デイ・アフター・トゥモローのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デイ・アフター・トゥモロー
 > (レビュー・クチコミ)

デイ・アフター・トゥモロー

[デイアフタートゥモロー]
The Day After Tomorrow
2004年【米】 上映時間:124分
平均点:5.69 / 10(Review 341人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-06-05)
アクションドラマサスペンスSFパニックもの
新規登録(2004-03-07)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2018-04-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ローランド・エメリッヒ
助監督キム・H・ウィンサー
キャストデニス・クエイド(男優)気象学者 ジャック・ホール教授
ジェイク・ギレンホール(男優)サム・ホール
エミー・ロッサム(女優)ローラ・チャップマン
ジェイ・O・サンダース(男優)フランク・ハリス
セーラ・ウォード(女優)小児科医 ルーシー・ホール
タムリン・トミタ(女優)NASAの気象学者 ジャネット
イアン・ホルム(男優)海流研究学者 テリー・ラプソン
ケネス・ウェルシュ(男優)ベッカー副大統領
グレン・プラマー(男優)ルーサー
クリストファー・ブリットン(男優)
チャック・シャマタ(男優)ピアース将軍
エミー・スローン(女優)エルザ
ダッシュ・ミホク(男優)ジェイソン
原康義ジャック・ホール(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
浪川大輔サム・ホール(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内田夕夜ジェイソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
土師孝也フランク(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
日野聡ブライアン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂詰貴之J.D.(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小山茉美小児科医 ルーシー・ホール(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
成田剣(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
楠見尚己(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
西村知道(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
多田野曜平(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木敏(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高宮俊介(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江川央生(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
麻上洋子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊藤和晃(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
志村知幸(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ジャック・ホール(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
野島健児サム・ホール(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
坂本真綾ローラ・チャップマン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
矢田耕司テリー・ラプソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
山野井仁ジェイソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宝亀克寿フランク(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
渋谷茂J.D.(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
野沢由香里小児科医 ルーシー・ホール(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
勝杏里(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ローランド・エメリッヒ(原案)
脚本ローランド・エメリッヒ
音楽ハラルド・クローサー
編曲ジョン・キュール
撮影ウエリ・スタイガー
製作ローランド・エメリッヒ
キム・H・ウィンサー(製作補)
マーク・ゴードン
20世紀フォックス
ライオンズ・ゲート・フィルムズ
製作総指揮ウテ・エメリッヒ
ステファニー・ジャーメイン
配給20世紀フォックス
特殊メイクエイドリアン・モロ
C・J・ゴールドマン
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
デジタル・ドメイン社(視覚効果)
カリ・チャドウィック(インフェルノ・アーティスト)
ルイス・クレイグ(特殊効果スーパーバイザー(カナダ))
エリック・ブレヴィグ(視覚効果スーパーバイザー)
コリン・ストラウス(視覚効果スーパーバイザー)
グレッグ・ストラウス(視覚効果スーパーバイザー)
美術クロード・パレ(美術監督スーパーバイザー)
編集マイケル・マッカスカー(編集補)
デヴィッド・ブレナー〔編集〕
字幕翻訳戸田奈津子
スタントクリストファー・レップス(ノンクレジット)
ジャック・ギル[スタント]
アンディ・ギル〔スタント〕
その他ブレイク・ニーリー(指揮)
あらすじ
地球温暖化による氷河期を迎えるのは100年後か1000年後かそれは、分からない。だが、温暖化を防ぐ手だてをうっておかなければ人類には未来は暗い。イギリスで観測された海流温の低下が地球規模の異常気象を引き起こしつつあった。そう、「その日」を迎えるのは数日後に迫っていたのだ。迫り来る大自然の猛威に人々は何を考え、何を信じ、どのように行動していけばよいのだろう。そこには、人間愛のドラマが見えてくる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
341.《ネタバレ》 異常気象の昨今、こういうの見るともうSFだとか遠い未来の話だとか思えなくて結構辛い感じです。
こんな1週間くらいで激変の環境に、ただの一般人はなすすべ無しだし。
そう思える自然の猛威は描けていましたが、ドラマの部分がやはりご都合主義なので緊張感がいまいちでした。
nanapinoさん [地上波(吹替)] 6点(2020-08-22 20:25:42)★《新規》★
340.《ネタバレ》 まじめなディザスター映画かと思いきや、意外とバカ映画で良かったです。意志を持った敵のように襲いかかる寒気、狼の襲撃、部屋に閉じ込められた主人公たちのキャンプ感。もっとそっちに振り切ってくれたら傑作になったかも。
クレイバードさん [地上波(吹替)] 7点(2020-07-23 11:11:15)
339.《ネタバレ》 ​「このまままだと地球は氷河期やで!」
「嘘乙・・・あれ?酷くなってね?うわ!ぎゃーなんだ!こりゃあー!」
氷河期突入!もれなく凍え死んでもらおうか!そこのなんちゃって日本!お前らにゃ雹をお見舞いしてくれる!
こんな本作の味付けは薄めのキャラクターに、そこまで状況をかき乱すムカつくキャラクターがいないせいか至って冷静で静か。うるさいのはこの嵐。
そんな中、死を選ぶ者、信じた道を誤り死んでしまった者、そして助けようとする者、助けを待つ者が描かれる。気象学者の父ちゃんにしてはサバイバル精神漲ってますね。
なんだかんだで息子は図書館で本を燃やし暖をとる。人間自ら作り上げてきた文明を生きるために燃やして行くシーンはなんとも考えさせられます。
そして見どころの災害シーンですが序盤の水浸しのシーンは凄いですね。凄い水量。規模も凄い。
ただそれ以降はCGっぽいシーンの連発なのが今となってはちょっとアレ。狼出現もねじ込んだ要素のようで微妙すぎますね。
一通りのストーリーを終えたらすぐに消えてくれる引き際をわきまえすぎな天気にもなんだかな。
そんなこんなで結構淡々と進む本作ですが、かき乱す奴がいないという点でとてもリラックスしてみれるディザスタームービーでした。
みんな地球を大事にしよう!
えすえふさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-02-16 00:30:53)
338.《ネタバレ》 うーん。必ず助けにいくからな、みたいなやりとりからして、
感動しなさそうだなぁと構えてしまったが、その通りになってしまった。
ヘリコプターで直ちに助けにいくことが出来るのに、そこを歩いて助けにいって場所を特定しないといけない理由は何だろう。

一瞬で地球がお怒りになるようなNY崩壊の画は迫力があるけど、
最後の大統領のコメントは脈絡がとても弱く、興ざめする。
元祖さん [インターネット(字幕)] 4点(2017-03-26 15:03:23)
337.《ネタバレ》 地球の温暖化が逆に極地の氷を融解し氷河期を引き起こす要因という発想自体は興味深い。ここからディザスター系映画お決まりのCGド迫力画面が始まりワクワクしていく。凍結、氷河系シーンよりもロスの竜巻のシーンが個人的には好き。ただ同監督の「2012」に比べると年代のせいもあるけど少しCGが迫力不足かもしれない。映画を見ていてあんな地球規模の氷河期なのにあまり南半球の情勢に触れられていないことや赤道直下の国はどうなったのか気になった。
MAMESUKEさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-03-22 11:46:27)
336.エメリッヒ得意のパニック大作。
現実的というか非現実的というか...。興行ヒットした割にはあまり面白くなかったかな。当日流行った自然災害パニックの波に乗った感じで。当時は迫力満点でしたがこのジャンルは溢れてる。あまり語り継がれることもないでしょう。
Mighty Guardさん [映画館(字幕)] 5点(2016-11-22 12:01:49)
335.《ネタバレ》 映画館で見てたら、真夏なのに寒いな~と思ったのを覚えています。いろいろつっこみどころ満載ですが、夏に見ると少し涼しくなりますよ。
エイドリアン・モンクさん [映画館(字幕)] 5点(2015-02-01 17:55:38)
334.地球が寒冷化し、雪に覆われるというお話。いつも通りの派手なディザスター・シーンと、お決まりの家族愛シーンが特に工夫もなく進行する。唯一、あまりに勘違いした日本描写は面白いが。
野良猫さん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-09 19:52:37)
333.パニック大作。この監督作品の中でも上位です、個人的。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2014-09-06 16:34:14)
332.CGを見るための映画のようなもの
HRM36さん [地上波(字幕)] 5点(2014-06-26 10:59:39)
331.ああ、また自由の女神があんな事に(嘆)。
ちゃかさん [地上波(字幕)] 5点(2013-10-20 16:00:11)
330.《ネタバレ》 冒頭から、科学的にどうやって地球が滅びるかを説明したかと思うと、中盤からは手の平を返したかのように、確実に科学的にあり得ないだろう、一気に三日で氷河期襲来!!まさか(笑)しかも冷気がまるで生き物のように人を襲い、ギャグ漫画のようにカキーンと一気に凍っていきます。ローランド・エメリッヒって世界最高の中2病患者なんじゃないかしら。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-09 12:36:12)
329.秋葉原に氷がふり、ハリケーンで世界が氷河期寸前になる映像はなかなな見ものでしたが、なぜ恋愛を織り交ぜてくるのか不明でした。狼やヒグマも逃亡させればもっと面白い内容のパニック映画になったはずです。
SATさん [地上波(字幕)] 5点(2013-02-20 08:03:32)
328.《ネタバレ》 2006年ころまったくなんの期待もせずにみたんですが、まあ・・・そんな感じです。
世界が凍りついていくシーンはそれなりに迫力がありますが、それで・・・・?
とりのこされちゃった子供たちの奮闘もいいんですが、そんで助かっちゃうのなら科学者とか大人の立場は…。
しかしこういうパニック映画、今なら全然見方が違うだろうなあ…。
ぺーこさん [DVD(字幕)] 4点(2012-03-11 16:49:45)
327.《ネタバレ》 面白かったけど、凍りつく場面があんなパニック映画のようにやってくるのだろうか?
狼アクションはいらなかったのではないのか?
そんなに変化が急なものだろうか?
日本が中国っぽい・・・あんなサラリーマンはいない。
などの疑問も残りますが、エンターテイメントとして見れば
なかなか良くできているのではないでしょうか。
ヒロインもなかなか美人です。(仮レビュー)
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 6点(2011-10-19 23:58:32)
326.環境問題をテーマに含んだパニック映画。
ちゃんと状況設定の説明はあるのに、ピンとこないというか、あまり心に響いてこない。
結局人間ドラマとしての底が浅いので、こちらの印象も薄くなっちゃうんだろうな。
もちろん映像は凄いんだけど、見応えのある重厚なドラマの中に、
さりげなくテーマを入れたほうが、より鑑賞者の心に訴えることができると思うんだけどね。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-23 14:12:24)
325.《ネタバレ》 人類が想定しうる規模をはるかに超える自然災害…。人類の想定なんて、ほんとに浅はかで楽観的で、でも、そうとは気づかずに生活しているという事実を見せつけられた気がした。想定外のことが、突然、何の前触れもなく起こってしまう。街が水没していく映像で、涙が止まらなかった。
おおるいこるいさん [DVD(字幕)] 7点(2011-06-22 16:44:54)(良:1票)
324.《ネタバレ》 あまり評判が良くなかったような記憶があったのですが、2012を見て終盤
の煮え切らない感じでモヤモヤしてた時に丁度やってたので録画して後日鑑賞しました。パニックものは結構見ていますが、寒波によって人類が存亡の危機にさらされるというのが他の作品にはない緊迫感があって面白かったです。父親が息子を助けに行くのが無茶過ぎる気はしますが、似たようなシチュエーションのバーティカルリミッドが
あまりにも酷かった思い出があったのでそれと比べたらそんなに気にはならなかったです。
映画大好きっ子さん [ビデオ(吹替)] 8点(2010-09-22 21:43:03)
323.いろんなとこに矛盾がある映画ではあった。でも、これを見て、環境の知識があまりない人が「地球ヤバい。超ヤバいよ」と思って、少しだけでも地球にいいことをし始めたら、それは興業収入では測れない効果があるということだから、この映画に意味はあったんだと思う。
コダマさん [地上波(吹替)] 5点(2010-09-11 23:43:34)
322.《ネタバレ》 パニック映画ということでいまさらながら初鑑賞。ロスとかひどいことになって、さらにはNY、北半球全体も・・・・・、という展開なんだけど登場人物に全然危機感が感じられない。なんかあんまりパニくってないし。だんだんいらいらしてくるとご都合主義の部分に目がいく悪循環。携帯電話やら公衆電話やらラジオやら都合良く通じるし。
なんか外の寒さがどれぐらいなのかもよくわからなかった。主人公が助けに行くときもテントの中では薄着っぽかったし、風をまともに受けるところにテント張ってるし。そんなことは気にしては駄目なんだろうけど、そういうところばかりに目が行った映画でした。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 1点(2010-05-31 23:28:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415161718
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 341人
平均点数 5.69点
010.29%
192.64%
2102.93%
3205.87%
43510.26%
56017.60%
69026.39%
77120.82%
83510.26%
972.05%
1030.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.65点 Review26人
2 ストーリー評価 4.57点 Review52人
3 鑑賞後の後味 5.46点 Review47人
4 音楽評価 5.26点 Review34人
5 感泣評価 3.29点 Review37人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS