ライアーゲーム ザ・ファイナルステージのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
 > (レビュー・クチコミ)

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

[ライアーゲームザファイナルステージ]
2009年【日】 上映時間:133分
平均点:6.04 / 10(Review 45人) (点数分布表示)
公開開始日(2010-03-06)
ドラマサスペンスシリーズものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2010-02-27)【ドラりん】さん
タイトル情報更新(2015-07-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督松山博昭
キャスト戸田恵梨香(女優)神崎直
松田翔太(男優)秋山深一
田辺誠一(男優)仙道アラタ
濱田マリ(女優)坂巻マイ
荒川良々(男優)西田二郎
和田聰宏(男優)江藤光一
吉瀬美智子(女優)エリー
関めぐみ(女優)武田ユキナ
渡辺いっけい(男優)谷村光男
鈴木一真(男優)ヨコヤノリヒコ
松村雄基(男優)五十嵐衛
永山絢斗(男優)久慈サトシ
音楽中田ヤスタカ
製作亀山千広
島谷能成
石原隆〔製作〕(製作総括)
東宝
集英社
フジテレビ
鳥嶋和彦
配給東宝
録音武進
あらすじ
ライアーゲームの最終ステージ「エデンの園ゲーム」。お互いを信じあうことが出来れば必ず全員が儲かるこのゲームだが、さて、プレイヤーたちは信じあうことが出来るのか?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
45.《ネタバレ》 金、銀、赤のリンゴにそれぞれ焼印を押して投票し、勝ちを競うゲーム。全員が信頼し合い協力して赤を投票すれば全員に賞金が転がりこむが、利己心と不信感から必ず裏切り者が出る。論理パズル的なおもしろさはあるが、ドラマに感情移入するような面白さはない。論理パズルも単発なら集中できてクイズ的に楽しめるのだが、2時間を越える映画だと、複雑な独自ルールを頭の中で整理するのが面倒臭くなってくる。Xの正体も段々どうでもよくなってくるし、どんでん返しの連続パターンも長時間だと飽きてくる。リンゴを燃やしたり、隠し持ったり、色を変えたり、そんなのアリ?ってところもある。
だから、謎解きをされたところで、スコンと気持ちよく落ちてはこない。最後に急に皆が改心したように良い人になって赤が揃うのも、都合がよすぎて笑ってしまう。正直者が報われるハッピーエンドは好きなパターンなんだけど、お花畑すぎて真面目に見たのがバカバカしくなる。
人気連続ドラマの映画化は、成功例がほとんど浮かばない。映画にする必要が感じられないからだが、これもその例に漏れず。
飛鳥さん [地上波(邦画)] 3点(2015-06-14 00:57:30)
44.撮影のほとんどが部屋の中、俳優も松田以外はギャラ安そうなメンバでかつ必要最小限。エキストラもほとんど使ってないよね。よっぽど予算がなかったのでしょう。その割にはなかなか楽しめました。つっこみどころはたくさんありますが、そんな肩肘はらずに気楽に観る作品なのでまあいいかなと。それにしても田辺誠一ってほんとにヘタクソですね。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 6点(2014-10-17 21:10:55)
43.《ネタバレ》 TVドラマから見ていたが、結論から言うとTVドラマの延長から来た映画では出色の出来である。TVドラマの時もゲームの内容により面白さが加減したのだが、今回のエデンの園ゲームは抜群に面白かった。最近の映画だと登場人物のキャラクターを膨らませるために、あまり意味のない回想シーンとかを入れるのが常だが、この映画の場合はそういうものは一切なし、単にゲームを通してだけキャラクターを作るところに臨場感がって良い。下手な脚本家がドンデン返しの応酬だと話が行ったり来たりになるが、この映画のストーリーはドンデン返しの応酬では話がどんどんと進んでいく。原作未読だが恐らく原作が素晴らしいのだろう。TV局が映画を作る場合、クズみたいなオリジナル脚本で作らずに、良い原作を選ぶべきだな。
rosebudさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-05-02 16:27:58)
42.テレビも原作も見てないし、コレも初めて観た時はは途中(というよりかなり後半)から見たので
全く意味が分からなかったけど、松田翔太のあの演技は大爆笑!
改めて最初から観たけど松田翔太のモノマネの練習をして見終わる感じ。
何あの演技!凄い!もう誰でもモノマネできるじゃん!大爆笑
Peccoさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-02-02 00:00:02)
41.《ネタバレ》 まず たぶんそんなにお金かかってなさそうな映画  熱演じゃなくおおげさであざとい演出  だからどうしたの?的なリンゴ投票ゲーム  裏ルールみたいなのがいっぱいあって訳わかんない  やたら「億」単位の数字が飛び交うけど そんなに気安く言って欲しくない(ありがたみがなくなる)  最後はみんないい人になってるのも、どうなんだかなぁ~  原作やテレビドラマを知ってたら楽しめたんでしょうが  正直途中で飽きてきましたね   やはりテレビドラマはテレビでした方がいいのでは?  無駄に長いのもマイナスデス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2012-04-26 08:15:39)(良:1票)
40.《ネタバレ》 リンゴの投票にまつわるゲームですが、ローカルルールだらけで把握するのに大変です。しかもリンゴを”隠し持つ”とか、13回戦もあるとか、複雑で長く、一回一回の緊迫感はあっても、ちょっとツッコミどころが多すぎちゃいましたね。『バカ正直』が主人公で、映画だとこんなエンディングが妥当なんでしょうけど、ちょいとションベンくさい印象ですね。それならそもそもこんな映画をつくる必要すらないのでは?
ろにまささん [地上波(邦画)] 3点(2012-03-17 11:04:47)(良:1票)
39.演出が良くて思ったより観れました。テレビで観るなら十分楽しめます。
アフロさん [地上波(邦画)] 6点(2012-03-09 16:59:18)
38.テレビシリーズを鑑賞せずに本編をみましたが、人間の騙しあいを基本に進めていく内容とは知らずに本編は進みましたが、映画なのにセットがしょぼすぎですね、観客を魅了する演出が欲しかったです。
SATさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2012-03-05 15:45:11)
37.すごくアートディレクションされていて、よかった。リンゴ投票のシーンを再現した、CGでいろんな人の顔がめまぐるしく変わるのとか、雰囲気作りが素敵でした。まぁドラマの延長でしかないので、ストーリーのカタルシスはないです。一億に対する価値観がリアリティに欠けるのがその原因かと。
コダマさん [地上波(邦画)] 6点(2012-03-05 01:02:51)(良:1票)
36.《ネタバレ》 テレビドラマの延長線という作りでしたが、ベタで独特な編集構成や役者達の薄~い演技など、悪く言えば陳腐で失笑ものなんだけどよく言えばそれを貫き通していて、新鮮で楽しかったです。特に松田翔太はかなりハマり役でしたね。ストーリーは、「囚人のジレンマ」をベースに、このゲーム場独特の欠陥で話を広げていっているだけなんですが、投票結果が予期せぬものとなった時のみんなの反応や、なんでも推理しどんでんを喰らわせるクールな秋山、そしていつも人を信じ続ける神崎直といった、いわゆる漫画的なキャラが見ていて面白いので最後まで飽きずに観る事が出来ました。ただ、あれだけ裏切り続けてきた面々がラストで急にいい人になってみんなで赤リンゴを入れるというのはどうなのかなと。そんな人たちなら、最初からみんなで赤リンゴ入れてるんちゃうん、て思っちゃったのも事実です。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 6点(2012-03-04 14:40:28)
35.あくまでテレビシリーズの延長線上の映画。「映画」として観てはいけない。TVドラマ感覚でみるべし。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-08-31 01:21:21)
34.普通にやれば13億なのに!?┐(´ー`)┌
poppoさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2011-08-27 10:58:43)
33.ゲームの顛末はなかなかよくできてるし面白いんだけど、それ以外のドラマの部分がつらい、なんか全体的にくどい。
紫電さん [DVD(邦画)] 5点(2011-08-23 21:37:56)
32.《ネタバレ》 ラスト、見事に真実の赤林檎が揃いました。それも1人を救うため全員がマイナス覚悟で赤林檎を投じている。感動も一入です。でも自分はここで逆に醒めてしまいました。いくらなんでもそれは無い。ファンタジーが過ぎます。そんなお人好しが集まっているのなら、ハナからこんなゲームは成立しない。もちろん、これまでの投票結果を通じて、プレイヤーは騙し合うことの不毛さを学んだのかもしれない。でも、1億円はオッサン一人を救うために諦められる額じゃない。1億円。それは庶民の生死を左右する額。倫理観の針が捻じ曲がる値。わが身を犠牲にしてまで他者を救いたいと願う神崎の心根は尊いけれど、それを他のプレイヤーにも求めるのは間違っています。彼女の主張からは、“みんな仲良く貧乏暮らしの共産主義”あるいは“手をつないで一緒にゴールする幼稚園の徒競走”のような、似非平等主義の臭いがする。赤林檎の教訓ってそうじゃないはず。“幸せは誰かの不幸のもとに成り立つものではない”そこに気づけたのなら、安易に自らの利益を損なう選択をしてはいけない。その場はよくても、無理は後から必ずたたる。赤林檎は、みんなが幸せになるために揃えられてこそ価値があると思うのです。神崎がどうしても仙道を救いたいのなら、ゲーム終了後に自らの才覚で彼を助ければいいのです。カネの事をマネーと言い換えていることからも判るように、『ライアーゲーム』は騙しあいの駆け引きを、ゲームと割り切って楽しむ趣向。そもそも倫理観を問うものではありません。ですから“流して”観る分には面白いのですが、事の是非を考えてしまうと駄目なんですね。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 6点(2011-08-16 21:27:19)(良:2票)
31.ドラマのほうが面白かったがそれなりには楽しめる。
akilaさん [地上波(邦画)] 6点(2011-06-19 13:41:44)
30.謎解きの連続でよく練られたシナリオであるが、映画である必然性は少ない。最後の海岸の場面がよい。
エンボさん [DVD(邦画)] 6点(2011-04-30 18:57:45)
29.まず映画としての出来は別にして、テレビの連続ドラマが劇場公開映画で完結するという手法はテレビ視聴者に対して失礼だと思う。
 まあ、普通に楽しめたけれど、そのテイストはテレビドラマとなんら変わることがなく、まさしく新しいビジネス手法として、映画にしてみました って感じだね
 そんな不満もありマイナス1点で
フラミンゴさん [地上波(邦画)] 4点(2011-04-04 04:06:22)
28.これは面白いです。
テレビシリーズも全部見ていましたが、その完結編にふさわしい素晴らしい出来だったと思います。
とにかくよく練られている。これだけの事を考えるのはすごい!!
どんでん返しに次ぐどんでん返しですが、本当に計算されつくしているので、くどく感じません。
3回見ましたが、初見の時に「あれ?おかしくない?」と思ったところも、3回目には納得。自分の考えが足りなかったのだと気づきます。見れば見るほど筋が通っていることがわかってくる。ただ、ひとつだけ、今でもおかしいと思っていることがあるんですが・・・。これも、もっと考えれば納得できるかな??
とにかくワクワクドキドキで、最後まで引き込まれます。理屈好きな人には特にオススメ!!
コウモリさん [DVD(邦画)] 8点(2011-03-31 00:18:38)
27.かなり良かったですね。
今までどれだけの漫画が映画化されたかわかりませんが、
その大多数がダイジェスト仕上がりか、世界観すら崩壊させている内容の作品が多い中、よくぞここまで映画オリジナル脚本で、原作の世界観を壊さずストーリーを盛り上げた。
映画単体では、さすがに楽しめないかもしれないけど、漫画の映画化というジャンルでは新たな可能性を見出したように思います。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 9点(2011-03-28 13:10:54)
26.《ネタバレ》 結果が出るところが面白くてどんどん見れましたが、だんだん何でもありな感じになったので盛り下がってしまいました。
ドラマを見ていないのでよく分からないところが多かったです。
さわきさん [ビデオ(邦画)] 5点(2011-03-28 12:16:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 45人
平均点数 6.04点
000.00%
124.44%
212.22%
324.44%
448.89%
5511.11%
61328.89%
7613.33%
8817.78%
936.67%
1012.22%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review5人
4 音楽評価 8.25点 Review4人
5 感泣評価 4.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS