靴をなくした天使のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 靴をなくした天使
 > (レビュー・クチコミ)

靴をなくした天使

[クツヲナクシタテンシ]
Hero
ビデオタイトル : ヒーロー/靴をなくした天使
1992年【米】 上映時間:118分
平均点:7.09 / 10(Review 85人) (点数分布表示)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-04-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・フリアーズ
キャストダスティン・ホフマン(男優)バーニー
ジーナ・デイビス(女優)ゲイル・ゲイリー
アンディ・ガルシア(男優)ジョン・ババ
ジョーン・キューザック(女優)エヴェリン・ラプラント
ケヴィン・J・オコナー(男優)チャッキー
スティーヴン・トボロウスキー(男優)ジェームズ・ウォレス
スージー・キューザック(女優)ドナ・オディ
トム・アーノルド〔男優・1959年生〕(男優)チック
チェヴィー・チェイス(男優)
ドン・S・デイヴィス(男優)
ダニエル・ボールドウィン(男優)
佐古正人バーニー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
土井美加ゲイル・ゲイリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ジョン・ババ(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ】)
さとうあいエヴェリン・ラプラント(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
鈴置洋孝チャッキー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
嶋俊介ジェームズ・ウォレス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
千田光男コンクリン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
緒方賢一ゴーインズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
日野由利加ドナ・オディ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山野史人(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ジェームズ・ウォレス(日本語吹き替え版【テレビ】)
中村秀利(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中庸助(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲木隆司(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
亀井芳子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野沢那智バーニー(日本語吹き替え版【テレビ】)
塩田朋子ゲイル・ゲイリー(日本語吹き替え版【テレビ】)
小宮和枝エヴェリン・ラプラント(日本語吹き替え版【テレビ】)
島田敏チャッキー(日本語吹き替え版【テレビ】)
大谷育江ジョーイ(日本語吹き替え版【テレビ】)
富田耕生ゴーインズ(日本語吹き替え版【テレビ】)
中田和宏コンクリン(日本語吹き替え版【テレビ】)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版【テレビ】)
原作ローラ・ジスキン(原案)
デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ(原案)
アルヴィン・サージェント(原案)
脚本デヴィッド・ウェッブ・ピープルズ
音楽ジョージ・フェントン
撮影オリヴァー・ステイプルトン
製作ローラ・ジスキン
製作総指揮ジョセフ・M・カラッシオロ
配給コロムビア・ピクチャーズ
美術デニス・ガスナー(プロダクション・デザイン)
衣装リチャード・ホーナング
マーク・ブリッジス[衣装](アシスタント・デザイナー)
編集ミック・オーズリー
字幕翻訳岡田壮平
スタントダグ・コールマン
ケニー・ベイツ
その他ジョセフ・M・カラッシオロ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
こそ泥のバーニー・ラプラント(ダスティー・ホフマン)は裁判で執行猶予を受ける。刑を免れるためには、裁判官の心証を良くしなければいけない。そこで、社会に貢献していることを印象付けるために、バーニーは仕事を真面目にし、離婚して別れた妻(ジョーン・キューザック)の子供の前でいい父親を演じようとする。ところが、子供迎えに行く途中に・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
85.バーニーとババがようやく顔を合わせるシーンまで焦れったい感じですが、そこからエンディングまでは素敵な流れでした。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-11-23 16:26:23)
84.2015.10/19 鑑賞。まず邦題と原題のかけ離れた違いにも納得??。かなりいい加減な出足と飛行機事故に少し興醒めも徐々にコメディタッチの風刺が効き始める。最後のビルからのシーンはテーマの集約もありグッドでハッピーエンドを予感も好き。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-10-23 18:20:19)
83.《ネタバレ》 ちょいと序盤が退屈気味だけどとーっても面白い本作、ケチなコソ泥演じるダスティ・ホフマンの演技力が炸裂してますね。強気なTVキャスター役のジーナ・ディビス、心優しいホームレス役のアンディ・ガルシアとキャスティングもうまくバランスがとれていてナイス。なかなか皮肉さが効いたストーリーは、ドタバタコメディの体をしていながらも独特の人の温かみをうま~く表わしていますよね。これはこの監督さんの持ち味なのかな。しかしババーの祭られ方がすごいよね、ババー人形まで出来てたし(笑)。いまこの日本でも「嘘」がいろいろと取りざたされてますが、どの「嘘」を信じていくのか…ムズカシイところでありますなぁ。あまり知名度が高くないと思われる本作、カッコ悪い邦題wのおかげで見損なってる人多そうだなぁ~ぜひ一度ご覧になって下さい。
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-03-21 09:41:26)
82.テンポよく話が進むけど、ちょっと脚本の強引さが気になった、ダスティン・ホフマンの性格にも統一性に欠ける。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-08-07 23:30:24)
81.《ネタバレ》 墜落した飛行機から乗客を「魔がさして」助けてしまった盗人の話。多くの乗客の命を救いながらもセコい小悪党であり続ける主人公をダスティン・ホフマンが、ヒーローを偽って名乗り出るも良心の呵責に苛まれるホームレスをアンディ・ガルシアがそれぞれ好演。2人を対比させながら物事の多面性を理解し得ないメディアや世論への皮肉と諦観が描かれていく。『靴をなくした天使』という恥ずかしい邦題を除けば、ここでの高評価に違わず非常に良い映画だと思う。最後まで真実が公にならない部分をあげつらって低評価を付けている人達がおられるが、実社会でも評価されるべき事象が時流の趨勢やメディアの黙殺によって埋もれてしまう事は多々あるはず。ラストシーンで鼓笛隊の演奏に掻き消される主人公の胡散臭い自慢話の様に、真実は時として嘘なんかよりもずっとか弱いものであったりするのだろう。コミュ能力やらプレゼン能力やらといった皮相的な処世術が持て囃される昨今、無口で不器用な真実はどんどん見過ごされて虚栄の中に埋没していってしまうに違いない。「世の中はウソだらけなんだ。だからお前は好きなウソを選んでそれを信じればいい。」息子にそう語りかける主人公のニヒルな台詞がやけに悲しかった。
オルタナ野郎さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-03-20 20:38:47)(良:1票)
80.《ネタバレ》 本当の英雄、ダスティン・ホフマン演じるバーニーも、偽の英雄、アンディ・ガルシア演じるババも、それぞれにダメな部分がありながらもそれぞれに人間味を感じさせる良さがありますが、ずっとバーニーが不憫で、ババ、調子に乗りすぎるんじゃねえ!と途中までは結構イライラさせられた作品。

でも、バーニーの息子への教え「世の中は嘘だらけなんだ。だからお前は好きな嘘を選んで信じればいいんだ」。テレビ局側の描写も含め、結構強烈なマスコミ批判とも受け取れますが、偽の英雄ババを信じることで励まされ救われる人もいる。味わいがあるいい台詞でした。

本作のように、実は思いがけない人物が英雄だった、というのは映画ではよくある話。でも最後にバーニーが真の英雄だと分かって世間から祭り上げられることになったら?きっと偽の英雄ババは逆に世間から血祭りに上げられてしまうでしょう。しかし本作は2人の人間性と利害関係を巧く絡めながら最後には2人とも本当に英雄にした。(最後のババー演説はちょっとクドかったけど・・・)いい脚本だったと思います。

正体を明かされることを好まないバーニーが、ごく一部の人にだけ”オフレコ“で正体を明かす。そのシーンがいずれも素敵でした。セコい犯罪を繰り返していたダメ親父バーニーが100万ドルの中からちゃっかり息子の学費を「交渉」の末キープするあたりもバーニーのキャラを最後まで崩さず良かったと思います。そんな男を演じたダスティン・ホフマンの味わいがある演技もまたいい作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-03-16 00:12:00)
79.いつも嘘ばかりついているコソ泥のバーニー(ダスティン・ホフマン)の奮戦ぶりが面白い。
エリートでも努力家でもスーパーマンでもなく、情けなくて人間臭い主人公。
理屈抜きに楽しめるストーリーだ。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 8点(2012-12-06 19:04:15)
78.《ネタバレ》  これはダメだぁ~!これはダメです!
 「良い映画」ほど映画の世界に入り込んでしまうものですが、今回ほど映画の世界に入り込んでしまったことを悔やんだ映画はないです。
 そこは普通のサクセスストーリーにしときましょうよ!
 「普通じゃん。」「駄作じゃん。」って言われたっていいじゃない!
 奥さんも、雇い主も、誰もバーニーが遅れた話を聞こうともしない!
 バーニーはこそ泥だし、100%善人ではないですが、優しい人ですよ!
 その彼がせっかく人命を救ったのに、その行為を話す機会さえ与えられない・・・
 逆にその行為のせいで皆から非難される始末。
 ですが、ようやく命を救われたゲイル率いるマスコミ陣が救世主捜索に動き出す。
 そりゃ期待しますよ!
 ところが!ところが!
 「バ~バ~!お、おまえってヤツは~!」
 ってな感じでしょう?そしてバーニーは投獄ですか?
 いいんですか?それで?
 投獄中のバーニーの食事と、ババのレストランでの食事をわざわざ交互に映して比較する必要あります?いじめですか!
 本当に気分の悪い映画です。
 何回途中で見るのをやめようと思ったかわからないです。
 これはもう好みの問題ですね。
 映画の良し悪しの問題ではありません。
 僕はこのストーリーは嫌いです。
 最後プチハッピーにされても嫌いです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 1点(2012-07-06 15:25:24)
77.《ネタバレ》 人間ってのはいいもんだ、と人は思いたがっているのだけど、シラけずにそう思わせるにはある種の技術がいる。その技術を洗練させるのに最も成功したのは、実はアメリカ映画なのではないか。チャップリンやキャプラや、面白いことに外国から渡ってきた作家によって生まれた作品群に洗練の極みが見られるが、本作もイギリス生まれの監督によってその伝統が受け継がれている。まずどうしようもなく卑小な人間が造形される。バーニーというコソ泥。自分の裁判の最中でもつい手が動いてしまう男。別に世間に反抗してやろうなんて積極的な意志を持ってるわけではなく、食えりゃいい、というところ。息子には「目立たないように生きるんだ」と教訓を垂れている。次に出てくるのがゲイルというテレビの女性レポーター。彼女はニュースなんて自由に演出できると思っているやり手で、世間を自分の手のなかで動かせるのが楽しくてたまらない。この正反対の二人が、飛行機事故で一瞬の接触を得てドラマが動き出す。バーニーがついゲイルの救出者になってしまうのだ(ちゃんと財布を抜き取っていくところが頼もしい)。ここからマスコミの狂騒ぶりがイキイキと描かれていく。消えたなぞの救出者の捜索を一大イベントに仕立て上げていく。ここに三番目の登場人物ジョンが関わる。タイプとしてはバーニー側の人間だが、彼ほど枯れていない。チャンスがあるなら、世間の中でほどほどの成功はしたいと思っている男。そこで救出者としてマスコミに名乗り出る。そのあと彼が祭り上げられ、理想化・聖化されていく過程がコメディとして見応え十分のところで、とうとう本人たちによる再現ドラマまで企画される。ジャーナリズムが今ではイベント屋になってしまったとこへの徹底した笑い。しかしこう人間の集団に対する幻滅や不信をたっぷり描きながら、映画は個人の中に存在しているであろう人間性に対する期待を静かに引き出してくる。つまりここがアメリカなのだ。他人たちがぎっしり詰まった社会の中で、最後は個人を信頼していくしかない、という健全な個人主義がここにある。ヒーローになってしまったジョンの感じる疚しさ、つい善行をしてしまった自分に戸惑うバーニー、百パーセントの善人も百パーセントの悪人もいない、そういう個人たちで出来ている社会だと認識すること、これらのアメリカ映画に感じる気持ちのよさは、そういった認識の潔さなのだと思う。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 8点(2011-08-28 09:39:23)
76.目のつけ所が良くて、設定も悪くはないのだが、ストーリー展開は至って普通。
後半からラストにかけては、当たり前過ぎて肩すかしを喰らってしまった。
少なくても劇中の主人公は天使ではなく、現代人における真のヒーローとは?
というもう一つのテーマも表現できていたとは思えない。
一番最後のシーンももっと洒落た観せ方があったはず。
ダスティン・ホフマンは相変わらず安定感のある役者さんだなと思った記憶があるが、
映画作品としては少々物足りなかった。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 4点(2011-08-10 00:41:38)
75.人の良心を垣間見せるような映画は結構好きなんですが、ババがちやほやされるところはちょっと退屈でした。それでもバーニーがどうやって報われるのかとワクワク感を持って見られたし、最後の息子にだけ伝えるというのも良く伝え方も洒落てると思いました。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-02-05 15:17:44)
74.ダスティンホフマンの演技が逸品でした。どういうエンディングになるのかなって思っていたのですが、最後はみんながハッピーな形でホッとしました。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-04 10:11:08)
73.《ネタバレ》 なるほどね。ヒーローは誰でもなれるか!なかなか夢のある良いことを言うなあ!本当は人の命を助けて大金を獲得できたのに、それを別の男がヒーローであると世間に言われるどうしようもない惨めなというより哀れな男の哀しさを身体全体に染み込ませるダスティン・ホフマンの人間臭さ、人前に出て大雑把に取り上げられるなんて嫌だと思っているのに、大金が貰えると知った途端に自分がヒーローであると名乗り出ようという姿に人間のエゴ、金がかかれば人は変わる。それはもう一人の偽のヒーローに名乗りを上げるアンディ・ガルシアにしても金はいらないけど、ヒーローとして世間に認めて欲しいというこれも人間的欲求、本心である姿、ところが、次第に自分のしていることがマスコミ、メディアに大きく取り上げられていくうちに違う。大勢の人間を騙し続けることの辛さから自殺しようとする。それを助けるダスティン・ホフマンとのビルの上での会話、やりとり、二人して仲良く飲むコーヒー、コーヒーは眼を覚ますから(頭も冴えて良い)なるほどね。ビールだったらまずいよね。そして、ここでアンディ・ガルシアに対するダスティン・ホフマンの言う台詞「最後までヒーローでいろ」がこの映画で一番、言いたかったことではないだろうか?ところで最後まで気になって仕方ないのだが、結局は息子を映画に連れて行けなかった父親、一体、何の映画を観に連れて行くつもりでいたのかなあ?それが解らないのが負に落ちずてことで8点以上に出来ない。それでもなかなか面白く観ることが出来た。
青観さん [DVD(字幕)] 7点(2010-11-14 21:36:05)
72.結構おもしろくてひきこまれた。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 7点(2010-11-11 21:18:35)
71.《ネタバレ》 全く期待せずに観たのに、いやー、面白かった。人間、イザと言うときは日頃の行いで判断されてしまうわけね。でも、真実を明かすことが最善とは限らないというひねりの効いた展開が面白かった。バーニーはかなり行動に矛盾があるキャラクターだけどやっぱり憎めなくて、それをダスティン・ホフマンが実に「らしく」演じてます。同じ父親役でも、一見模範的な改心を見せつつチラホラ偽善的なクレイマー・クレイマーのパパより、魔が差して人を救ってしまうこっちのダメ親父の方が私はだんぜん好き!!超ダメ親父でも、息子に対してだけは真のヒーローになれて良かったねぇとしみじみ思う。出来心の罪悪感に耐えられず自殺まで考えるやたら瞳の綺麗なホームレス、ってのをA.ガルシアが好演。おいしいよな~。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2009-08-12 01:25:41)(良:1票)
70.《ネタバレ》 嘘つきでコソ泥の主人公の身になって、胸を痛めている自分に驚きました。現実に彼と出会っていたら、たぶん軽蔑しているでしょう。でも感情移入してしまうのは、少なからず自身の中にもバーニーが居る証拠。言い訳ばかりで自分勝手。そんなダメ男が数多くの人命を救います。もっとも今までの悪行を考えたなら、これでチャラにしようなんて虫がいい話。彼が順当に富と名声を手にしていたらいい気はしません。しかし貧乏くじを引くのも可哀相に思える。結局はバランスの問題です。良くも悪くも報われたい。平等に。それがこの世の仕組みに対するささやかな願い。男の子の父親を助けようとしたバーニーの気持ちは純粋だった。この1点において、彼は報われて欲しい。一方、偽者ババーはどうか。後ろめたさ故の善行とはいえ、病床の少年を救ったのは事実。彼が責めを負うべきは、ヒーローに成りすました1点のみです。バーニーの命を救ったことで嘘を真に変えたババー。彼の心もまた救われました。皮肉たっぷりのひねた御伽噺。でも根っ子に在るのは、人間に対する信頼と優しさ。そして見事に調整された「因果応報」の原則でした。印象的なバーニーの台詞について。「この世はウソばかりだ。だから自分の好きなウソを信じればいい」。例えば三角錐を考えてみます。上から見たら円。横から見たら三角。どちらもウソではありません。それにもし(運よく)三角錐を認識できたとしても、それがどれほど価値を持つのか。色は?匂いは?味は?質感は?「真実」は限りなく多面的です。マスコミに至っては、意図的に情報を歪めることさえある。バーニーが息子に語る真実も、鼓笛隊に掻き消されます。手にした真実は何と危ういのか。ならば目の前にある都合の良いウソを信じておく方が幸せだろう。言いたい事は分ります。ただし、それが彼の本心とは思えません。じゃなきゃ、オフレコでも女性キャスターに真実を明かしたりしない。それに彼は言ってる事とやっている事がいつも違う皮肉屋ですし。幸か不幸か、バーニーにも嘘を真に変えるチャンスが与えられました。彼は本物のジャングルの王者から子供を救い出せるでしょうか。自分は、本作の神様なら「納得の結末」を用意してくれると信じています。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2009-06-26 18:42:19)
69.いいことをしてるはずなのに全く報われないというと「素晴らしき哉、人生」みたいなフランク・キャプラらしい現代のおとぎ話みたいな感じで面白かったです。汚い格好をすりゃあ普通のおっさんにしか見えないダスティン・ホフマンと今でいうイケメン顔のアンディ・ガルシアをキャスティングしたのはいいですがジーナ・デイヴィスの野獣的な顔とガルシアの妙なロマンスは・・・ちときつかったです(笑)でも「ヒーローとはいったい誰か?」が全編にスタローンが「ロッキー・ザ・ファイナル」で書いた「何のために戦うのか?」張りに上手くちりばめられて楽に見れる面白い映画でした。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 7点(2009-06-04 02:25:54)(良:1票)
68.全く期待せずに観たら予想外に面白かった。基本的にコメディなので、大感動というほどではないけれど、笑いありイイ話ありで上手くまとまった王道を行く作品。途中で何度も真実が明らかになりそうなのに、ワザとらしくはぐらかされてしまうのだが、それもこの手の映画のお約束と言えばお約束。ダメ親父バーニーは、社会には適合しないけれど人としては立派なんだなぁ。息子にとって、バーニーはずっとヒーローであり続けるんだろう。そしてバーニーもババーも、ある意味魔が刺したということで、共犯者(?)となったこれから先も、周囲に「なんであの2人が?」と思われながら長く友人であり続けるんだろうな。
また、どなたかも書いてらっしゃるが、バーニーが息子に語る「世の中に真実なんて無い。ウソがあるだけだ。その中で好きなウソを信じて行けばいい」というのは名言かも。私も実はそれに近い考えを持っているもので……。“真実”なんて、その事に関わった人の数だけあるんです。見る角度によって、真実なんて様々に変わるもの。あるのは“事実”だけなんじゃないでしょうか。
ところで、この事件はともかく、ライオンの檻に少女を助けに入るバーニーも見てみたかった。w ってか、何でいちいち靴脱ぐんだよ?!www
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-09-28 13:46:13)
67.私もマスコミが好きではないので甘めの点数になってしまいますね。まあステレオタイプ過ぎるという嫌いはありますが。。。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-05-05 15:45:20)
66.《ネタバレ》 ここでの評価が良かったので鑑賞しましたが、退屈してしまいました。ラプラントが本当のヒーローだということがなかなか明らかにされなかったので、どんなラストになるんだろう?と期待していたのですが最終的に真実を話さないという終わり方で残念でした。ダスティン・ホフマンの演技は良かったと思います。
エムシューさん [DVD(字幕)] 4点(2008-02-19 11:42:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 85人
平均点数 7.09点
000.00%
111.18%
222.35%
311.18%
455.88%
544.71%
6910.59%
72630.59%
82023.53%
91112.94%
1067.06%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.28点 Review7人
2 ストーリー評価 6.25点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.62点 Review8人
4 音楽評価 2.00点 Review2人
5 感泣評価 5.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS