Menu
 >
 >
 > もののけ姫

もののけ姫

Princess Mononoke
1997年【日】 上映時間:133分
平均点: / 10(Review 478人) (点数分布表示)
アクションドラマファンタジー時代劇アニメ
[モノノケヒメ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-10-01)【イニシャルK】さん
公開開始日(1997-07-12
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
ジャック・フレッチャー(英語吹替版監督)
松田洋治アシタカ
石田ゆり子サン/カヤ
田中裕子エボシ御前
小林薫ジコ坊
西村雅彦甲六
上條恒彦ゴンザ
美輪明宏モロの君
森光子ヒイさま
森繁久彌乙事主 / エミシの長老
島本須美トキ
渡辺哲山犬
佐藤允タタリ神(ナゴの守)
名古屋章牛飼いの長
飯沼慧病者の長
近藤芳正牛飼い
坂本あきら牛飼い / 使者
斎藤志郎牛飼い
菅原大吉牛飼い
冷泉公裕牛飼い / ジバシリ
山本道子病者
飯沼希歩エミシの少女
得丸伸二雑兵 / 石火矢衆
中村彰男雑兵 / 牛飼い
香月弥生キヨ
塚本景子タタラ踏み
杉浦一恵タタラ踏み
山本郁子タタラ踏み
藤貴子
松山鷹志
鈴木敏夫
ビリー・クラダップアシタカ(英語吹替版)
クレア・デインズサン(英語吹替版)
ミニー・ドライヴァーエボシ御前(英語吹替版)
ビリー・ボブ・ソーントンジコ坊(英語吹替版)
ジョン・デミータ甲六(英語吹替版)
ジェイダ・ピンケット・スミストキ(英語吹替版)
ジョン・ディマジオゴンザ(英語吹替版)
ジリアン・アンダーソンモロの君(英語吹替版)
キース・デヴィッド乙事主(英語吹替版)
アレックス・フェルナンデス〔男優・1967年生〕補足音声(英語吹替版)
ルイス・アークエット補足音声(英語吹替版)
デビ・デリーベリー補足音声(英語吹替版)
ジャック・フレッチャー補足音声(英語吹替版)
ジュリア・フレッチャー補足音声(英語吹替版)
マット・マッケンジー補足音声(英語吹替版)
原作宮崎駿
脚本宮崎駿
ニール・ゲイマン(英語吹替版脚本)
音楽久石譲
スタジオジブリ(音楽制作)
作詞宮崎駿「もののけ姫」
作曲久石譲「もののけ姫」
編曲久石譲「もののけ姫」
主題歌米良美一「もののけ姫」
撮影奥井敦(撮影監督)
製作スタジオジブリ(「もののけ姫」製作委員会)
武井英彦(「もののけ姫」製作委員会)
徳間書店(「もののけ姫」製作委員会)
奥田誠治(製作担当)
日本テレビ(「もののけ姫」製作委員会)
電通(「もののけ姫」製作委員会)
氏家齊一郎
製作総指揮徳間康快
ボブ・ワインスタイン(英語吹替版)
ハーヴェイ・ワインスタイン(英語吹替版)
プロデューサー鈴木敏夫
制作スタジオジブリ
配給東宝
作画近藤喜文(作画監督)
安藤雅司(作画監督)
百瀬義行(CG制作)
高坂希太郎(作画監督)
金田伊功(原画)
近藤勝也(原画)
米林宏昌(動画)
田中敦子〔作画〕(原画)
小西賢一(原画)
美術山本二三
武重洋二
真野薫(タイトル)
男鹿和雄
保田道世(色彩設計)
編集瀬山武司
録音若林和弘(録音演出)
東京テレビセンター
井上秀司(整音)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
その他森吉治予(海外プロモート担当)
IMAGICA(現像)
糸井重里(キャッチコピー【ノンクレジット】)
久石譲(ピアノ)
あらすじ
室町時代にタタリ神の呪いを断つために旅立った少年「アシタカ」!!その途中、少女「サン」と遭遇します。彼女は人間の子でありながら山犬に育てられた「もののけ姫」だった。 怪我をしている男達を助けたアシタカは、タタラ製鉄の村に招待され森の神々とエボシ御前が戦いを繰り広げているのを知る!!その中、アシタカは森の神々に味方するサンに再び運命的に出会い…。そして、二人が見いだした希望とは何か…!!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
478.映像と音楽が素晴らしい。
ストーリーについては説明不足な感がありますが、言いたいことは伝わってきます。
冒頭の石を転がして占うおばあさんの胡散臭さがいい味出してます。
Donatelloさん [DVD(邦画)] 8点(2017-07-20 17:08:08)
477.自然=神とし、自然との戦い=神との戦いとして描きつつも、神内部・人間内部の抗争も描かれ、恨み・復讐の連鎖まで言及しているので、複雑で少々分かり難い。ジブリは説教クサイので基本的に好きではないのだが、コレはある種の諦めや絶望感があってよかったかな。基本的に皆ものわかりがよくて善人であるというのはマイナスではあるが。クビを狙う爺さんには諦めずに最後まで固執して欲しかったな。必要なのは欲と怒りのコントロール。これが出きれば苦労はしないのだが。ただし、戦いは極力避けるべきだが、納得できない事にはNOと言い、時には戦う事も必要だろうとは思う。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 7点(2016-09-14 12:49:06)
476.評価抜かっていましたが先日TVで見たので投稿します。全体的に何が言いたいのかイマイチよく理解できませんが、早い段階から画面に釘付けになってしまうのは、、やはり凄いとしか言いようがない(宮崎映画の特徴のような気がします)。結局最後まで何を訴えたかったのかよく理解できませんでしたが、なぜだかとても満足感を持って見終えました。(ロードショー当時はもっと熱を持って見た記憶がありますが・・)

話が逸れますが、この映画が公開された当時、見た感じがサンによく似た人とお付き合いしていました。婚約まで至りましたが結局破局(結局今も独身)、はたしてこれがよかったのかどうか今でも判りませんが、サンによく似て可愛かったのは事実です。。(汗) 懐かしい&ほろ苦い記憶も含めて少しオマケの点数です。
アラジン2014さん [地上波(吹替)] 6点(2016-08-14 13:05:49)
475.《ネタバレ》 映像は進化しているが、舞台を日本的にした、ナウシカの二番煎じという感あり。
festivaljapanさん [DVD(邦画)] 5点(2016-08-11 19:49:59)
474.名俳優は必ずしも名声優ではない、ということを世間に対して明確に示しただけでも、この作品は意味があった。
Oliasさん [地上波(邦画)] 3点(2016-08-11 01:25:30)
473.《ネタバレ》 皮肉を言いたいわけではなく、宮崎駿の世界を理解し感動する方々の豊かな感性を尊敬します。自分は良く分からないです。武器を持って戦う意味、紫や赤のナメクジの意味、斬った首を天に掲げると山が豊かによみがえる意味。サンの怒り、アシタカの信念、エボシの悔恨、映画が伝えたいテーマ。
「いや~、参った参った、馬鹿には勝てん」馬鹿には分からないだろ?と締めくくられました。
LOISさん [地上波(邦画)] 3点(2016-08-10 10:34:40)
472.《ネタバレ》    
かつて人にとって自然の全てが神と命の源でした
木にも森にも山にも川にも、すべての場所に神がいました
だが人が文明を進めるためには自然という神をも滅ぼさねばいけなかった
木々を切り裂き、川や海を埋め立て、動物も殺した

少なからず、その文明の恩恵を受けている生きている以上、
それを悪いことだとは言う資格はない
だが、エボシがそうであるように
人間のために自然を殺していることへの自覚を忘れてはいけない

邪な自分の都合で、多くの神を消し去ってなお、
馬鹿には勝てん、と笑って済ませるジコ坊をどうしても許すことができず
その言葉の愚かさが、この作品のひとつのテーマだと思いつつも
悔しく、怒りすら覚えて、洋画、邦画、アニメを問わず、屈指の大嫌いキャラです
こっちゃんさん [映画館(邦画)] 10点(2016-08-05 23:37:18)
471.《ネタバレ》 アシタカの冒険でしたね。意外とみんな聞き分けが良いのでテンポ良く進んでくれます。
なんだかんだこの歳まで見ておらず、だいぶイメージしていたモノよりアッサリしていて驚きました。もののけ姫も意外と話の分かる奴なんですね。
いろんな文明がごちゃまぜになった世界観の作りが素晴らしく、面白くて見入ります。ですが、その世界観の表面を一周なぞっただけで終わってしまった感もちょっとあります。
それにアシタカの超人的性格もあってか、「もう絶対なにがあってもコイツは自分をなんとかする」という安心感が出来てしまい、終盤の盛り上がるべき所が微妙になっちゃったのが残念です。まぁ他のジブリと違って結構ガシガシ首とか腕とか飛ぶのは、残酷さとスラッシャー的悪趣味な所の中間でなんとも言えず。
高クオリティで豊かな世界で魅せる若干説教臭いお話でしたが、他のジブリ作品に比べるとどうもこのくらいの点数になってしまいますね。
キャメロンは絶対にコレ見てアバター作ったんだろうなー。
えすえふさん [DVD(邦画)] 6点(2016-04-06 00:09:45)
470.《ネタバレ》 私は、評判通り、ナウシカの続編だと思った。だが、アシタカは人を殺しすぎる。殺意があるかどうかもわからぬ雑兵を、人の首すらはね飛ばす強弓で射る。ナゴのカミでなくてもたたりたくなるぞ。これほどの強弓の持ち主の存在を、アサノクボウか天朝様が知ったら、ただではすむまい。この点で1点減点。
 テーマや問題を詰め込みすぎていて、ついてこれるものだけついてくればいい、いま君がつかんだように感じているテーマも、きっと的外れだ。と、微苦笑する監督の顔が目に浮かび、もう1点減点。
 
ぐっちーさん [地上波(邦画)] 8点(2015-08-10 18:16:16)
469.評価漏れでした、いまさらすみません。相性よくなかった。
HRM36さん [地上波(邦画)] 4点(2015-06-29 16:39:04)
468.ジブリで一番好きな作品です
Mementoさん [DVD(吹替)] 8点(2014-12-13 02:53:07)
467.個人的に、手に汗握りながらワクワクして観ることのできる宮崎アニメ最後の作品。
ポン酢太郎さん [地上波(邦画)] 7点(2014-12-01 00:24:42)
466.すごく話題になったけど、そこまで面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-13 21:24:41)
465.信じられないクオリティの高さ、超名作です
pillowsさん [DVD(邦画)] 10点(2014-04-08 02:37:26)
464.自然と文明、生と死、貧困と差別、そして、哲学、宗教、オカルト。スクリーンのコチラ側に大量のメッセージが突きつけられる感覚。『ナウシカ』からバージョンアップした“直球のミヤザキ映画”。個人的にはアシタカのピュアな姿勢も羨ましいが、エボシ様の現実を直視するマナザシに惹かれるのです。そして、目を見張るほどの画面の美しさは、ジブリ映画のベストかもしれません。声優陣ではモリシゲの圧倒的な存在感がイイですねぇ~。
幻覚@蛇プニョさん [DVD(邦画)] 9点(2014-03-07 05:18:34)
463.クルマに乗ると「歩行者が邪魔だ」と思い、クルマをおりて3秒後には「クルマが邪魔だ」と思う。
実は、善と悪は「全く同じ」で、立場で印象が変わるだけだと思う。

人は誰もが色んなことを考える。何を考えようが自由だ。
でも、個人が「人類と自然の共生を考える」のは傲慢だと思うし、それを公的に発表するのは「馬鹿のすること」だと思う。

宮崎駿監督は、クルマとタバコの愛好者。趣味は軍用機。仕事でアニメを作り、グッズも売って、長編映画引退後の今も「大量生産」の指導的立場。たとえるなら『もののけ姫』のエボシ御前。大自然(サンと狼たち)の敵だろう。

この映画は、宮崎駿監督の「一番の大作」。
だけど私には0点だ。
パルプンテ未遂さん [レーザーディスク(邦画)] 0点(2014-01-23 01:23:14)
462.《ネタバレ》 アニメ版「ナウシカ」の補完とも言うべき本作。実在したであろう日本古来の世界観の再現、それを取り巻く神々の幻想的な存在・・・。自然の呪いに蝕まれつつも最後まで人間として生きようとしたアシタカ、自然で育ち人間と自然の狭間で苦しむサン。そんな彼女もアシタカに惹かれて少しずつ変わってく。「自然」のサンに惚れてしまったアシタカ、「人間」のアシタカに惚れてしまったサン。どんな映画でも淡い恋心を匂わせる。けれども一線は超えない。それがジブリ映画の良さかも知れません。「共に生きよう」と二人は苦難に立ち向かっていく二人・・・「ナウシカ」のアスベルとナウシカを思い出しますね。
すかあふえいすさん [地上波(邦画)] 9点(2014-01-03 17:16:01)
461.大人も楽しめるアニメだが、あからさまなメッセージ性が少し気になる。
感情移入や感動はしなかったものの、よくできている作品だとは思う。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2013-12-04 23:57:22)
460.《ネタバレ》 テーマは深い。丁寧に作られている。しかし神?の巨大化は興ざめ。詰め込み過ぎ。女性キャラが描き分けられていない。 それにしても声優陣の豪華なこと。プロの声優を使わないというポリシーはわからなくもないが、それにしても無駄に豪華すぎるような気がする。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 6点(2013-09-21 00:03:43)
459.《ネタバレ》 田中裕子は好き。ジブリの中では割と好きな方。雰囲気は重い風だけど何を言いたいのか割と解る分、観てて楽だった。だけ。
Peccoさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-02-01 22:11:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 478人
平均点数 6.44点
061.26%
171.46%
281.67%
3265.44%
44910.25%
56012.55%
67816.32%
76914.44%
88718.20%
9449.21%
10449.21%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.89点 Review19人
2 ストーリー評価 7.50点 Review38人
3 鑑賞後の後味 7.05点 Review34人
4 音楽評価 8.41点 Review39人
5 感泣評価 6.16点 Review25人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS