誘導尋問<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 誘導尋問<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

誘導尋問<TVM>

[ユウドウジンモン]
(歪んだ法廷/マクマーティン事件の真実)
Indictment: The McMartin Trial
1995年【米】 上映時間:132分
平均点:8.50 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷ものTV映画実話もの
新規登録(2003-12-26)【brass ring】さん
タイトル情報更新(2010-11-04)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミック・ジャクソン
キャストジェームズ・ウッズ(男優)
マーセデス・ルール(女優)
ロリータ・ダヴィドヴィッチ(女優)
アリソン・エリオット〔1970年生〕(女優)
チェルシー・フィールド(女優)
シャーリー・ナイト(女優)
ヘンリー・トーマス(男優)
ジェームズ・クロムウェル(男優)
デニス・バークレイ(男優)
リチャード・ブラッドフォード(男優)
脚本アビー・マン
音楽ピーター・ロジャース・メルニック
編曲ピーター・ロジャース・メルニック
撮影ロドリゴ・ガルシア〔監督〕
製作オリヴァー・ストーン
製作総指揮アビー・マン
美術デヴィッド・レイザン(美術監督)
衣装シェイ・カンリフ
編集リチャード・A・ハリス
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 アメリカで実際にあった冤罪事件を扱った社会派作品。まったくもってやりきれない話ではあるが、非常に重く見応えは十分ある。

■保育園を経営する一家が、児童の性的虐待で訴えられるという話。メディアは保育園を悪魔のように報じたてる。児童も次々と性的虐待を証言していく。しかし、最初は軽い気持ちで引き受けていた弁護士は、調べていくうちにこれらの証言の怪しさが明らかになってくる。。。

■検察がメディアに振り回され、また最初踏み込んだ判断の誤りを認めたくないがためにずるずると問題を引きずってしまうというのは、日本でもどこぞの裁判で起きていることのようであり、全く他人事とは思えない。裁判が終わるまでは推定無罪とする原則も、メディアでは全く守られている様子はない。

■ちなみに、偽の記憶を作り出すカウンセリングは、この映画だけ見るといかにも強引でありえなく見えるかもしれないが、こういったことはアメリカでは結構起きていて実際に問題になっている。この辺はロフタス&ケッチャム『抑圧された記憶の神話――偽りの性的虐待の記憶をめぐって』に出ている。カウンセラーに偽の記憶を植え付けられ、親を訴えるという事件も多数起きている。偽の記憶を植え付けられた子供たちも被害者と言えよう。痛ましい話である。
θさん [DVD(字幕)] 9点(2014-02-26 00:30:31)(良:1票)
3.《ネタバレ》 この作品のレビューを読み、自分は中古DVDを購入して鑑賞しました。日本でも数々の冤罪事件が問題になっていますし、取り調べ可視化や証拠の扱いなど、現代日本に通じるテーマです。素晴らしい作品なのに、DVDが絶版になっているのが残念です。  これが実際の事件を元にしているなんて、とても恐ろしいことです。人の記憶の曖昧さや、メディアによる世論誘導の恐ろしさなど、色々と考えさせられます。米国の司法制度における、検察側が持つ証拠を被告側(弁護士)に開示する仕組みがキモになってきます。日本ではこの制度が無いために非民主的な裁判が行われることも…。  日本の地上波での放映は難しいかもしれませんが、多くの人に見てもらいたい作品。良作です。
まめさん [DVD(吹替)] 9点(2013-12-29 17:22:04)
2.《ネタバレ》 信頼して預けた保育園での集団幼児虐待疑惑、疑心暗鬼な親たちと圧倒的な非難にさらされる経営者一家、名乗りを上げる弁護士、子供を守るために惜しみない専門家、その助けを得て「事実」を証言するこどもたち。傍観者も含めて、自分自身がどの立場にもなりうると感じた本当に怖い話。もっとも強烈に感じたのは、プロはプロとしての情熱や自意識だけでは不十分で、裏打ちされた本物の技量がなくてはならない、ということ。
失われた時間の長さとともに、これが「実話」をベースにしているというのがやりきれない。そしてもしかしたら、今も自分自身が進行形でTVなど「ワイドショー」的に参加してしまっているかもしれないことが恐ろしい。
エメラルドさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-12-01 05:55:33)
1.一体、誰が本当のことを言っているのか。誰が正しくて、誰が悪いのか。まるでドキュメンタリーを見てるか如くの緊迫感で、見応えある佳作でした。実話だからでしょうか。特に法廷のシーンとか印象深いです。
カーマインTypeⅡさん 8点(2004-07-06 22:30:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 8.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8250.00%
9250.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS