クイールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クイール
 > (レビュー・クチコミ)

クイール

[クイール]
Quill
2004年【日】 上映時間:100分
平均点:5.33 / 10(Review 72人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-03-13)
ドラマ動物もの実話もの小説の映画化
新規登録(2004-02-23)【3737】さん
タイトル情報更新(2021-07-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督崔洋一
助監督中村隆彦
滝本憲吾
キャスト小林薫(男優)渡辺満
椎名桔平(男優)和多田悟
香川照之(男優)仁井勇
寺島しのぶ(女優)仁井三都子
戸田恵子(女優)渡辺祺子
黒谷友香(女優)久保マスミ
櫻谷由貴花(女優)渡辺美津子
名取裕子(女優)水戸レン
石田太郎(男優)戸塚裕史
水橋研二(男優)酒井雄一
小市慢太郎(男優)川本
吉田康平(男優)吉永
原作秋元良平「盲導犬クイールの一生」(写真)
石黒謙吾「盲導犬クイールの一生」(文)
脚本丸山昇一
中村義洋
音楽佐々木次彦(音楽プロデューサー)
撮影藤澤順一
製作松竹(「クイール」フィルムパートナーズ)
テレビ東京(「クイール」フィルムパートナーズ)
石川富康(「クイール」フィルムパートナーズ代表)
大谷信義(「クイール」フィルムパートナーズ代表)
松迫由香子(「クイール」フィルムパートナーズ)
製作総指揮迫本淳一
企画中川滋弘
プロデューサー榎望
山本一郎〔プロデューサー〕
配給松竹
美術今村力
江川悦子(特殊造型)
編集川瀬功
録音小野寺修
照明金沢正夫
動物クイール(成犬役 ラフィー)
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
水戸レンさんのお宅でうまれた五匹の子犬のうち、おなかに鳥の羽のようなブチのある子はクイールと名づけられ、盲導犬候補生として育てられることになった。性格と血統の問題からその適正を疑問視されたクイールだが、ある才能を見出されてからその能力を開花させていく。いっぱしの盲導犬として振舞えるようになってきたある日、クイールは犬が苦手な視覚障害者、渡辺さんと出会うことになる・・・。 盲導犬クイールの一生を、彼を取り巻くさまざまな人々の人生とともに描く、感動のノンフィクション。原作:「盲導犬クイールの一生」。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
72.盲導犬クイールの一生を描いた映画
最初から最後までとにかくクイールがお利巧で可愛い
温厚で優しいラブラドールレトリーバーの魅力が満載
犬の可愛さという点では100点満点
ほのぼのとした暖かい映画

ただ、途中で渡辺さんの映画になっちゃってるのが惜しい
犬の映画か、人の映画か、焦点が合ってない感じ
その渡辺さんの話もドラマとしてはいまひとつ物足りなさ

昨今はクセの強い役が多い香川照之が、マトモ(失礼)な役なのは見所
愛野弾丸さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-07-10 20:06:54)★《新規》★
71.《ネタバレ》 こりゃあ反則だぁ。。私しゃ犬モノに弱いんだぁ!
特にラスト、老犬になったクイールが「もう頑張らなくていいんだよ」と看取られるシーン。
自分がかつて飼っていた犬が死んだ時を思い出してしまって、涙なしでは見られなかった。
反則だぁ。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-09-06 19:24:09)
70.お年寄りが孫と一緒に見るような映画です。
出演者の中で、犬が一番いい演技をしていました。
「オレ、何やらされてるんだろう……」とか思っていたんでしょうかね。笑
脚本はシナリオの学校を卒業したばかりの人が書いたような、チープなレベルです。
これを見る数ヶ月前に、リチャード・ギアのハチ公の映画を見ていて、その時、犬好きの私は号泣してしまったのですが、本作ではそうはなりませんでした。
きっとハチ公の映画より先に見ていたら、点数は違っていたかもしれません。
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2020-08-12 14:42:04)
69.クイールの演出演技がとても良くて、小林薫の芸達者椎名桔平の清々しさで十分感動できる。脚本自体はべたなんで特筆することはないけど、とにかく犬に思い入れをする作品。
タッチッチさん [地上波(邦画)] 6点(2020-08-11 20:49:02)
68.テレビドラマのような映画。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 1点(2014-09-30 23:18:00)
67.犬という生き物に対しての愛おしさ、尊さ。盲導犬に対しての敬虔なる思い。出会いと別れを繰り返したクイールの一生が、幸せだったと信じたい。
小星さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-06-22 10:49:06)
66.2011.11/18鑑賞。はじめの15分、5匹の子犬と1歳になるまでのシーン、可愛いの一言。また最後にパピーウォーカーの所へ戻り、穏やかに亡くなるが私の家庭での飼い犬チェリーを思いだし涙す。障害者と盲導犬の触れ合いがメインだが、それ抜きのボランティアで子犬を育てるパピーウォーカーの所での生活シーンが好き。はじめと終わりのシーンと犬に+1点。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-11-18 19:35:53)
65.クイールは可愛くて健気でほのぼのとします。所々笑いあり。
ただ、他の人の言うとおり、感情移入するには物足りなかった。
いい話だと思うけど、最初から最後まで一本調子で淡々だったストーリー展開をもう少し抑揚があるように作れなかったものか。
感動ものに弱い私でも涙することが出来ませんでした。でも退屈にはならなかったので5点。
ひまわりさん [DVD(邦画)] 5点(2009-09-02 23:24:24)
64.冒頭の子犬に、まずやられる。
ああ、この子が盲導犬として(自ら望んだわけでもなく)、その短い生涯を人間のために捧げるのか…と思った瞬間、もうダメ。
映画そのものは、非常に抑制のきいた演出で、ひたすら自然体。
ドラマチックに描こうとしていないところに好感がもてる。
それは、クイールの気高い一生に、気安く感情移入することを許さないような空気となって、崔洋一の撮る「動物モノ」らしいような感じもした。
椎名桔平、小林薫といった達者な役者の好演も実話である本作の重みに相応しいものであった。
poppoさん [映画館(邦画)] 7点(2009-05-28 09:31:35)
63.話題になっていたので、期待して見たけどそこまで感情移入できなかった。
くーちゃんさん [地上波(邦画)] 3点(2008-02-28 22:30:57)
62.盲導犬の紹介という意味ではいいのかも知れないけど、
物語としては構成を間違ってるとしか思えないほど薄っぺらい。
役者がそこそこいいので見られる内容には仕上がっているけど、
感動というレベルには達していないように感じる。
もとやさん [DVD(邦画)] 4点(2007-01-31 15:17:23)
61.犬はよかった。それだけの映画だった…。
バイオレットさん [DVD(邦画)] 4点(2006-08-13 00:47:29)
60.椎名桔平と小林薫の味がいいので、それだけでも退屈せずに観ていられた。盲導犬の一生ってそんな感じなのね、ってことは確かに良く分かる映画だね。
MARK25さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2006-04-18 23:01:49)
59.普通です。特別犬が可愛らしいというわけではなく、盲導犬としてのドラマが見所の映画。人間ドラマが全然ないとは思いません。静かなエピソードの中に好感を持てる物語が垣間見られます。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-04-16 11:02:31)
58.題材は悪くないし、クイールも可愛い。
が、映画ならではの演出のようなものがもう少しあってもいい。
これではドキュメンタリーにはかなわない。
女の子がナレーターの割に、ほとんど犬との絡みがないし、
淡々としすぎている。
カタログさん [地上波(邦画)] 6点(2006-04-09 00:14:37)
57.脚本と演出に何の焦点も絞れないまま作ってしまった作品のような感じ。視聴覚室で見た教育映画(火力発電所の仕組み、信濃鉄道のできるまで、おせっかい 等)を思い出しました。犬をあまり好きではない人々が作った匂いがしてしまう映画。硬派の崔監督には苦手なジャンルか。

チューンさん [DVD(字幕)] 4点(2006-02-24 14:27:51)
56.クイールの可愛さ以外に何も観るべきものがないペラペラの映画。生まれてから死ぬまでの物語を断片的に絵日記のように綴っただけのストーリーで、何処にもクライマックスが無い。映画化するのなら、もうちょっと脚本を練った方がよろしいんじゃないでしょうか。
(^o^)y-~~~さん [DVD(字幕)] 4点(2005-11-13 23:43:25)
55.《ネタバレ》 クイールはとってもかわいくてんも~赤ちゃんてやっぱり何でも可愛い!!(笑)
犬を飼ってるのでまずます感情移入してしまって所々泣いてしまう場面が・・・ただそれはクイールについて感情移入したのであってこの映画自体にはいまいち感情移入できませんでした。なんだかこんな感動的なストーリーなのに作り方が雑な気がします。
音もいきなり大きくなったりあってなかったり解説も微妙に必要ないしなんたって椎名キッペイが偉そう(笑)あんなアドバイザーの元でやるなんて私ならちょっと嫌(汗)
とにかく犬があんなに頑張ってたのに人が頑張ってなかったから5点!
ハリ。さん [地上波(字幕)] 5点(2005-11-06 18:40:34)
54.同じく犬好きです。クイールは可愛い。そう思っただけの映画でした。
未歩さん [DVD(字幕)] 4点(2005-10-22 00:16:48)
53.確かに動物ものは卑怯だという意見もアリでしょう。「子供と動物を出しとけばだいじょうぶ」という鉄則が映画にはありますから。盲導犬というのは、警察犬と同じように、普通のペットの犬よりも寿命が短いそうです。つまり盲導犬や警察犬は、精神的肉体的にとてもたいへんなのでしょう。それだけ身を削って人間様にひたすら尽くす犬の姿は、愛犬家ならずとも胸を熱くするものがあります。それにしてもこの作品はちょっと物足りない。単に事実をそのまま描いてるだけという印象です。これと似たような内容のドキュメントをテレビで見ましたけど、それは号泣しちゃいましたねぇ。その点ではやっぱりリアルの映像には偽物は勝てないんだなぁと思います。物語の映画にするのなら、もっともっと感動させるぞ!という、ある種のずる賢さがほしいものです。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 6点(2005-09-02 19:56:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 72人
平均点数 5.33点
022.78%
111.39%
245.56%
3811.11%
4811.11%
51318.06%
61723.61%
7912.50%
845.56%
934.17%
1034.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.10点 Review10人
2 ストーリー評価 5.00点 Review16人
3 鑑賞後の後味 5.44点 Review18人
4 音楽評価 5.76点 Review17人
5 感泣評価 5.50点 Review16人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS