鬼畜大宴会のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 鬼畜大宴会
 > (レビュー・クチコミ)

鬼畜大宴会

[キチクダイエンカイ]
1997年【日】 上映時間:120分
平均点:5.45 / 10(Review 22人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-09-01)
ドラマホラーバイオレンス
新規登録(2003-10-22)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2010-10-26)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督熊切和嘉
助監督山下敦弘
キャスト澤田俊輔(男優)岡崎
脚本熊切和嘉
音楽赤犬
撮影山下敦弘(撮影助手)
編集熊切和嘉
照明向井康介
熊切和嘉
その他宇治田隆史(特協)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.観るに耐えない演出がチラホラ。
afoijwさん [ビデオ(邦画)] 4点(2012-01-10 01:23:36)
21.これわわわ、すごい。酷すぎる。0点でもいいし、いややっぱ5点かな。妙に昭和な雰囲気がレベルの高さを感じられる。が、内容の狂気っぷりはもはや人の手によるものとは思えない。血師と造型の力でリアルな死を演出。正直本とに殺してるんじゃねーの?と疑うほど。人物描写もいい具合にキモくてホラーより、テラーだ。和製スプラッターの恐ろしさ極まれリ。世界に発信されずに本当に良かった作品だ。ちなみに友達のAVフォルダにこっそり入れといたら、いい反応が返ってきた。
warrabitさん [ビデオ(邦画)] 5点(2010-12-18 04:46:33)
20.《ネタバレ》 徹底的に内容がなく、ブサイク達がセックスしまくって、暴力ふるいまくって、血がダバダバ出るだけの映画。確かにグロ描写はクオリティが高く、日本の自主製作映画とは思えないほど。しかし、思ったほどエグくはなく、目をそむけるほどのものではなかった。異様な演出とマジ●チ女のイカレ具合の方が凄く、程よく不快。
すべからさん [ビデオ(邦画)] 5点(2010-12-12 16:58:38)
19.《ネタバレ》 こういう作品って、ほんと評価しにくい。
見終えた後の気持ちの悪さといったらないし、やっぱり見終えた後に爽快感が残る映画が好きだし、ブサイクよりかわいいコが出ている映画の方が良い。

だけど、最初から最後まで緊張感を持って、時間を忘れて没頭できる映画ってのも、そうはない。

本作は、その両方を満たしている。
だからこそ、評価するのが難しい。

「文化住宅」なる汚らしいアパートで、共同生活を営む左翼運動に傾倒する若者たち。
その汚らしさ、猥雑さ、密閉感などがとてもリアルで、臨場感たっぷり。
ここでの生活が地味に描かれる前半部分が、ある意味、一番面白かったかも。
高度成長期の若者たちが、同じ思想信念を持って共同生活する様。
これは観ているだけで興味をそそられる。
高度成長期だからこそ、こんな生活が成り立つのであって、沈没し始めた現代の日本経済下においては、こういったあらゆる意味で自由な生活を実践するのは、極めて困難である。

後半に怒涛のごとく押し寄せる残虐シーンの数々は、噂どおりの凄惨さだった。
中でも、個人的に一番キタのは、アソコを切られてずっと口から泡ぶく出している男のシーン。
しかもそれだけでは解放されず、廃墟にまで連れていかれ、流し台みたいなところで缶詰をむさぼり食うシーンなんかは、ほんとに気持ちが悪くなった。
しかも、最後もまた泡ぶくを口から出すし(苦笑)。

女が一人出てくるが、これまた生理的嫌悪感を刺激する、きわめて悪質なキャラと外見。
男なら、こんな女を見ているだけでも、ヘドが出るだろう。

卒業制作でここまでリアルに作ったのは見事である。
だけど、大学生活の最後に、こんな気分の悪い映画を作って卒業はしたくないもんだ。

いずれにしても、「日本映画史に残るグロ映画」であろうことだけは間違いない。


(P.S.)
昨日の土曜日に『女優霊』、そして本日、日曜日は『鬼畜大宴会』と、明日からの活力を見事に奪われた。なので、お口直しに、中野裕之監督の『SF Short Films』の中の一編、「Slow is Beautiful」を観てから床に着きました。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 5点(2010-10-18 00:42:22)
18.《ネタバレ》 この作品のウリは中盤以降のリンチシーンの容赦の無い強烈な描写にあると思うのだが、そこにいくまでの展開の見せ方が素晴らしい。思想で繋がったグループというのは建て前で、あくまで一人のカリスマ性に惹かれた者たちが、そのカリスマを失ったときに見せる醜悪な実態が延々と映される。疑心暗鬼を前面に出したサスペンスでも面白いだろうけど、そんなものは無視してひたすら幼稚な人間の本性を見せる。とくに女リーダーは、女というよりメス。ものすごく生々しく、ものすごく激しく、そして端的に最悪の事態に向かって突き進む。訪れる最悪の事態はホントに最悪だ。あそこをちょん切るシーンはこちらがもんどりうってもがいてしまう。これらのスプラッター描写も実に生々しく且つしつこい。もともとスプラッターは苦手なのだが、他のシーンはまだ耐えれる。でもおちん○んだけは~~!かなりもんどりうったのでしょう。翌日は筋肉痛でしたから。評価はしつつもやっぱり私も二度と観たくない映画。
R&Aさん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-09-06 14:02:26)
17.なんてこったい やってくれちゃいましたな 切り裂き、ちょん切り、ぶっ刺し、ぶった斬り。昭和一桁生まれの爺さん婆さんたらがこれ見たならきっと卒倒してしまうに違いない。とにかくブサイクオールスターズのやる事なす事すべてが基地外乱舞だブサイクだ。とにかく凄いと思うが、二度と観たくない 恐ろしいですだ。
3737さん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-09-15 23:57:26)
16.ぐっちょぐちょ。ラスト、日の丸に血しぶき。
こんな映画が日本のしかもレンタル屋に普通に置いてある事が
すごいなと思いました。
アメリカの友人はこれ現地のジャパニーズ系ビデオ屋で借りた
そうですが、確実に日本人はクレイジーだと思われるでしょうね。内容はどうあれ、ここまでの作品を卒業制作で作り上げたという所に5点献上。
akoakoさん [ビデオ(邦画)] 5点(2006-05-05 10:21:19)
15.グロいというよりかは、汚い。登場人物も舞台も、とにかく汚い。70年代の若者の不細工さが妙にリアルで、役者に演技力はないが、とにかく嫌なキャラクターばかりで胸がむかついた。狭い部屋にやり場のないどろどろとした鬱屈が溜まっていく息苦しさはひどく不愉快で、そりゃ学生運動で爆発しなきゃやっていけないだろうなと思わせる。映像にも音楽にも独特のこだわりがあって、なかなかどうして成功しているように思えた。とくに荒んだ空気の表現が非常に上手いのだ。しかし人間が狂気に囚われていく過程としては、さほど真に迫っているとは思えなかった。恐慌へ向かう集団心理のリアルな描写を期待していたのだが、細かな経過はすっ飛ばしていきなり発狂。「へ?」という感じ。これじゃ学生たちにもともと発狂する素質があったとしか説明のしようがない。狂気そのものを描くという意味ではすごいのだが、おかげで少し物足りなかった。もっともこんな題名の映画にドラマを求める方が筋違いなんだろうが……
no oneさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-01-03 05:41:51)(良:1票)
14.先輩の卒業制作ということで観てみましたが…。
メッセージ性が少し欠けていたと思います。でも、その分映像で補ってました。
粗い映像に、不細工な仲間たち。
よく卒業制作であれだけの作品が作れましたね。でも、グロくてエロかったしか頭に残りませんでした。
Takuchiさん [DVD(字幕)] 5点(2005-12-07 22:15:50)
13.《ネタバレ》 冒頭の性交シーンから一貫して、純粋に、反体制に名を借りた若者の暴発ぶりを表現している
映画ととりました。鶏の剥製や血まみれの日本刀、やけた畳や不精髭など、息苦しくなる
アイテムの数々がその場の汗臭さを強調して、ブレアウィッチプロジェクトなんかよりは
ずっと臨場感があった様に思えます。ただ鬼畜と銘うっている事で、終始繰り広げられる
狂態が約束じみてしまい、役者の表情を接写していて嘘寒く感じられる場面もいくつか
あった様に思います。話のネタにはなれど、ほんと人に薦め辛い作品だな~と思いました。
o-zさん [映画館(字幕)] 5点(2005-10-28 00:37:52)
12.この映画を観る前、私は本当にわくわくしていました。連合赤軍を思想的、あるいは時代的な側面から描くのではなく、スプラッターとして描くこと。しちゃいけない何か、みんなそう思ってるけど言わずにすましておいたこと、意識的に誰もが封印していたことを、うへへへへとスプラッター化してしまったことに、本当にわくわくしたのだ。一体何を見せてくれんだ、と。■だから、映画館へ、渋谷のユーロ・スペースへと向かう道のりがこの映画の一番良かったシーンなのかもしれない。だって、見せ物なんだもん、映画は。見せ物としての映画の魅力を満喫すること。■その期待は途中までは満足できた。でも、後半、やはり、というかなんというか、どうも思想的になる。全然、思想でも何でもないんだが、中途半端にゲージツになっちゃうのな。でないとラストが迎えられないのかもしれないが、あの日本刀野郎はどうもいかん。■その中で、あの不細工な女性だけが最後までこの映画を醜悪にしていた。こうでなくては。「あの女、ほんとにファックしてたらしいよ」というホントか嘘か分からない裏話も含め、このテンションが最後まで持続していれば、ほんとに傑作になったのに、と思う。惜しい。
まぶぜたろうさん 9点(2005-01-29 22:55:32)(良:1票)
11.ふ~ん。案外、言われてるほどではないんだなぁ~。ってのが率直な感想。ちゅーか、変態さんに薦められたので、心の準備万端で観たからかな?どこまで魅せてくれるんだろ?途中から興味はそこに集中!なんで、拍子抜けしたってのが正直な感想。ストーリーは、ほぼ無視。だって左翼とかって雰囲気作り以外の何物でもない。その点は成功してるけどね。出演者はみなブサイク。しかも愛嬌の欠片もないときた。終焉の舞が一番強烈でしたわ。
れこばさん 6点(2004-06-23 22:02:32)
10.俺以前に10人もレビューがあることに軽い驚き。やってることは「オールナイトロング」や「ギニーピッグ」と変わらないと思う。「気持ち悪さ」を求める人にお薦め。
マックロウさん 3点(2004-06-09 10:49:47)
9.俺、なんでこれ観てんやろ?多分怖いもの観たさやったと思う。結構グロイとかキモイ映画は観てるから平気かなって思たんやけど、なんてゆーのかな~、エグすぎ!登場人物も雰囲気もストーリーも映像も何もかもエグかったん!特に女リーダー、頭から離れへん、キモすぎ!こんなエグイ映画観たんははじめて!マジで吐きそうになったで!もう二度と観ーひんけど、ここまでエグイ世界観を表現した映画は、あんまし観たことない。ほんまに怖かったんで、嫌ねんけど、ごめん、満点。
なにわ君さん 10点(2004-03-31 14:30:27)
8.圧倒された。自主制作でこんなん出来るのかよ・・・。
好みの問題はともかくとして、こんな作品、並大抵の感性じゃ作れないと思う。熊切監督の才能が羨ましい。
BROS.さん 5点(2004-03-16 15:04:23)
7.これは思い出しただけでむかっ腹が立つ。
(映画館)
zero828さん 0点(2004-02-25 21:09:18)
6.まさにタイトル通りの映画。完璧にいっちゃってます。エログロ映画は結構見てきたけれど、これはその中でも群を抜いてます。
後半はグロイ、痛い、汚い、のオンパレード。演じている人達も素人なので、逆にリアルな感じがして嫌な感じ。しかしよく卒業制作にこんなの
作るよな・・・。


新井さん 9点(2004-01-20 23:56:38)
5.不快、不快、とにかく不快。よくもここまで凄まじいものを作れたものだ、というか作る気になったものだ。内容は言うまでも無いです、だいたい想像つくと思います。さらに、こんなものを大学の卒業作品にしたのだから凄い。これを作った大阪芸術大学映像学科の生徒たちは、これを自分たちの家族に見せただろうか、というか家族が見たらどう思うだろうか。さらにさらに、俳優も地味な人ばかりで妙に生々しい。雰囲気も非常に良くできている。とりあえず狂気というものを描いた傑作だと思います。二度と見ないだろうけど。
腸炎さん 9点(2003-12-19 22:03:57)
4.スプラッターやエグいバイオレンスにはある程度へっちゃらだと自負していたものの、女の股間にライフル突っ込んでブッ放し、グチャグチャに飛び散った臓物を手でこねくり回すシーンは、さすがに胃にきました。ア~、見る前に食事とらないで良かった…。その他、撃たれた頭が半分吹っ飛んだり(それをやはり手でコネコネしたり…)、男のちんぽこ切り取ったりと、阿鼻叫喚の地獄絵図がこれでもかこれでもか状態。ただ、この映画が本当の意味で衝撃的なのは、ここで「何故、彼や彼女たちは殺し殺されねばならなかったか」という”テロルと狂気の連鎖”が、実に簡潔かつ鮮明に描かれていることに対してでしょう。閉じ込められ、追いつめられたネズミたちが”共食い”を始めるように、そこにはどんな「政治的信条」も「大義」もない、ただの生物学的な「本能」なのさと、若干23歳の学生監督がアッケラカンと解きあかしてみせるあたり、「政治の季節」の世代であるオジサンヤオバサンたちには複雑な感慨が残ることでございましょう。ラストの、誰もが死に絶えた森の風景に漂う虚無感をはじめ、ここまでニヒリスティックな作品もそうはない。ハッキリ言って絶対に好きになれない作品なんだけど、この監督の才能だけは「本物だ」と認めざるを得ないと思います。
やましんの巻さん 8点(2003-11-19 15:14:26)
3.これはもう確信犯だね。客を不快にさせるために、知恵と工夫を凝らしたその努力を買おう。おそらく、みんなでゲラゲラ笑いながら撮ったんだろうな。二度と見たくない映画ではあるが0点という点数はこの映画への僕なりの最大の誉め言葉という逆説も含んでる。
よくやる、本当によくやるよ、こいつら。
ひろみつさん 0点(2003-11-04 22:33:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 5.45点
0313.64%
100.00%
200.00%
314.55%
414.55%
5731.82%
6313.64%
714.55%
829.09%
9313.64%
1014.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.75点 Review4人
2 ストーリー評価 3.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review3人
4 音楽評価 3.00点 Review3人
5 感泣評価 1.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS