スチュアート・リトルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スチュアート・リトル
 > (レビュー・クチコミ)

スチュアート・リトル

[スチュアートリトル]
Stuart Little
1999年【米】 上映時間:84分
平均点:5.82 / 10(Review 114人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-07-15)
コメディファンタジーシリーズものファミリー動物もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロブ・ミンコフ
キャストジョナサン・リップニッキー(男優)ジョージ・リトル
ジーナ・デイビス(女優)ミセス・リトル
ブライアン・ドイル=マーレイ(男優)
マイケル・J・フォックススチュアート・リトル
ジェニファー・ティリーミセス・スタウト
スティーヴ・ザーンモンティー
ネイサン・レインスノーベル
藤原竜也スチュアート・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
恵俊彰スノーベル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石塚英彦モンティー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大谷育江ジョージ・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅ミセス・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小川真司〔声優・男優〕ミスター・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内海賢二スモーキー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
堀越真己キーパーさん(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
銀河万丈クレンショー・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小宮和枝ティナ・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
雨蘭咲木子べラトリス・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
納谷六朗ストレッチ・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
緒方賢一エドガー・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
京田尚子エステル・リトル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
瀧本富士子アントン・バート(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
亀山助清ラッキー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
立木文彦レッド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
富田耕生ミスター・スカウト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤田淑子ミセス・スカウト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塚田正昭医者(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
岩崎ひろしおもちゃ屋(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
稲葉実レースのアナウンサー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
渡部猛シャーマン刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
三ツ矢雄二スチュアート・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内田直哉スノーベル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
桐本琢也モンティ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
亀井芳子ジョージ・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木優子ミセス・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚芳忠ミスター・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田勝スモーキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
廣田行生シャーマン刑事(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
斎藤志郎クレンショー・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
安達忍べラトリス・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家中宏ストレッチ・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
上田敏也エドガー・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
滝沢ロコエステル・リトル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石住昭彦レッド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村松康雄ミスター・スカウト/医者(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
渡辺美佐〔声優〕ミセス・スカウト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田原アルノおもちゃ屋/レースのアナウンサー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作E・B・ホワイト
脚本M・ナイト・シャマラン
音楽アラン・シルヴェストリ
撮影ギレルモ・ナヴァロ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ビル・ウエステンホーファー(視覚効果スーパー・バイザー)
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
孤児院で唯一の孤ネズミとして暮らしていたスチュアート。 心優しいリトル夫妻に引き取られ、幸せいっぱいのスチュアートだったが…。 家族愛、兄弟愛、隣人愛、種族を超えた愛。 たくさんの愛があふれる、現代のおとぎ話。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
114.《ネタバレ》 序盤で丁寧に家族としての絆を深めて行く過程を描いていたので、離れ離れになってしまう後半が盛り上がったね。
スチュアートのキャラも好感が持てたし、偽者のお父さんとお母さんもいい人だったし、スノーベルもいい奴で良かった。
スノーベルがペットという扱いだったのが腑に落ちなかったけど、最終的にはみんな家族になれたような気がするので心地好かった。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2016-04-29 18:49:07)
113.《ネタバレ》  あまりの不思議設定にはじめの方こそ戸惑いますが、見ているうちに違和感がなくなるものですね。いつの間にか『ペット』ではなくあくまで『養子』のスチュアートという設定を受け入れています。それでもジーナ・デイビス演じるお母さんが、スチュアートの洗濯物を見て涙するシーンはちょっと無理を感じましたが。
 また、ペットではなく養子としてスチュアートを受け入れた場合、じゃあなぜスノーベルはペット扱いなのか、その辺りの線引きが気になって仕方ありませんでした。スノーベルの怒りはごもっともです。
 ストーリーそのものは、はっきり言って子供向けだと思います。ところがこれが面白いのです。大人の鑑賞に堪えうる面白さ。これはもう演出が上手なのでしょう。特に、ヨットレースあたりからはかなり面白くなります。
 スチュアートが模型に紛れたり、小さい体ならではのアイデア満載なプロットもさすがです。小さい頃に、『模型の世界で遊べたら』という誰もが一度は思いそうな想像を、こういう形で実現しちゃうってのは夢がありますよね。
 セントラルパークでスチュアートがロードスター?を運転しているときに、カーステレオがかかっているなんて小ざかしいけど素晴らしい。車から降りるときは、カーステレオから流れる曲も途切れます。そしてこのときの演出がホラーぽくてドキドキします。
 更には主演のスチュアートの性格の良さ。彼の人柄が、本作の魅力をさらに引き上げている気がします。
 ニセ夫婦に、セントラルパークでの攻防など、プチサスペンスにハラハラドキドキ。スノーベルが味方になってくれてからの逆転劇は爽快感抜群。
 誰もが楽しめる良作です。
 
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2016-01-25 23:55:19)
112.《ネタバレ》 あまりゴチャゴチャ言わずに観ちゃうのが正しい気がします。
ネズミが孤児院?ネズミが喋る?ネズミが家族?
まーだから映画なわけで。

『ネコがネズミのペット』だなんて認めたくない野良猫たちの気持ちもわかります。
子供向け・ファミリー向けの映画ってのも、なかなか創るのが難しそうですね。
ろにまささん [地上波(吹替)] 6点(2015-05-03 06:59:16)(良:1票)
111.全然面白くない映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-23 23:22:47)
110.スチュアート、可愛いよ、スチュアート。寂しそうな後ろ姿も良かった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2014-02-08 11:43:03)
109.《ネタバレ》 普通にネズミが孤児院で登場して、魔法とか実験の産物とか説明がありそうななのに、特に説明もなく強引に押し通すのが意外と良かった。凶悪な悪者も出てこないので、安心して子供と観れるのではないでしょうか?
ないとれいんさん [地上波(吹替)] 6点(2013-09-11 08:28:29)
108.《ネタバレ》 吹き替えなのでマイケルの声を聴けなかったのは残念。中途半端なSFで、動物と会話できるのは良いとして、全体的に設定が甘く、感情移入できない。ねずみだけが人間と会話できるのも最後まで府に落ちない。子供向けのファミリー作品なので、細かい突っ込みするのはどうかと思うが、大人が一人で観るには厳しい。猫と鼠も状況によっては仲良くできる可能性があるということでしょうか。確かに他動物同士が仲良く寝ているシーンや共棲しているシーンをTVで放送してたりしていますよね。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2013-08-25 01:57:49)
107.孤児院にいる孤鼠。しかも喋る。喋る鼠に何の疑問をもたない親や子供。このノリについていけない。
真尋さん [DVD(字幕)] 3点(2011-10-30 10:57:45)
106.構成として、ネズミの弟を受け入れられないジョージくんの成長物語も裏設定としてあると思っていたので、途中から「あれ、まだ続くの?」と思いながら、最後の方観てました。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-10 02:05:05)
105.《ネタバレ》 いや~やっとご縁があって本作を鑑賞致しました(「2」は約1年前に観てるのですが…) 感想 やっぱりいきなり無茶な設定は変わらないんだね(笑)おまけに下の人も仰せの通りあのシャマランが関わってるとは…知らなかった   マイケルJフォックスの声はいい でもやっぱり影の主役はスノーベルでしょ …って「2」のレビューとほとんどいっしょだ(苦笑)まぁあんまり細かいこというと、こういう作品は楽しめないからね 作画の緻密さも含めなかなか良かったとオモイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-07-07 12:05:53)(良:1票)
104.普通。これと言って特別な印象もなく、ファミリー向けの予定調和のアメリカンアニメでした。でも、ネズミの動きがスムーズでした。
mhiroさん [ビデオ(吹替)] 5点(2008-12-28 10:47:52)
103.《ネタバレ》 この脚本をナイト・シャラマンが書いたとは……(笑)普通に面白いファミリー・ムービー。家族で休日に観るには丁度いいかな。
民朗さん [映画館(字幕)] 5点(2008-08-05 01:25:06)
102.《ネタバレ》 設定にかなりの無理がありまして、ネズミとヒトの会話。ネズミとネコの会話。この二つがあるのに、ネコとヒトの会話がないのは如何なものかと。ネコはペットなのにネズミはファミリーとなんとも納得のいかない設定。それで最後まで突っ走ったのはさすが。個人的にはネズミに魅力を感じることなくネコに魅力を感じました。ネコ派です。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-08-11 20:55:52)
101.なんで孤児院にネズミが?最初から不条理度が高かったけど、そのまま押し切ってしまったところは見事です。あれこれ考えずに目一杯楽しめました。悪役の猫もかわいさ満点。世の中に本当に悪人はいない、そんなアメリカンドリームを感じました。こういう映画を見るとホッとします。バージニア工科大の銃乱射事件があったばかりなので、この映画を見ながらアメリカの両面を考えてしまいました。
omutさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2007-04-21 02:30:16)
100.《ネタバレ》 本来人間の子供が演じる役回りをネズミに置き換える。この力技を違和感なく観客に納得させているのは、ネズミというチョイスが絶妙だからだと思います。ネコやイヌではこうは行かない。世界観をファンタジーに逃げるのではなく、あくまで現実世界の中でコレをやっている。結構スゴイと思いました。(注:あらゆる動物が人間と会話するのであれば、完全なファンタジー。でも本作は、ネズミのみに例外を認めている。ですから本作の世界観は“現実”と考えます。)主人公をネズミにしたことでコメディの要素を生み、楽しい作品に仕上げています。その手際はお見事。ただ設定とは裏腹に描かれる物語はどこまでも現実感を欠きます。家族愛。偏見を失くすこと。美しいテーマは垣間見えます。しかし心を捉えません。実の子を亡くしたとき、ネコを亡くしたとき、スチュアートを亡くしたとき。あの一家は同じように泣くのだろうか。偏見を失くそうというメッセージもそう。偏見とは、壁の無いところに壁を立てるようなもの。本作では逆に、在るはずの壁を無いものとして扱っています。両方とも結局は同じこと。“違い”を誤魔化すのは偏見と同じくらい危ういことです。ただサラリと表面だけを楽しむには最適な作品だとは思います。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-04-05 19:56:28)(良:2票)
99.家族愛にあふれている。あそこまでネズミを人間扱いできのは尊敬する。
世間の命を大切にしないバカタレにも見習ってほしいね
甘口おすぎさん [地上波(吹替)] 6点(2007-03-18 21:02:14)
98.これぞファミリームービー!本当に素晴らしい作品です。素直な心と少しの勇気があれば人間も猫もネズミもみんな家族になれる・・そういうもんですよ。
人面猫さん [ビデオ(吹替)] 9点(2006-12-25 01:05:50)(笑:1票)
97.可愛い、その一言に尽きます。スチュアートも、猫たちも可愛いです!ファミリー映画好きにピッタリの作品ですね。
まるばなさん [地上波(字幕)] 7点(2006-10-24 16:47:15)
96.ネズミがよくできてますねぇ
ラスウェルさん [地上波(吹替)] 6点(2006-05-29 21:33:49)
95.これまた、いくらでも否定的にも肯定的にも語れる作品だが、あの一家の「家族観」はちょっと気色悪い。何故にいきなり「ネズミ」なのか?「ネズミ」じゃなきゃダメなのか?その辺の動機(?)みたいなものが希薄すぎ。

「種族を超えた愛」というご立派なテーマは分かるけど、「ネズミを家族として愛する」という精神が、どうにも絵空事的と言うか、動物にも簡単に拡大適用してしまうヒューマニズムがめちゃくちゃ薄っぺらく、かつウソ臭い。

食費や学費といった生活費がほとんど掛からないであろうネズミを養子に迎えたって、あの家族にとっては何の負担にもならないわけで、そういうのって果たして本当の愛や思いやりから出た「真の行動」と言えるのだろうか?家族としての愛情を育むことになるのだろうか?

本来ならまず人間の子供を養子にすべきなのに、金銭的な負担の無いネズミを養子にするのって、単にペットを飼う感覚と何がどう違うの?結局、無償の愛や思いやりから出た行動ではなくて、世間的な評価や自己満足が先にあるのでは?という邪な見方をしてしまうw。

また、そのネズミが小利口で、やたら物分りが良く、気持ち悪いほどに優等生的な性格なのも可愛げが無い。飼い猫とのやり取りや、オモチャの車でのカーチェイスは良かっただけに、基本的に綺麗事だけでまとめられているのが惜しい。
FSSさん [地上波(吹替)] 4点(2006-02-26 16:29:57)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 114人
平均点数 5.82点
000.00%
143.51%
221.75%
31210.53%
476.14%
51513.16%
63127.19%
72320.18%
81311.40%
943.51%
1032.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.75点 Review4人
2 ストーリー評価 6.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.40点 Review5人
4 音楽評価 5.66点 Review3人
5 感泣評価 5.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS