みんなのコミックレビュー Menu

キングダム

連載開始2006年
コミック数38冊
連載中
平均点:9.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションドラマ戦争もの歴史もの実話もの
[キングダム]
新規登録(2015-06-15)【シネマレビュー管理人】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者原泰久
掲載誌週刊ヤングジャンプ
出版社集英社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 この間アメトーークで「キングダム芸人」をやっていたのがきっかけで
レビューします。

この漫画を読む前は三国志の架空版みたいなイメージだったのですが
むしろ三国志より前で秦の始皇帝あたりの話です。

史実をベースに独自のアレンジが加えられています。

三国志は小学生の時、図書館で全巻読んでいて
ゲームも好きだったので、

三国志の方が良いだろうなぁって思っていたのですが
圧倒的に面白いです。

圧巻なのは戦争シーンで、数万人対数万人の迫力や戦略性は
非常に迫力があり、ここまで多人数が参加する戦争漫画って
読んだことがないです(三国志あったのかなぁ。。→覚えてない)

さらに、徐々に信頼を得ていく過程も丁寧に描かれていて
これが初連載とは思えないできです。

同じパターンで中だるみしてもおかしくないのですが
それがまったくないのがすばらしいです。

しかも、「中国統一」するという壮大なネタバレをやってるにも関わらず
緊張感が続くのがすごい。

今連載中の漫画で一番楽しみにしている漫画です。

ちなみに飛行機で3巻ぐらいを見てた時に
壁が信をかばった下りで号泣しました(飛行機はあかん)

↓ここからがっつりネタバレ
------
2015/12/10 感想

非常に熱い回でした。
渕さんの存在意義を知り合いと話し合ってた矢先に
渕さんに泣かされるとは。

ずっと劣勢だった飛信隊の逆転劇がここから見られるのか?
シネマレビュー管理人さん 9点 [全巻 未読](2015-06-15 01:36:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 1人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
91100.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 タイトルマッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 感泣評価 9.00点 Review1人
5 爆笑評価 Review0人
6 作画力評価 8.00点 Review1人

Copyright(C) 1997-2017 JTNEWS