21グラムのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 21グラム
 > (レビュー・クチコミ)

21グラム

[ニジュウイチグラム]
21 Grams
2003年【米】 上映時間:124分
平均点:6.29 / 10(Review 195人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-06-05)
ドラマサスペンス犯罪もの
新規登録(2004-02-15)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2009-02-20)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
助監督スピロ・ラザトス(第二班監督〔ノンクレジット〕)
演出ダニー・アイエロ三世(スタント・コーディネーター)
スピロ・ラザトス(スタント・コーディネーター)
キャストショーン・ペン(男優)ポール・リバース
ナオミ・ワッツ(女優)クリスティナ・ペック
ベニチオ・デル・トロ(男優)ジャック・ジョーダン
シャルロット・ゲンズブール(女優)ポールの妻 メアリー・リバース
メリッサ・レオ(女優)ジャックの妻 マリアンヌ・ジョーダン
クレア・デュヴァル(女優)クラウディア・ウィリアムス
ダニー・ヒューストン(男優)マイケル・ペック
デニス・オヘア(男優)医師 ロスバーグ
エディ・マーサン(男優)ジョン師
アニー・コーレイ(女優)トリッシュ
キャサリン・デント(女優)アナ
脚本ギジェルモ・アリアガ
音楽グスターボ・サンタオラヤ
撮影ロドリゴ・プリエト
ハビエル・ペレス・グロベット(カメラ・オペレーター / 第2班撮影監督)
製作アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ギジェルモ・アリアガ(製作補)
製作総指揮テッド・ホープ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術ブリジット・ブロシュ(プロダクション・デザイン)
衣装マルレーネ・スチュワート
編集スティーヴン・ミリオン
ダグラス・クライズ(編集助手)
スタントアンディ・ギル〔スタント〕
ジャック・ギル[スタント](ノンクレジット)
その他スティーヴ・ゴリン(サンクス)
ロドリゴ・ガルシア〔監督〕(サンクス)
アルフォンソ・キュアロン(サンクス)
あらすじ
「命が消えるそのときに、人は21グラムだけ軽くなる」…心臓移植待機患者の大学教授とその妻、信仰で更正した前科者とその家族、依存症から立ち直ろうとしている女性とその家族。1つの事故が彼らの生活を破壊し、そしてその事故によって彼らは交差する。時間と空間が交差する映像の中で彼らがたどり着いたのは…メンフィスロケでは、端役に全て本職をあて、心臓専門医も看護師も全て本物とか。ドナー・レシピエント関係を考えさせられる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
195.うーん、合わない。

移植前後の話が乱れに乱れた時系列で映されるから、
初回鑑賞では混乱させられるし、
結局、呵責なのか自白なのかよくわからん形で最後を迎えるし。

各家庭のそれぞれが、それぞれなりの幸せを築いているというシーンが
後半部分にある程度温かみと悲しみをもたらしているのが褒める点か。

命の大切さを語られている気持ちがせず、
急に命とタイトルを結び付けられても、ねぇ。
元祖さん [インターネット(字幕)] 4点(2018-07-31 21:11:04)
194.《ネタバレ》 時間軸を巧みにずらす手法により引きつけられますが、逆に言うとこの手法を使わなった場合だとどう感じただろうなって思いました。あと、あのエンディング、観た後に若干暗い気持ちになって少し寂しいですね。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-08-20 22:19:13)
193.《ネタバレ》 ○展開も21グラムの意味も徐々に分かってくる時系列。いろいろとルールを破っているが命とは何か考えさせてくれる作品。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-05-29 09:40:53)
192.《ネタバレ》 映像の時系列が飛びまくって、非常に分かりづらい。内容はソコソコ面白かったのに、集中出来ないのが残念。ヒロインが凄くヒステリックで好きになれなかった。主演ショーン・ペンもなんとも好きになれないキャラ。殺してしまって懺悔した奴はいいキャラでした(笑)
後味悪い映画でした。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 5点(2016-05-08 02:07:42)
191.《ネタバレ》 先が気になるストーリーでしたが
誰も救われない締めで陰鬱な感じでした。
ある意味救われたのか・・・。

あとひと捻りなにか欲しかったです。
とむさん [DVD(字幕)] 5点(2016-04-10 18:13:47)
190.《ネタバレ》 この監督の映画は二度と見たくないと思うくらい不快な作品。カメラは疲れるし構成はぐちゃぐちゃだし、ストーリーには拒絶反応起こしました。鑑賞する人の哲学によって変わるのでしょうが、私は主人公に全く感情移入できずイライラし続けてました。もうなんか、臓器を提供してくれた人と移植手術をした医療関係者の方々は、さぞ虚しい気持ちになるでしょうね。
kiryuayaさん [DVD(字幕)] 1点(2015-05-17 01:30:55)
189.単純で辛気臭い話を無意味に時間軸シャッフルして高尚に見せても、ただただ分かりづらく下品にしているだけ。話が飛びに飛び、逆に俳優陣の熱演に集中できなかった。変に高尚にしようと意識しているのがイニャリトゥの悪いところ。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 4点(2015-04-09 19:49:13)
188.《ネタバレ》 物語は静かな雰囲気で淡々と進んだ印象ですが、それによって3人の実力派俳優の演技が引き立っていたと思います。
ただ、ストーリー自体は納得いたしかねます。
ドナーの遺族に会いに行くというタブーを犯したとうえに、その間髪入れずに愛し合うというのは胸糞悪い設定。
さらには貰った命に対して自ら銃の引き金を引くというのは、理由はどうあれ感情移入できませんでした。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 4点(2014-12-26 21:36:42)
187.思わせぶりな映像で期待させておきながら、まったく面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-26 00:13:49)
186.《ネタバレ》 原因と結論がバラバラに切り離され、何が起こっているのか分からない前半部分の引きの強さは素晴らしいと感じました。特に私は一切の予備知識なしで鑑賞したため(心臓移植の話だということすら知らずに見ました)、一見すると無関係な登場人物達のドラマがどうやって収斂していくのかも分からず、このパートは食い入るように見ていられるほどの面白さがありました。観客の興味を引くように、かつ、その理解力と記憶力をギリギリ超えないように調整された情報量、このサジ加減が本当に絶妙であり、この監督はタダモノではないということがよくわかりました。。。
しかし問題は、ドラマの全体像が掴めた途端に映画がつまらなくなってしまうということ。ドラマの核心部分は意外と雑で、各登場人物の行動原理がよく分からないのです。心臓移植により生きる道を得たポールが、なぜジャックへの制裁に固執したのか?他人の不幸を糧にして自分が生きながらえたということへの後ろめたさ故なのか、それともクリスティーナへの愛が高じたものなのか。いずれにしても、一度は命を失いかけて生の有り難みを実感した者とは思えないほどの軽率さで、感情移入のしようがありませんでした。ジャックはジャックで、信仰の力によって犯罪者から家庭人へと生まれ変わった彼が、不幸な事故によって信仰への疑念を抱くようになる。この構図自体は興味深いのですが、彼が信仰というものに対して下した結論部分はすっ飛ばされてしまうため、結局のところ、彼が何を考えているのかがよくわかりません。さらには、クリスティーナがポールに対して抱く複雑な感情もうまく表現されていないため、二人が深い関係になるという点にも少なからず違和感を覚えました。。。
映画全体を振り替えると、この主題にこれだけ複雑な構成を加えること自体に意味があったのかが疑問です。監督の次回作『バベル』にも言えることなのですが、本来は大したことのない話を、抜群の構成力で誤魔化しているだけのような気がします。なまじ見てくれが良くて期待を煽るだけに、見終わった後の脱力感も大きく感じられます。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 4点(2014-09-17 00:33:51)
185.重い内容だけに余韻も浸れる映画。
人が失う重さ、魂の重さ最後まで考えさせられるし、3人の演技は必見。
マイナスは1度の観賞だけでは理解しずらい部分も。2度目がおすすめ。
Mighty Guardさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-31 17:12:50)
184.バラバラ時系列、手ぶらカメラ、色んなエフェクトを使ったが肝心のストーリーがない。
ボンボンの坊っちゃんにおもちゃを与えたような作品だ
カップリさん [DVD(字幕)] 2点(2014-01-29 18:08:17)
183.《ネタバレ》 私もこの時系列ツギハギの嵐にはやり過ぎを感じてしまった。登場人物が重たく苦しいお芝居しててただでさえ観ててしんどいのに、脈絡無く切り替わる場面のひとつひとつをとても記憶していられない。特にナオミ・ワッツなんて状況によって顔立ちや雰囲気までがらりと変えられるカメレオン女優なので、子供部屋を片付けてた一主婦が次のショットで安モーテルの廊下で赤パン丸出しでタバコ吸ってる女と同一人物だとは脳が理解しないんである。観直せばああそういうことかと分かるけど、いつでもそんな観賞環境でいられるわけではないし。俳優陣は安定の演技力で鬼気迫るほどの苦悩を表現してて圧倒的だけど、いかんせん演出に興を削がれた感じがする。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-01-10 00:54:53)
182.話をばらばらにして時間もばらばらにして、見るほうがそれを再構成していく楽しみはたしかにあるだろうが、それが映画の芯のモチーフになっているのならこちらも本腰を入れてそれを楽しめるけど、あくまで本作のはテーマを描くための手法のようで、そうなるととたんに冷めちゃう。なんか無理に向こうのゲームに付き合わされたようで。三人とも内省的な人物なので陰気。恩返しの接近が愛に変わり、それでも人生は続く、という話なのか。脇の轢いたほうの妻なんかにリアリティがあった。旦那が自首していったあとでも、一心に車の血を洗っている。隠れテーマとして「子ども」があるのか。子どもを作らせてという妻や、子どもの消滅や、いろいろ。
なんのかんのさん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-01 15:45:38)
181.《ネタバレ》 ちょっと前はやりの、ひとつのキーアイテムでそれぞれの人生がつながっていく物語風。なんの前知識も無しで見始めると、数人の生活を並行して描くだけでなくこの作品自体が時系列もいじっているんで、最初の1時間は観賞は苦しいものになる。でも、ラストの30分は引き込まれるものがあったし、余韻も十分。ちょっと芸術ぽいところもあって、賞取り意識してるかな。現に部門ノミネートもあったみたいだし。生きることに対しての問いかけ、切り口が面白いね。生にすがるもの、絶望するもの、奪われるもの、いろんなものがアイロニカルに描かれている。名優3名ショーンペンナオミワッツデルトロの演技はさすがのものがありました。彼らの演技があってこその作品でもあります。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-10-02 14:55:52)
180.役者が良い。
中でもベニチオ・デル・トロが良い。もちろんショーン・ペンやナオミ・ワッツも良かったが、彼の場合はそもそも見た目からして、役柄にピッタリとハマっている。まさにハマり役というやつだ。これだけで、この映画は十分に観る価値がある。

また、時として主張しすぎでウザったい要素にもなる手持ちカメラの多用も、この作品では適材として生きていた。

ストーリーは、まあ、まあ、それなり。
時系列シャッフルはあっても無くてもそれほど変わらなかったと思う。いや待てよ、結局あった方が良かったのかな。まあいいか。

意外と雰囲気の重い映画。体力使う。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-08 07:18:18)
179.演技や全体の雰囲気は文句なし。でもなかなか感情移入しにくい内容かな。
nojiさん [映画館(字幕)] 6点(2013-05-26 23:31:44)
178.《ネタバレ》 時間軸があちこちに飛ぶ飛ぶ。こういう演出をする映画は少なくないが、この映画は非常にわかりにくい。それでもがんばって最後まで観ればどれがいつのシーンだったのか、ちゃんと繋がるのだが、時間軸をバラバラにしていた意味が無いように思える。
よくわからない行動をする人が多く共感もできない。どいつもこいつも異常な状況におかれたせいで頭が変なのか?
虎王さん [DVD(吹替)] 5点(2013-04-17 03:55:54)
177.《ネタバレ》 ポールがマイケルの心臓を撃つことに全く共感できない。ポールの妻もおいてけぼり。あとひき逃げダメ。絶対。
悲喜こもごもさん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-14 22:04:36)
176.時間軸論外で前半は?だったが、徐々に点が線に繋がっていった。楽しめる話ではないが、3者3様の神がかりの演技もあり、引きつけられた。S.ペンの「何がいつなんだろう?」というセリフもあって、この流れになったのだと思うが、このストーリーを順序立てて作っていったらどんな感じになるのかと興味をもった。
狂童さん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-12 14:18:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 195人
平均点数 6.29点
000.00%
110.51%
231.54%
363.08%
42211.28%
52914.87%
63819.49%
75126.15%
82613.33%
9147.18%
1052.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.26点 Review15人
2 ストーリー評価 6.59点 Review27人
3 鑑賞後の後味 6.30点 Review26人
4 音楽評価 6.05点 Review20人
5 感泣評価 5.05点 Review18人
chart

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
主演女優賞ナオミ・ワッツ候補(ノミネート) 
助演男優賞ベニチオ・デル・トロ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS