Menu
 >
 >
 > シービスケット

シービスケット

Seabiscuit
2003年【米】 上映時間:141分
平均点: / 10(Review 196人) (点数分布表示)
ドラマスポーツもの動物もの実話もの
[シービスケット]
新規登録(2003-10-27)【sayzin】さん
タイトル情報更新(2013-11-09)【イニシャルK】さん
公開開始日(2004-01-24
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ゲイリー・ロス
助監督フランク・マーシャル(第二班監督)
ダン・ブラッドリー(第2班監督)
演出ダン・ブラッドリー(スタント・コーディネーター)
キャストトビー・マグワイア(男優)ジョニー・レッド・ポラード
ジェフ・ブリッジス(男優)チャールズ・ハワード
クリス・クーパー(男優)トム・スミス
エリザベス・バンクス(女優)マーセラ・ハワード
ウィリアム・H・メイシー(男優)ティック・トック・マクグローリン
エド・ローター(男優)チャールズ・ストラブ
マイケル・アンガラノ(男優)ジョニー・レッド・ポラード(少年時代)
エディ・ジョーンズ〔男優・1937年生〕(男優)サミュエル・リドル
マイケル・オニール(男優)ポラードの父
アニー・コーレイ(女優)ポラードの母
サム・ボトムズ(男優)ブロジェット氏
シェイ・デュフィン(男優)フィッツシモンズ調教師
マイケル・エンサイン(男優)蒸気自動車の持主
ジョン・ウォルカット(男優)記者ロイ
ゲイリー・ロス(男優)ピムリコ競馬場のアナウンサー
神奈延年ジョニー・レッド・ポラード(日本語吹き替え版)
磯部勉チャールズ・ハワード(日本語吹き替え版)
牛山茂トム・スミス(日本語吹き替え版)
佐々木優子マーセラ・ハワード(日本語吹き替え版)
高木渉ジョージ・"アイスマン"・ウルフ(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしティック・トック・マクグローリン(日本語吹き替え版)
小野賢章(日本語吹き替え版)
脚本ゲイリー・ロス
音楽ランディ・ニューマン
編曲ランディ・ニューマン
コンラッド・ポープ
撮影ジョン・シュワルツマン
ミッチェル・アムンドセン(第二班撮影)
マイケル・ストーン〔撮影〕(第二班カメラ・オペレーター)
製作フランク・マーシャル
ゲイリー・ロス
キャスリーン・ケネディ
ユニバーサル・ピクチャーズ
ドリームワークス
製作総指揮トビー・マグワイア
ゲイリー・バーバー
ゲイリー・ロス
ロジャー・バーンバウム
配給UIP
特撮マイケル・ランティエリ(特殊効果スーパーバイザー)
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
ドナルド・エリオット(特殊効果スーパーバイザー)
美術レスリー・A・ポープ(セット装飾)
ジャニーン・オッペウォール(プロダクション・デザイン)
衣装ジュディアナ・マコフスキー
編集ウィリアム・ゴールデンバーグ
録音アンディ・ネルソン[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
動物シービスケット、ウォーアドミラル他
あらすじ
20世紀初頭のアメリカは、モータライゼーションにより第2次西部開拓とも言える様相だった。続くかに思えた繁栄は「世界恐慌」によって瓦解し、あふれる失業者、荒んだ社会が露呈した。そんな中、一般民衆の心に復活への希望を与える一頭のサラブレッドが現れた。見えない未来に向かって努力する人々に、彼の活躍は大きな支えとなった。これはその馬の不屈の精神と、彼をとりまく男達の人間ドラマである。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
196.《ネタバレ》  序盤の人間関係が結構わかりにくい。
 騎手、オーナー、調教師。それぞれ違う人生を歩んでいた三人の主人公のストーリーが交差する物語だと知っていれば、もっとわかりやすく見れたかもしれません。
 そもそもミステリーではないわけですから、このジャンルは最初からあらすじを知っていても差し支えないですね。すべて観終わった後に、予告を観るのが好きなのですが、予告を見てから本編見ると楽に見れたと思います。
 始めのうちは、シーンや人物がとにかくころころ入れ替わるので、全然物語に入り込めません。
 三人が出会うのが、映画が始まって40分くらいした頃。その辺りから、どういう状況なのかがわかりはじめて、ようやく落ち着いて見ることができます。
 ストーリーの起伏は少ないですね。実話ですから仕方ありません。演出も控えめです。過剰な演出はほとんどありません。その分洗練された映像がカバーしている印象です。よってサクセスストーリーとしては、手堅くまとまっていると思います。
 ジェフ・ブリッジス、クリス・クーパーは抜群の安定感。特にクリス・クーパー演じる調教師はしびれるほどにかっこいい。
 それに対して、トビー・マグワイア演じるレッドは、成功してからも何かやらかすんじゃないかという、変な意味での存在感が常にあります。若者特有の精神的な未熟さというものがうまく出ていたと思います。願わくば、もう少しレッドの精神的な成長が見られるとより良かったかもしれません。レッドよりむしろオーナーのほうが、心の変化がよく描けていたような気がします。特に『車』⇒『馬』はわかりやすかったですね。
 レッドのライバルジョッキー、〝アイスマン・ウルフ〟が、脇役ながら素晴らしい存在感を放っているのも見所かも。
 期待していた程ではありませんでしたが、爽やかな充足感が得られる良作の部類に入ると思います。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2016-10-10 14:49:15)(良:1票)
195.《ネタバレ》 映画としては冗長に過ぎる演出もあるとは思いますが
それを補って余りあるシーンがいっぱいでした

誰にも期待されていないダメジョッキーとダメ馬の二人が
「お前は何ちゅー馬やー!」(字幕とは違いますw)って
嬉しそうに楽しそうに紅葉の下を駆け抜ける
お互いを分かり合う瞬間を
こんなに綺麗に描いた映画は少ないでしょう

レッドとビスケットだけじゃなく、それを取り巻く人々
お互いを認めて、分かり合える存在がどんなに素敵な存在かということを
ゆっくりしっとり教えてくれる物語でした
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 10点(2016-05-06 12:20:57)
194.風景が綺麗だし、競馬のシーンも迫力がある。まさに優等生的な映画。
実話を基にしているが、多少の違いはあるようだ。若干の間延び感もある。それでも、時々はこういった作品が登場して欲しいし、観たいとも思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-10-17 19:28:21)
193.《ネタバレ》 シービスケットを中心に、騎手、馬主、調教師の人生を絡めた好ドラマだ。アドミラルとのマッチレースは最大の見せ場で、誰もが手に汗握って興奮すること間違いなし。この盛り上がりでエンディングにつなげるのかと思ったらどっこい、この後にまだ大きなドラマが待っていようとは!実話とのことだが、競走馬が足のけがからカムバックしてまた活躍するなんて事があり得るのか?現代の競馬の常識ではあり得ないことが起きてしまうこの時代の雰囲気も上手に表現されている。そして、なんと言っても馬を駆る牧場の自然の美しさは特筆に値する。好み45/50、演出13/15、脚本11/15、演技6/10、技術10/10、合計85/100→9/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 9点(2015-07-02 23:04:32)
192.こういうふうに盛り上げておけば満足するだろう、と観客をなめてつくっている。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-26 00:14:58)
191.一頭の馬と三人の男たちと社会の再生。ストーリーも感動的だけれど、俳優が皆好演していて快い。J・ブリッジスがこんなに味わい深く年をとるとはなんだか感激だ。包容力があって、レッドのささくれた心を癒してゆく場面にはこちらの心も温まる。“my son,何を怒っているんだ?”と心の根っこを指摘されたときのT・マグワイアのちょっとうろたえた表情が良かった。C・クーパーの職人気質ほとばしる名演技や、W・H・メイシーの箸休め的な存在も印象的。
演出も巧く、レース序盤はラジオに聞き入る人々の姿を被せる等、時折傷ついた米国の社会情勢をも織り交ぜながらシービスケットの走りと皆の元気をリンクさせてゆく。ビスケットがゴールする際はワタシの右手も高々と突き上がるのだった。
ラストは怪我からの復帰があまりにドラマチックすぎて、ちょっとやり過ぎかなと思ったのだけど実話と聞いてもうびっくり。この世の驚異に思わず1点UP。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-12-20 00:45:07)(良:1票)
190.無難にまとめた感じがあるかな。馬に焦点を当てた映画では一番良かった。走る姿は美しいですね。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-13 17:01:54)
189.良い人が出てくる良い話なのですが、この手の映画の公式に当てはめて作られたかのような個性の薄い内容だったので、正直言って物足りなさを覚えました。ジェリー・ブラッカイマーのアクション映画を見ているかのような印象なんですよね。「主人公には暗い過去があります」「はい、ここで挫折します」「はい、ここで感動します」と、パターン化されたかのような紆余曲折。ゲイリー・ロスは『カラー・オブ・ハート』で注目された監督さんですが、素晴らしいアイデアと語り口を賞賛された『カラー・オブ・ハート』からは一転して、本作では保守的な作りに徹しています。。。
もうひとつ私が気になったのは、大衆とシービスケットとの間の距離感をうまく表現できていなかったという点です。シービスケットが活躍したのは大恐慌の時代。当初は駄馬とみなされていたシービスケットの思いがけない活躍に、多くのアメリカ国民が自分自身の物語を重ね合わせたことが、この馬を歴史に残る名馬にした大きな要因だったわけです。ならば、この馬がどうやって注目を集め、人気を獲得していったのかという経緯を丁寧に追いかけることがこの映画のキモだったと思うのですが、この点についてはかなりぞんざいに扱われています。映画の上では、たったひとつのレースの勝利によって大衆人気を獲得したかのような描写となっており、あまりに唐突な展開に感情が追いつかなくなってしまいました。冒頭、たっぷり30分かけて描かれる人間側のドラマなど切ってしまい、最初からシービスケットの話にした方が、物語としては一本筋が通ったのではないかと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 4点(2013-06-23 01:40:46)
188.《ネタバレ》 色々と惜しい作品という印象。
映像面では、レースのシーンとかアングルといい、スピード感といい、申し分ない。
これくらい撮れるのであれば、シナリオは見直すべきだったと思う。
導入が主要人物を掘り下げるところから始まるのだが、
正直、これが結構時間を割いていてしまって、ストーリー全体のバランスが悪くなっている。必要といえば必要なのかもしれないが、
結構シービスケットが走るシーンが綺麗に撮れていたので、こんなところで時間稼ぎしないで、もっとシービスケットの活躍を単純に描いた方が盛り上がったと、個人的には思う。ヒューマニズムを大目に取り入れたのが、自分にはバランスを悪くしてしまったように思えた。
バニーボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2013-05-07 20:55:07)(良:1票)
187.《ネタバレ》 競馬や馬が好きならば評価も変わるんでしょうね。
それぞれの登場人物の逆境を描き、未来は死んだものに見えましたが、
そこで徐々に未来が明るく見えてくる感じが良いです。
何度も逆境に襲われ、誰もが不可能だと思ったところでまた希望の光を少しずつ見出してゆく。
余談ですが「生きてるものを怪我したってだけで殺すことは無いだろう」そんなこといってますが、
これは映画でも「比較的よく出来た映画を、特定の価値観だけでその価値を殺すことは無いだろう」ってことなんだと思います。
温かみのあるノスタルジーなアメリカの感じがなかなかいいなと思います。
この映画のなんともいえないアメリカンドリームな感じは男心をくすぐります。
しかし追い抜かれても気持ちいという心境に至れるというのはなんか素敵です。
最後のあれは友情ですか。最高ですね。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2012-02-24 01:22:18)(良:1票)
186.《ネタバレ》 アメリカンドリームという言葉をこの映画からも感じることが出来る。けして、恵まれた形で産まれてきたわけではない1頭の馬、小さな馬がその小さな身体を物ともせずに頑張って走る姿に、小さなものでも大きなものに勝てるんだということを教えてくれているような気がする。何度も挫折を味わいながらも復活を成し遂げるというのは正にアメリカンドリーム的な映画であり、それはシービスケット同様に騎手のレッドも同じである。骨折からの見事なまでの復活!馬を管理する者、乗る者、その他馬に関わってる人達の全てのドラマとしての夢と希望に満ち溢れた映画として大いに評価したい。単なる競馬の映画ではない。色んなものがこの映画を通して観る者に訴えている素晴らしい映画です。競馬ファンは勿論、そうでない人にも是非、見て欲しい映画です。
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2011-02-11 17:40:05)(良:2票)
185.「涙の感動実話」と聞いていたけど、不思議と胸にグッとくるものがなかったのですが、なんでだろう? まず自分は競馬に興味がないということなのかな。それでも競馬シーンのカメラワークは迫力満点で素晴らしい。映画全体がきっちりし過ぎているので、もうちょっと遊びや余裕があると良かったと思います。 ウィリアム・H・メイシーの使い方は最高でした。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-09-14 22:18:28)
184.シービスケットの魅力についての描写が決定的に足りていないのではないでしょうか?そのせいで後半の感動的なはず?のシーンに対してどうしても感情移入ができません。最後まで『外国のよく知らない馬』という印象から変化がありませんでした。レースシーン自体は美麗で迫力があってとても良かったです。
もんでんどんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-02-18 12:53:34)
183.まったく引き込まれず退屈だった。
なんだかみづらい。
Yuさん [DVD(字幕)] 2点(2009-09-16 19:13:00)
182.馬と共に成長していく過程が只のアメリカン・ドリーム系の映画とは違うので好感が持てました。でもどうにもスパイダーマンの影響でトビー・マグワイアは、どんなキャラクターを演じても善玉に見えてしまう。
民朗さん [映画館(字幕)] 7点(2009-01-04 22:53:05)
181.ただの勝ち負けだけじゃなく、様々な人間ドラマが織り込まれていて、非常に感動的な作品に仕上がっていると思う。
映像も迫力があり、見応えがあった。
実話ということもあり、結末はわかっているんだけど、なんだかハラハラさせられました。
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2008-03-26 22:26:47)
180.原作もよかったが、映画もすばらしかった。
その昔、ハリウッドパーク競馬場で隣にいたおっちゃんが「カモン、トゥーエイトッ!」と叫び応援したのを思い出した。がんばれっという意味なんですよね。
最後の直線、エリザベスバンクスの「カモンッビスケット!」の声色に感動した。さすがはハリウッド女優。確信犯なのである意味犯罪ですね。いや、競馬好きにはたまらない秀作です(↓下に同じでした^^)。
MARTEL1906さん [DVD(字幕)] 9点(2008-03-25 10:50:32)
179.競馬好きにはたまらん作品ですね。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-16 00:32:59)
178.傷を持ち、完璧ではない馬主、調教師、騎手、そして馬。それが出会い、奇跡が生まれる。だからこそ人の心を打つ。馬でも、例えばスポーツ選手でも、スーパースターには強いだけじゃない何かがあって、そんな実話ならではの迫力に負けました。そして時代背景として興味深かったのは、大恐慌ってバブル崩壊なんてなまやさしいものじゃない状況で、未来が今よりも良くなると少しでも思えなくなったら、人は希望を持って生きてけない・・・そんな中で生まれたスターがシービスケット。「時代」の大きな流れみたいなものを考えさせられました。みなさんおっしゃるように編集はかなり気にはなりましたが、レースシーンの迫力、馬の美しさに時間を忘れてしまいました。ただ、レッドの両親がどうなったのか、あと、あの借りた20ドル?何に使ったのか気になる。原作未読ですので解った方いたら教えてください。
ETNAさん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-23 17:53:23)
177.実話物として考えると凄いドラマともいえるが、映画としてみるとなんとも物足りない。 できすぎた内容には脚本化がもっと色をつけて欲しかった。 「あっそう よかったね。」という感じで終わった。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 5点(2007-10-28 08:09:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 196人
平均点数 6.57点
010.51%
131.53%
221.02%
342.04%
494.59%
52110.71%
64824.49%
74925.00%
83618.37%
92110.71%
1021.02%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.77点 Review9人
2 ストーリー評価 7.20点 Review15人
3 鑑賞後の後味 7.55点 Review18人
4 音楽評価 6.38点 Review13人
5 感泣評価 6.78点 Review14人

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
作品賞 候補(ノミネート) 
撮影賞ジョン・シュワルツマン候補(ノミネート) 
音響賞アンディ・ネルソン[録音]候補(ノミネート) 
美術賞ジャニーン・オッペウォール候補(ノミネート) 
美術賞レスリー・A・ポープ候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞ジュディアナ・マコフスキー候補(ノミネート) 
脚色賞ゲイリー・ロス候補(ノミネート) 
編集賞ウィリアム・ゴールデンバーグ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS