 ジムキャリーは完全にアンディカフマンになりきった。youtubeでアンディカフマンの動画を見たところそっくりだった。沈黙こそ笑いになると教えてもらった後のあのネタは好きです、かなりツボにはまりました。
ネネさん [DVD(字幕)] 7点(2007-07-31 16:31:43)
90.《ネタバレ》 怒らせて笑わせるのは難しい。泣きながら笑わせるのって、もっと難しい。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 7点(2007-02-20 17:56:48)
89.正直カフマン自体のお笑いの姿勢にはあまり感心できない。
ハラハラはしたいがこれは行き過ぎの域である。
ただアイデアはよい。
とまさん [地上波(字幕)] 6点(2006-06-14 14:25:37)
88.ジム・キャリーが相当なりきってやっているらしいが、元のカフマン自体を知らない。やってるネタはやっぱりアメリカ人だねぇというようなもの。日本人の自分が見ていてもピンと来ない。とにかくふざけまくり、仕事と現実の境界線をなくしてしまうことを喜んでいたようだ。ある意味、実録オオカミ少年。嘘ばかり言ってたら誰にも信用してもらえなくなっちゃった感じ。カフマンに魅力を感じないため、彼に興味がない者としては、ただただ退屈な映画だ。
MARK25さん [DVD(字幕)] 1点(2006-05-20 16:04:53)
87.《ネタバレ》 夜やっていたものを録画して、予備知識なしにそれほど期待もせずに観たのですが、考えていた以上に楽しめました。途中飽きそうになる展開はありますが、それでも葬式のシーンでは少しグッとなりました。レンタル店で何を見ようか迷ったときにコレを軽い気持ちで借りてみるといいかもしれません。
doncdonkさん [地上波(字幕)] 6点(2006-04-17 18:54:03)
86.《ネタバレ》 うーん。期待しすぎちゃったかなぁ。脚色シーンは多分にあると思うが、一応実在したコメディアンの話ということで、その悩みというのが勝負したい笑わせる考え方が世間受けせず、本意ではない部分で彼を人気者にしたという皮肉な話だ。…映画としては腹を抱えて笑うという映画ではなかったが、ジム・キャリー自身もカウフマンと重なる姿があったのだろうか。それぐらいの力演ぶりだった。
でも個人的にはあくまでコメディ映画のジム・キャリーが好きなので評価は4。
湘爆特攻隊長さん [DVD(吹替)] 4点(2006-01-29 17:14:56)
85.●最初に思ったのは…長いっ!中盤くらいで、なんだかもう150分くらい見てるような気分になって「長い映画だな〜、何分あるんだ?」って。●内容に関しては、面白いとか面白くないとか、なんとも言えない感じですね〜。最初は、本当に自分のやりたい事ができないアーティストの悩みを共感して見てましたが、途中から、何事に対してもふざけているカフマンの態度にだんだんむかいついてきて…。なんで、あんなに全力でヒールを演じる必要があるのかと。最後の葬式でも、今にも「あれ?やっぱりだまされちゃった?」とお調子者のカフマンが起きてきそうで、その辺は彼の魅せ方にはまったのかもしれません。●しかし、これは個人的にはジムキャリーじゃなくても良かったな〜。彼の出演作を凄く好きなだけにそこまで彼の魅力を引き出してるようには見えなかったですね。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [DVD(字幕)] 6点(2005-12-11 20:01:08)
84.《ネタバレ》 カフマンという人の芸風に振り回されちゃって、本人の姿が見えてこない・・・そこが憎いつくりですね。こういう生き方は相当勇気がいるんじゃないかと・・・彼の場合いっちゃってるけど(笑)。羨ましい。何故そこまで? という彼の髭オヤジに対するこだわりが彼より生き続けている姿に感じるものがありました。
ジマイマさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-11-28 12:58:33)
83.面白かったんですが、途中ダラダラしたり本当にどこが本音なのか、それを見抜くので必死でした(笑)
坊主13さん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-08 04:00:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 102人
平均点数 6.34点
000.00%
121.96%
210.98%
343.92%
498.82%
51312.75%
62726.47%
71615.69%
81918.63%
965.88%
1054.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.60点 Review5人
4 音楽評価 8.00点 Review8人
5 感泣評価 5.80点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS