真珠の耳飾りの少女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 真珠の耳飾りの少女
 > (レビュー・クチコミ)

真珠の耳飾りの少女

[シンジュノミミカザリノショウジョ]
Girl with a Pearl Earring
(La jeune fille à la perle)
2003年【英・ルクセンブルグ】 上映時間:100分
平均点:6.33 / 10(Review 67人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-04-10)
ドラマ歴史ものロマンス
新規登録(2004-02-10)【c r a z yガール★】さん
タイトル情報更新(2019-08-12)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ウェーバー
キャストコリン・ファース(男優)フェルメール
スカーレット・ヨハンソン(女優)グリート
トム・ウィルキンソン(男優)ライフェン
キリアン・マーフィ(男優)ピーター
アラキーナ・マン(女優)コーネリア
アナ・ポップルウェル(女優)
音楽アレクサンドル・デスプラ
撮影エドゥアルド・セラ(写真撮影監督)
製作アナンド・タッカー
製作総指揮ピーター・ブロック[製作]
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術ベン・ヴァン・オズ(プロダクション・デザイン)
衣装ディーン・ヴァン・ストラーレン
あらすじ
17世紀のオランダ。貧しい娘のグリートは奉公先で気位の高い女主人や大勢の子供たちに囲まれ、日々の仕事に追われるうちに主人で画家のフェルメールの正体を次第に掴んでいく。肖像画家として高収入を期待されながら、フェルメールには別の目標があった。絵画によって光を捉えること・・・。グリーダに絵に対する好奇心が芽生えるにつれ、フェルメールは派手好きな妻から清楚なグリートへと画家としての関心を移していく。美しさと清純さによって絵画史上に肖像イメージを残した少女と少女の目を通して見た天才画家の生活を描く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
67.《ネタバレ》 名画の誉れ高い絵画を発想の原点とした作品としては最高傑作だと私は思う。
史実を齧ってみると、諸説あるらしいが「真珠の耳飾りの少女」を世に残したフェルメールと言う画家の人となり・生涯に関しては未だに謎の部分が多く、
ましてや彼の作品の背景などは謎ばかりらしい。 
一枚の素晴らしい絵画を前にしてあれやこれやと想像を働かせる事が絵画鑑賞の醍醐味で有り、
中でも「真珠の耳飾りの少女」は題材とされた少女自身のその何とも表現のし難い儚さや透明感、
複雑な心境で画家に相対しているであろう事を雄弁に物語る目の光など、
鑑賞する人のイマジネーションを刺激するという意味では絵画芸術の最高傑作なのではと私は思っている。
翻って本作、この手の作品に必要不可欠な時代考証を緻密なまでに行った事の表れか、画面からは今にも強烈な生活臭が漂ってきそうだ。
掴みは充分な中、スカヨハ演じる架空の人物である女中のグリートは絵画のそれよりも少々骨ばった感は有るものの、
絵画・そして映画の世界観にはぴったりで絶妙なキャスティングと言える。
コリン・ファースが演じるフェルメールもパトロンに取り入らなければ生活が成り立たない家庭環境の中で、
複雑な思いを抱きながら生きる一人の男を上手く演じていたと思う。
自らの生活に疲れ切り創作意欲も湧かなくなった男が、グリートの様な若いだけでは無い内に秘めたものを持つ女性に出会い、
創作意欲を掻き立てられるのは至極当然な事。
アトリエで一緒に空を見る場面、二人で黙々と絵画用の画材を調合する場面等々、
雄弁なセリフなど皆無ながら二人の間に流れる微妙な空気を表現する「間」がなんとも言えず素晴らしい。
そう、おどろくべき事に二人の間は終始プラトニックなもので、下世話な人間たちが期待する様な事は一切無い。
だからこそ、正婦人の耳飾りを下の身分である女中に身に着けさせる事の意味、それに対する家族の反応、
そして本作の白眉とも言える耳飾りを付けるピアス孔を開けるシーンが、何とも言えず胸に迫る。
ラスト、フェルメールは家を離れ暮らすグリートに真珠の耳飾りを人づてでプレゼントする。
この行為の表す意味を考えると、ただただ私は切なくなるのみ。
半ば強制的に家で過ごさなければならないこの環境下、じっくりと映画に向き合うには最適な作品ではないだろうか。

蛇足 キリアン・マーフィーが何か悪い事をしでかすのではないかと終始ハラハラしていた(笑)
たくわんさん [インターネット(字幕)] 9点(2020-05-26 12:00:51)★《新規》★
66.絵画、美術を扱うと映画自体にその芸術性を感じることも出来る。そこにミステリー的な要素も合うのだが、この作品はそこでグイグイ惹きつけるわけではない、と思う。
場面場面を鑑賞する気になればいいのだが、物語そのものは多少退屈だった。惜しい。
simpleさん [地上波(字幕)] 5点(2020-04-24 19:42:06)
65.「真珠の耳飾りの少女」製作に纏わる物語。美術・衣装・音楽・撮影の方々の舞台作成への真摯な思いを感じさせられる仕事ぶりに喝采。スカーレット・ヨハンソンは額縁から抜け出して来たかのような特筆ものの存在感。コリン・ファースは子沢山で家長失格の天才画家を絶妙に表現している。憎まれ役で嫁とパトロンはともかく娘は余計だったかと。大胆な仮説も違和感が無かった秋の夜長に相応しい良作。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2018-09-25 01:10:23)
64.《ネタバレ》 いい映画だと思います。キリアンマーフィ君もいい役だったし 女優さんも名画にもピッタリの配役でした。フェルメールがなんで最近まで評価されなかったのもなんとなくわかるし(注文画家だったのでしょうか)画家を描いた映画としては 変に監督の思入れもなく見れました。
ガリペロさん [DVD(字幕)] 8点(2018-09-11 21:51:57)
63.妄想系作品として楽しめればよいのだろうが、ちょっと度が過ぎるような気も。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-09-08 18:21:44)
62.芸術家にとって実生活の鬱陶しさってのがあって、そういうのに関わらずに芸術世界に没入したいという夢を持つが、その芸術の対象に選んだのがまさに「実生活」の少女だった。調理をしたり洗濯したり、芸術家の家の裏で家を支える実生活の部分。苦悩する芸術家って、とかくつまらないのが多いんだけど、演劇的な誇張に見えてしまうからか。名画を実写で撮っていくっていうのには、独特の面白さがある。描きかけのところとか。色の原材料いろいろ。スカーレット・ヨハンソンってポカーンと口を開け気味にしてて、必ずしも色っぽさに収斂されきらない・まだ色っぽいという以前のあどけなさの魅力も合わせ持っている不思議な味わい(むかしのベルイマン映画の常連だったリヴ・ウルマンの唇とちょっと似ている厚ぼったさ。北欧ならではの質感なのか)。ラストで耳飾りを渡されたときの表情が、単純に一つの感情表現に収斂し切れないのと同じで、よい。時代色を楽しむ映画。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2014-03-11 09:52:26)
61.映像ではあるがそれは本当に絵のような場面があって、その美しさはたるやストーリーなどおまけのように感じさせてしまうほどでした。
美しいといえばスカーレットヨハンソン。うちの汚いテレビで見てあの透き通るような白さですから、実物はどれほどのものなのか想像を絶します。真珠の耳飾りより綺麗な人っていたんですね~
さわきさん [地上波(字幕)] 6点(2014-02-09 18:28:02)
60.《ネタバレ》 下働きの美しい娘が来たことにより巻き起こるフェルメール家の不協和音。
嫁はもちろんのこと幼い実娘までも嫉妬し、盗みの罪を擦り付ける始末。
小さく震えるような声で助けをもとめる娘、それに応え激怒し実子の罪を暴く
フェルメール。そして耳たぶ孔開けにつながってゆくのであります。
肉屋のせがれとのくだりや、パトロンが手込めにしようとするくだりは、
そういう意味で必要なんでしょうね。
かれくさん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2013-05-19 22:31:56)
59.下働き顔のS・ヨハンソンが役に最強にはまっていて、色白の顔が窓からの光線により、それこそ絵画そのままに浮かび上がる映像が全編にわたって美しい。フェルメールと彼女の間に表立っての恋愛的行為は起こらない。起こらないけれども、アーティストと、そのアートを理解する者との心の絡みが、それはそれは激しく展開しているのです。この二人の近くにいたら、必ず当てられます。お話の淡々とした按配と、17世紀オランダの古く情緒ある風景がぴったりとマッチして中世を旅してきた気持ちになりました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-02-18 00:55:51)
58.モデルはいったい誰なのか。謎が多いフェルメールの名画“真珠の耳飾りの少女”の誕生にまつわる一つの仮説。

絵画のよう映画。当時を再現する室内装飾や小道具に衣装。室内に差し込む陽光に、ロウソクの炎に照らされ、そこに台詞も無く佇むヨハンソン。それ自体が絵のような美しさがあります。

動きの少ない作品ですがヨハンソン演じるグリートと、フェルメールと家族の間に流れる空気に常に一定の距離感と緊張感を漂わすことで映画としての面白味も出ていると思います。

スカーレット・ヨハンソンの醸し出す、静かですがそれでいて強烈な印象を残す存在感が際立つ作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-10-12 22:12:18)
57.映像部分での華麗な色彩と、登場人物全員のジメジメっぷりのギャップが、これほど激しい作品も珍しい。ただ、人格描写が深いところまで至っていないので、結局は薄っぺらく感じてしまいます。
Oliasさん [DVD(字幕)] 5点(2011-02-02 01:38:06)
56.心まで描くの?
フェルメールの絵に惹かれてしまう理由が少しわかったような気がする。
当時の生活や創作活動の描写が丁寧で興味深かった。
映像的にはまるで絵画のような美しさで、名画をテーマにした作品に相応しいレベル。
物語としては平坦な感じで、特に大きな事件が起こるわけでもなく、やや退屈な印象もあったけど、絵そのものの説得力がそれをカバーしていたように思う。
完成した絵をなかなか見せようとしない演出が冴えていた。
真珠に纏わるエピソードだけはいまいちピンと来なくて、もう少し感動物語に仕立てても良かったんじゃないかと思う。
ラストのオチも喜んでいいのかよくわからない複雑な心境です。
もとやさん [地上波(字幕)] 7点(2011-01-28 03:13:00)
55.《ネタバレ》 全編を通じてにドラマらしい波風は一切なし、17世紀のオランダの庶民生活を淡々と描いた映画と言ってもいいとも思いますが、それがやはりドラマ仕立てで映画になっているのはやはり、わたしの前の方も書いておられるような押さえたエロティシズムの表現が十分ドラマとしての要件を満たすとプロデューサーが考えたからでしょう。ハリウッドばりの派手な映画がお好きな方には必ずしもお勧めはしません。前の方が触れられた、グリーダが髪の被り物を取る時のエロティシズムが脱衣に対応するなら、フェルメールがろうそくの火で消毒した針でグリーダの耳たぶに穴を開けるのは・・・説明するまでもない、非常にきわどい内容なのです。しかもフェルメールは妻との間に多くの子供をもうけていて、それが妻に対する愛情の徴だったとするならば、通常の意味では若い女の子に普通に手を出す必要は全くないわけで、グリーダとの関係や肖像画など、妻に対する世俗的でありきたりな愛情を超越した、光を求めた画家の精神世界でのエロチシズムに昇華された美への渇望だったのかもしれません。だったらこの作品は精神世界でのエロチシズムを描いていると言っても過言ではないでしょう。ところで、フェルメールがどんな顔だちをした人だったかは知りませんが、主演のコリン・ファースの顔は同じオランダ人で銅像が残されている、奇怪な絵を描いたことで有名なヒエロニムス・ボッシュに似ています。スカーレット・ヨハンセンの抜擢は実在の真珠の耳飾りの少女に似ているからでしょうが、ファースの採用もももしかしたらボッシュと関連あるかもしれません。
かわまりさん [DVD(字幕)] 7点(2009-09-27 04:25:10)
54.《ネタバレ》 何か起こりそうな雰囲気のする序盤から中盤。
しかし、何も起らなかった終盤。

スカーレット・ヨハンソンは終始、頭巾をかぶっている。
しかし、一度だけその頭巾を取るシーンが出てくる。
そのシーンの、なんとエロティックなことか。
ただ頭巾を取るだけなのに、何だかいやらしい。
恥じらいながら頭巾をとるその仕草が、何とも言えずいやらしいのだ。
直接的な性の描写は少ないのに、全体的にエロティックな香りの漂った作品だった。

というより、スカーレット・ヨハンソンが召使いに下宿しに来る時点で、いやらしい設定なわけだが(笑)。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 5点(2009-05-31 00:59:30)
53.当時の画家の生活が描かれているところがいいですね。スカーレット・ヨハンソンがかなりはまり役で、田舎娘っぽい感じの側面が生きています。絵の人物にも似ているのは偶然でしょうか。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 6点(2009-01-07 18:37:58)
52.スカーレット・ヨハンソンを見たい人のための映画。

ストーリーや音楽などどうでもいいです。

少女から大人に変わる時期のヨハンソンの美しさはきちんと描かれていたと思います。

久しぶり一人の女優を追っかけて映画を見ました。

マッチポイントと合わせてご鑑賞くださいませ。
くぼごんさん [DVD(字幕)] 6点(2008-11-10 16:49:07)
51.作家の想像力が、一枚の名画から、こんなスケベエでドロドロしたお話を作り上げよった! なにか清純なものが汚らわしいものによって陵辱された気分が残る。それにしても、画面は極上に美しかった。撮影・照明・美術・衣装に引き寄せられて8点。
goroさん [DVD(字幕)] 8点(2008-09-28 04:33:34)
50.顔がムカついた。スカーレットヨハンソン。演技とか特に何が悪いという訳ではないけど、単にこの人の顔がキライなんだと思います。生理的にダメというヤツです。同性では稀なんだけどな。 このテの映画は割と好きな部類ですが、コレは、、、顔がムカつくから見てても全体的にイライラ。こればかりはどうしようもない。 ストーリーはまぁほぼ予想どうりな感じ。
まおあむさん [地上波(字幕)] 4点(2008-06-22 07:45:21)
49.《ネタバレ》 フェルメールの映画だけあって、光と影、そして色の使い方を強く意識した作品になっている。窓からアトリエに差し込む光、暗闇の中に燃え立つ炎、シーツの干された庭に降り注ぐ日光、空に浮かぶ雲について語る場面など。昔の室内は暗いので、光と影の対照は非常に鮮やかで、美しい映画に仕上がっている。
その一方で話の展開は抑制気味だ。クライマックスはピアッシングの部分だが、そこで何が起こるわけでもない。ただ、その瞬間のグリートの表情にはやられた。そこから、肉屋の息子を誘いに行くところは、心理描写としてもピアッシングの持つ多義性からもよくできている。ただし、それ以外の場面は、淡々と映しすぎていて、登場人物の心理面にうまく光が当てられていないのが気になる。ライフェンのキャラクターもあれじゃただのエロ親爺で、せっかくトム・ウィルキンソンなのに…という感じもするし。台詞を極力排除するのはいい。ただし、眼だけで語る映画を作れてはいないと思う。
映画としての完成度は高くないと思うが、雰囲気はよく出ていたので、総合して6点で。
枕流さん [DVD(字幕)] 6点(2008-03-09 23:16:36)
48.非常に美しくまるで動く絵画を見ているようだ
甘口おすぎさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-03-03 11:29:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 67人
平均点数 6.33点
000.00%
111.49%
200.00%
300.00%
457.46%
51319.40%
61623.88%
71826.87%
81014.93%
945.97%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review6人
2 ストーリー評価 6.00点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.88点 Review9人
4 音楽評価 7.71点 Review7人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
撮影賞エドゥアルド・セラ候補(ノミネート) 
美術賞ベン・ヴァン・オズ候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞ディーン・ヴァン・ストラーレン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2003年 61回
主演女優賞(ドラマ部門)スカーレット・ヨハンソン候補(ノミネート) 
作曲賞アレクサンドル・デスプラ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS