レイダース/失われたアーク《聖櫃》のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レイダース/失われたアーク《聖櫃》
 > (レビュー・クチコミ)

レイダース/失われたアーク《聖櫃》

[レイダースウシナワレタアーク]
Raiders of the Lost Ark
ビデオタイトル : インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》
1981年【米】 上映時間:115分
平均点:7.50 / 10(Review 272人) (点数分布表示)
公開開始日(1981-12-05)
アクションサスペンスアドベンチャーシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-09-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
助監督フランク・マーシャル(第二班監督[ノンクレジット])
ルイス・G・フリードマン(第二班助監督)
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)インディアナ・ジョーンズ博士
カレン・アレン(女優)マリオン・レイヴンウッド
ジョン・リス=デイヴィス(男優)サラー
ロナルド・レイシー(男優)トート
デンホルム・エリオット(男優)マーカス・ブロディ
アルフレッド・モリーナ(男優)サピト
アンソニー・ヒギンズ(男優)ゴブラー
ウィリアム・フットキンズ(男優)イートン
フランク・マーシャル(男優)パイロット
ロッキー・テイラー(男優)ドイツ人兵士(ノンクレジット)
ポール・フリーマン〔男優・1943年生〕(男優)ルネ・ベロック
村井国夫インディアナ・ジョーンズ博士(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD、日本テレビ】)
土井美加マリオン・レイヴンウッド(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD、BD別音源】)
石田太郎ベロック(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
樋浦勉トート(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
小林修サラー(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD、日本テレビ】)
千田光男ディートリッヒ(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
中村正[声優]マーカス・ブロディ(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
池田勝イートン(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
秋元羊介サティポ(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
嶋俊介マスグローブ(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
大塚明夫(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
津田英三(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
丸山詠二(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
竹口安芸子(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
内田直哉インディアナ・ジョーンズ博士(日本語吹き替え版【BD別音源】)
有本欽隆マーカス・ブロディ(日本語吹き替え版【BD別音源】)
石田圭祐ベロック(日本語吹き替え版【BD別音源】)
横島亘トート(日本語吹き替え版【BD別音源】)
島香裕イートン(日本語吹き替え版【BD別音源】)
戸田恵子マリオン・レイヴンウッド(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
田口計ベロック(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
内海賢二トート(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
阪脩ディートリッヒ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
北村弘一マスグローブ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
野島昭生サティポ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
今西正男イートン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宮川洋一マーカス・ブロディ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
麦人(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
藤城裕士(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
千葉順二(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
巴菁子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
堀内賢雄(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
堀越真己(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ジョージ・ルーカス(原案)
フィリップ・カウフマン(原案)
脚本ローレンス・カスダン
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
ライオネル・ニューマン(音楽スーパーバイザー〔ノンクレジット〕)
ケネス・ワンバーグ(音楽編集)
編曲ハーバート・W・スペンサー
撮影ダグラス・スローカム
ポール・ビーソン(追加撮影)
製作フランク・マーシャル
パラマウント・ピクチャーズ
ロバート・ワッツ〔製作〕(製作補)
製作総指揮ジョージ・ルーカス
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD別音源、日本テレビ】)
配給CIC
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
コンラッド・バフ(視覚編集効果スーパーバイザー)
ジョー・ジョンストン(視覚効果美術監督)
リチャード・エドランド(視覚効果スーパーバイザー)
キット・ウェスト(メカニカル効果スーパーバイザー)
ビル・ウォリントン
美術レスリー・ディリー
ノーマン・レイノルズ(プロダクション・デザイン)
マイケル・フォード〔美術〕(セット装飾)
衣装デボラ・ナドールマン
編集マイケル・カーン
ジョージ・ルーカス(ノンクレジット)
コリン・ウィルソン(編集アシスタント)
ブルース・グリーン[編集](編集助手)
録音ゲイリー・サマーズ
スティーブン・ハンター・フリック(音響効果)
ビル・ヴァーニー
スティーヴ・マスロウ
グレッグ・ランデイカー
ロイ・チャーマン
マーク・A・マンジーニ
ケヴィン・オコンネル[録音]
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD、日本テレビ】)
スタントヴィク・アームストロング
テリー・J・レナード〔スタント〕
その他ロバート・ワッツ〔製作〕(プロダクション・マネージャー〔ノンクレジット〕)
あらすじ
1930年代、第二次世界大戦勃発前。ナチスドイツは、兵器利用のため、伝説の<聖櫃(アーク)>を探し求めていた。対するアメリカは、考古学者インディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)に調査を依頼。<聖櫃>発掘のヒントとなる杖のメダルを手に入れようと、彼は恩師の娘だったマリオン(カレン・アレン)に会うが、ライバル学者ベロック(ポール・フリーマン)とナチスの影が、既にエジプトに忍び寄っていた。インディ・ジョーンズシリーズ第一作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
272.《ネタバレ》 スピルバーグはアドベンチャーやファンタジーより
絶対社会派映画のほうが面白い。
ラストにアクセントが無く、呪いの類で閉めてしまっている。よく云えば大衆娯楽。自分には刺激、スリル感が足らない。そもそもこのシリーズに求めるのに無理があるかもしれないが。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-04-12 20:19:37)
271.《ネタバレ》 おそらく初見は、TVかレンタルビデオだと思います、今でこそ普通ですが、シリーズなのにタイトルが異なる事もあるのだと初めて認識できた記念?すべき作品?。探検ものは面白いですよね。ドキドキワクワクします。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 7点(2018-01-31 13:30:11)
270.《ネタバレ》  当作品が、10/28(土)に地上波放送されたのを機に投稿します。

 日本での劇場公開当時、私は中学生でしたが、私の周囲では、オールスターキャストが売り物の【キャノンボール:同じく1981年】という映画が話題でした。これは私の中学だけでなく全国規模だったようで、実際、当時の日本では【レイダース~】よりもヒットしました。
 当作品がポピュラーになったのは、私が高校生になった1984年に【インディ・ジョーンズ魔宮の伝説】が大ヒットしてからだと思います。その興行収入は【レイダース~】を遥かに凌いでいました。この【魔宮の伝説】の影響力は絶大で、その証拠に【レイダース~】が初めて地上波放送された1985年の吹き替え版において、マリオンが主人公に対して初めて発した名前は、原版の「インディアナ・ジョーンズ」ではなく「インディー・ジョーンズ」でした(因みに、今回の地上波放送では「インディアナ・ジョーンズ」と言っていました)。

 以下、私の推測ですが…確かに当作品の日本公開当時、「ジョーズ(1975年)や未知との遭遇(1977年)のスピルバーグと、スターウォーズ(1977年)のルーカスが手を組んだ」と話題になりました。しかし、あくまで洋画ファンの間での限定的な話題に留まっていたように思います。幸い、翌1982年にスピルバーグ監督のE.T.が日本中で大ヒットをし、さらに翌1983年にスター・ウォーズが地上波放送され、スピルバーグとルーカスの名前が、洋画ファン以外の一般にも広く知れ渡ったところに、1984年の【魔宮の伝説】の日本公開…と、つながっていったのかも…と思ったりしています。

 さて、当作品の魅力は、他のレビュアーさん達がおっしゃってくれているので、私が書くまでもないと思いますが…ただ、私の中で【ナチス・ドイツ】とは、小学高学年で親に連れられて行った【アンネの日記展】のインパクトにより【恐ろしくも生々しい現実】であり続けています。そのため初見から現在に至るまで【ワクワクドキドキの冒険活劇の敵役】には落とし込めません。それに「場合によっては、日本軍が敵役になったかもしれず、そうしたら日本未公開だったかも…」とも思ってしまいます。このように、変に【第二次大戦】が頭をよぎってしまい、映画の世界に没入しきれないのが、歯がゆいです…。

 さて、採点ですが…本当は10点にしたいのですが、上記の歯がゆさを反映し9点とさせていただきます。なお、現在、日本では「ナチスって何ですか?」とおっしゃる若者の皆さんが増えているとか…ある意味、いい時代なのかもしれませんが、あくまで噂の類であれば…と願っております。
せんべいさん [映画館(字幕)] 9点(2017-11-01 21:38:25)
269.映画の中盤、傷心のインディアナが宿敵ベロックと対談する場面、ハリソン・フォードの大写しの横顔の、目のあたりに何やらチラチラ目障りなものが。要するに、向こうの方にシーリング・ファンがあって、それが横顔と重なってチラチラ見えてるんですな。このシーン、どうしてこんな不細工な撮影をしてしまったのか。何とも残念なのですが。
でももしかして、こういうのも、テキパキサッサと撮影しまくった名残なのかしらん。どこか粗削りで、でも工夫に満ちてて、それが作品のスピード感に繋がってます。演出上の誇張や省略の数々も、実に小気味よくって、楽しいことこの上なし。
そして物語はもちろんドキドキハラハラの連続。冒険活劇に、戦争というハードな要素を加え、さらにはオカルト要素も絡めてきて、サービス満点とはこれのこと。
あらゆる危機に直面しながら、ヘビ以外は何も恐れないジョーンズ博士。間違いなく、映画史に残る名キャラクターでしょう。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2017-02-09 21:47:40)
268.《ネタバレ》 最後の最後でがっかりする人、自分以外にもいると思うが。終わり悪けりゃ、全て悪し・・・
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 3点(2016-10-09 08:55:14)
267.《ネタバレ》 スター・ウォーズと並んで、過去のものとして忘れ去られていた冒険活劇ジャンルをVFXの効果的な活用で蘇らせた意義は絶大。以降数多い類似作品が製作され、ロマンシング・ストーンやハムナプトラなどが登場した。
それでも、インディアナ・ジョーンズ教授の冒険シリーズが数多の作品と一線を画すのは、稀代のクリエイター2人の奇跡のコラボレーションだからか。当初予定ていたトム・セレックが先約のTVシリーズのためキャンセルされ、ハリソン・フォードがキャスティングされたのも奇跡だが、
最大の魅力は、VFXマジックで観客の想像を完全に覆すクライマックスだ。
奪い合いの末、宝は悪の手に渡る。しかしその中身は風化して只の砂と化していた…皮肉なラスト。それまでの作品ならこれが落ち、これで終わり。だが、発電機が不気味な唸りをあげ…ここから真のクライマックスが始まる。観客は神秘の宝が持つ戦慄すべき神の力の目撃者となるのだ。その余韻が冷めぬ間にもう一つのVFX画面、無数の箱が並ぶ広大な倉庫に神器が消える二度目の皮肉なラストだ…もう呆然とするのみ。

観客が見たいものを〝これでもか〟と見せ、更にもう1回クライマックスを用意する。007シリーズがスタンダードとしたが時代を経て陳腐化したスタイルを視覚効果の力で復活させ再定着させたのが、レイダースだった。
観客はもちろんだが、当時の映画人こそ大きな衝撃を受けたはず。間違いなく歴史をつくった作品。今なお同じスタイルでシリーズが継続しているのも奇跡である。
墨石亜乱さん [映画館(字幕)] 10点(2016-10-07 19:45:28)
266.子どもの頃見て以来、ひさしぶりに(30年ぶり・・)。
自分の子どもと一緒に見ていると、暴力シーンが気になる。
小学生が見るような映画じゃないね。見せてしまったことをちょっと後悔。

序盤の、宝さがしのシーン(玉がごろごろ)の印象ばかりが残っていて、
主人公はこんなにもたくさん人を殺していたんだなあとあらためて感じた。

また、聖書に関する知識も若干つくと、アメリカ人の怒れる神のイメージって、
こんなものなのかなって、逆に拍子抜け。

ユダヤの神の、不信心者に対する仕打ちって
この程度じゃないはずなので。
小原一馬さん [地上波(字幕)] 6点(2016-09-05 12:57:09)
265.子供の時は気にならなかったけど、今観るとジョーンズ博士、人殺し過ぎだなぁ。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-06-06 21:53:50)
264.アドベンチャー映画なのにワクワク感の乏しさは相変わらず。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2016-05-07 22:22:56)
263.冒険活劇、の典型的な映画。
公開当時にかなり話題になったような気がする。その後何度か観ているが、多少色褪せて見えるのは、似たような作品が多数登場しているからか。
原点としての意義は大きい。ただし、これから先もずっと観る、とかはないかも。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-05-04 15:31:37)
262.このシリーズを見るのは一体いつ以来だろう?何度も見ている。でも、何度見ても面白い。
アクション、アドベンチャー、ロマンス、サスペンスに
ユーモアの挿入に作品のスピード感に高揚感が増すテーマ曲まで申し分無し。
映画のお楽しみがいっぱい詰まっている。
最後はどうなるか分かっているけどやっぱり面白い。初見ならもっと楽しめる冒険活劇の傑作ですね。
鑑賞後は「面白かったなあ!」という感想が素直に出てくる。そしてこういう映画はそれだけでも十分だと思うのです。
とらやさん [CS・衛星(吹替)] 9点(2016-05-03 23:53:09)
261.クライマックスは5~6回体験しているのですが、全編を通して観たのは初めてです。本作と比べ「魔宮の伝説」がより娯楽向けなどと聞きますが、良い意味で違いは感じませんでした。若々しく表情豊かなハリソン・フォードが魅力的ですし、人物同士の掛け合いも楽しい。アクションは言うまでもなし。そしてキーアイテム「聖櫃」の存在感が大きい。何が起こっても不思議でない雰囲気がとても良いです。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 8点(2016-03-19 18:41:21)
260.娯楽映画の王道を行く作品ですね。冒険ありオカルトあり。子供心をくすぐる要素がてんこ盛り。すっかり大人になってしまった今見ても面白いと思います。4部作の他作品との比較で言えば、最もバランスがいいという印象。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 7点(2016-02-15 16:01:09)
259.《ネタバレ》 昔は面白かったんですけどねー。。大人になって再鑑賞して感じるのはとにかく「根拠のない自信と度胸」はシラけるということです。主人公のみに許される禁じ手を中心に話が進んでゆきますので、この部分を楽しめるかどうかが鍵です。インディジョーンズシリーズ、リーサルウェポンシリーズ、ジャッキーチェンシリーズが楽しかったのは子供のうちだけだったと痛感します。あれほど大好きだったインディシリーズが色褪せてしまった瞬間でした。

辛口でしたが冒険活劇としてはツボを押さえた名作なのでどなたでも楽しめる映画なのは間違いありません。特に序盤の玉コロコロ付近は素晴らしい仕上がりです。しかしどうもその後の流れが微妙に退屈しました。大人になるとこんなにも歪んでしまうのかと、、少しだけ自己嫌悪を感じる私くしでした。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 6点(2015-09-08 02:05:00)
258.《ネタバレ》 私の小さい頃、冒険活劇といえば本作を含めたインディジョーンズシリーズとグーニーズという気がしています。もちろん他にもたくさん楽しい冒険活劇はあったのでしょうがσ(^_^;)

そんな本作、愛と勇気とロマンとユーモアとほんの少しのホラーで出来上がっておりますm(_ _)m

細かいことは抜きにして、何にも考えずにアークご開帳の場面見たときはぶっ飛びましたσ(^_^;)あれは小学校の頃、テレビで鑑賞でしたね。

今観ても面白いです。やはり私の世代は基本的にはハンソロ船長が大好きなのではないかと(≧∇≦)ハリソンフォード、若いなあ。
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2015-08-28 21:51:17)
257.これは面白い。シリーズすべて観たあとでも、やはり一番はこれです。序盤のシーンだけで一つの映画としてもいいくらいの完成度です。アークの神秘性、謎解きなどの説明からワクワク感が高ぶり、その謎を一つ一つエピソードを交えながらの展開など、無駄が一切ありません。「連続活劇」という言葉をこの映画で知りました。(もともとはもっと古い時代からあった言葉ですが)部類としては「アクション映画」となるのでしょうが、肉体アクションではなく、知性派アクションという感じが強いです。偶然性・以外性が主人公のキャラを際立たせているという形が私にとっては新鮮でした。
金田一耕助さん [地上波(吹替)] 10点(2014-12-28 08:43:28)(良:1票)
256.当時はワクワクして観たものだ。ハリソン・フォードが小汚カッコいい!
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2014-12-04 20:53:02)
255.全然面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-21 01:30:09)
254.《ネタバレ》 これは見ておくべきと人に薦められて鑑賞。
よくできた遊園地のアトラクションのようだった。
巧妙な仕掛けが次から次へと続き、アドベンチャーゲームを追体験しているような感覚。
ただ、アトラクションは結局アトラクション。
どれだけの仕掛けがあっても終わって「あー、おもしろかった」ってなるんでしょっていうのが頭にあって、主人公がヒロインと共に聖櫃を取り戻す展開が見えてしまう。
安心感の上でのジェットコースターストーリー。
ハラハラさせるのが肝の映画だが、その安心感のため本当の意味でのハラハラ感がないのは仕方ないか。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 6点(2014-09-17 21:47:47)
253.《ネタバレ》 往年の西部劇、ファンタジー、ホラー映画をオマージュして練り上げ現代に蘇らせた「インディ・ジョーンズ」シリーズ。

スピルバーグが「007みたいなノリの西部劇」を創りたくなり、
「スターウォーズ」のジョージ・ルーカス監督がノリノリで制作している辺りもうお分かりであろう。

主人公インディアナ・ジョーンズが危険を犯して宝物を手に入れていくストーリーは子供の頃からハラハラドキドキで楽しんで見ていたが、ドギツイくらいのB級ホラー要素には心臓バクバクでどう回避しようかアレコレ悩んだものだ。

命懸けでロマンを追い続ける主人公はいつも心強い。
鞭でターザンしたり、
空中から絨毯で雪山にダイブしたり、
ヤクの幻覚作用から火傷で目覚めたり、
大荒れの海から浮き輪一つで生還したり、
崖から戦車と一緒に落ちてケロッと生きてたり、
核実験場を冷蔵庫に入って生還したりと、アンタ何処のレプリカントだコラ。
やっぱり聖杯飲んだ人は違うね。

これ以外にもツッコミ所満載で、それを超A級のスリリングなアクションでフルカバーしている。
そしてドンデン返しの「お約束」。

それらの要素が互いに支えあって、この至高の娯楽映画を完成せしめているのだろう。

シリーズ毎のテーマも面白い。
「レイダース」は失われた歴史と燃えるような恋、
「魔宮」は土着文化の風習、
「聖戦」は永遠の命と親子の絆、
「クリスタルスカル」は原点回帰と家族愛、そして裏切りがテーマ。

ジョーンズを巡る友情、恋愛、野望の渦もシリーズさながらの厚みがある。

4作目からCGがふんだんに使われるが、CGじゃないと出来ないような映像も堪能できる。

考えるのでなく、純粋な気持ちで「楽しむ」。
それがこの映画の真髄なんだろうね~。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-18 07:49:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 272人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
362.21%
4103.68%
52810.29%
63813.97%
74115.07%
86022.06%
94416.18%
104516.54%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.54点 Review22人
2 ストーリー評価 7.55点 Review27人
3 鑑賞後の後味 7.59点 Review27人
4 音楽評価 8.26点 Review30人
5 感泣評価 4.64点 Review17人
chart

【アカデミー賞 情報】

1981年 54回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞スティーヴン・スピルバーグ候補(ノミネート) 
撮影賞ダグラス・スローカム候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 
視覚効果賞リチャード・エドランド受賞 
視覚効果賞キット・ウェスト受賞 
視覚効果賞ジョー・ジョンストン受賞 
音響賞ビル・ヴァーニー受賞 
音響賞スティーヴ・マスロウ受賞 
音響賞グレッグ・ランデイカー受賞 
音響賞ロイ・チャーマン受賞 
美術賞ノーマン・レイノルズ受賞 
美術賞レスリー・ディリー受賞 
美術賞マイケル・フォード〔美術〕受賞 
編集賞マイケル・カーン受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1981年 39回
監督賞スティーヴン・スピルバーグ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS