Menu
 >
 >
 > レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

(レッドクリフ Part II)
Red Cliff II/Red Cliff: Part II
(赤壁下:決戰天下/Chi bi xia: Jue zhan tian xia)
2009年【米・日・中・台湾・韓】 上映時間:144分
平均点: / 10(Review 83人) (点数分布表示)
アクションドラマアドベンチャー時代劇シリーズもの歴史もの小説の映画化
[レッドクリフパートツーミライヘノサイシュウケッセン]
新規登録(2009-01-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2012-11-17)【イニシャルK】さん
公開開始日(2009-04-10
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ウー
演出ディオン・ラム(スタント・スーパーバイザー / 武術指導)
コーリー・ユン(アクション監督)
キャストトニー・レオン(男優)周瑜
金城武(男優)孔明(諸葛孔明)
チャン・フォンイー(男優)曹操
チャン・チェン(男優)孫権
中村獅童(男優)甘興(特別出演)
リン・チーリン(女優)小喬
ヴィッキー・チャオ(女優)尚香
ホウ・ヨン〔男優〕(男優)魯粛
大塚明夫ナレーション
山寺宏一周瑜(日本語吹き替え版)
東地宏樹孔明(諸葛孔明)(日本語吹き替え版)
磯部勉曹操(日本語吹き替え版)
平田広明孫権(日本語吹き替え版)
朴璐美孫尚香(日本語吹き替え版)
中村獅童甘興(日本語吹き替え版)
宝亀克寿張飛(日本語吹き替え版)
楠大典関羽(日本語吹き替え版)
玄田哲章劉備(日本語吹き替え版)
大川透魯粛(日本語吹き替え版)
石田彰献帝(日本語吹き替え版)
岡寛恵小喬(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・ウー
音楽岩代太郎
作曲岩代太郎「久遠の河」
主題歌alan「久遠の河」
製作テレンス・チャン
ジョン・ウー
製作総指揮千葉龍平
松浦勝人
配給東宝東和
エイベックス・エンタテインメント
美術ティミー・イップ(プロダクション・デザイン)
衣装ティミー・イップ
編集アンジー・ラム
デヴィッド・ウー[編集]
字幕翻訳戸田奈津子
その他東宝東和(提供)(東宝東和創立80周年記念)
テレビ朝日(提供)(テレビ朝日開局50周年記念)
エイベックス・エンタテインメント(提供)(エイベックス・グループ創立20周年記念)
朝日放送(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
83.三国志の知識は皆無な状態での鑑賞ですが、本作冒頭には懇切丁寧な説明が付属しており、原作に対する理解どころかPART1の鑑賞すらしていなくても本編を理解可能という優しすぎる仕様となっています。洋画の興行成績低迷に老舗配給会社が対応できない中、多くの観客を取り込むための工夫をして驚異的な売り上げを叩き出した新参者・エイベックスの丁寧な仕事が光ります。
そんなエイベックスの頑張りとは裏腹に、肝心の映画は実に残念な仕上がり。憧れの小喬に茶をふるまわれただけでのぼせ上がり、軍隊の指揮が疎かになる曹操だったり、尚香に敵陣をスパイさせて疫病の蔓延を事前に知っていたにも関わらず、向こう岸から流された死体を引き上げて自陣営にも疫病を入れてしまう諸葛亮だったり、尚香と親しくなった瞬間に死亡フラグがぶっ刺さった後、誰もが予想したタイミングで死ぬ蹴鞠君だったり、「敵を欺くにはまず味方から」を実践しすぎて良い人なんだか悪い人なんだかよくわからなくなってきた劉備だったりと、とにかく全員ガッカリな行動が多くて萎えます。キャラクター劇として上々の仕上がりだったPART1に対して、本作は各キャラクターの動かし方が全然ダメです。
肝心の戦闘場面もイマイチです。曹操陣営の水軍を撃破した後、孫権陣営は曹操の陸軍との戦闘に入るのですが、そもそも人数の少ない孫権軍が、無数の矢が飛び交う古代のオマハビーチにロクな策もなく突っ込んでいってどんどん消耗していく様はバカにしか見えませんでした。両陣営の戦力差を考えると、数で圧倒する曹操軍が力押しで攻め、人材リソースを無駄にできない孫権軍が矢を使った効率的な攻撃を仕掛けるという動きとすべきところなのですが(そのために中盤で矢を調達したんでしょうが)、その逆をやってしまったがために戦闘場面全体から説得力が失われています。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2016-09-21 20:06:25)
82.やはり、戦闘シーンは迫力ある。
ただし、ちょっと冗長かも。そして、三国志はここからも続くんだろうな、という雰囲気あり。風景の壮大さはもっと楽しみたいと思う。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2015-06-06 22:39:01)
81.あまり良くない。
中国には陳凱歌や張芸謀のような映画を期待してしまう。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-08-22 23:36:10)
80.《ネタバレ》 デブ助あたりはなかなか良かったのですけどね。終盤で曹操と周瑜が対峙するあたりから、かなりの茶番に見えてしまうのが難かなあ。
もんでんどんさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2012-09-24 13:27:07)
79.《ネタバレ》 前作より面白い。
変に通好みにしないで、エンターテイメント性を追求したのは正解だろう。
あいかわらずツッコミどころは多いが、大衆映画なので分かりやすいほうが良い。
本戦が始まるまで長いが、矢のエピソードのように面白いエピソードが盛り込まれているので退屈せずに鑑賞できた。
やっぱり、孫権と周瑜の顔の判別が難しい(笑)
mhiroさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2012-09-16 22:40:55)
78.Part I が「さあいよいよ決戦」みたいな終わり方だったのに、いざPart IIが始まると、いやあ結構引っ張りましたねえ。Part Iのクライマックスの合戦も、何だか弱い者いじめみたいで感じ悪かったけど、Part IIも、散々引っ張った挙句、合戦が始まる頃には、何となくすでに決着がついてしまってるような印象で、やっぱりヤな感じでした。
鱗歌さん [地上波(吹替)] 4点(2011-06-06 21:03:20)
77.良かったよ。三国志、赤壁の場面を映像化しようとすると莫大な費用がかかることは容易に想像はついていたんで、制作されたことに感謝。映像的にはよくできている。でも、脚本がどうにもエンターテイメントに振られてしまって、原作からかなり乖離してしまっていることには失望。尚香のスパイのくだりは必要だったか。彼女使うなら劉備とのからみであるべきだったと思うし。チーリンはアジアンビューティーだねぇ。自分としては関羽や張飛趙雲の超人的な強さが見たかったで、 三国志映画化は難しいとは思うけど、光栄とスクウェアエニでCG目一杯で作って欲しい気がする。
タッチッチさん [DVD(吹替)] 7点(2011-06-01 17:18:08)
76.莫大な制作費がかかってる割に、安い香港映画を観た印象を受けました。
アフロさん [地上波(吹替)] 5点(2011-05-31 16:40:14)
75.三国志好きにはたまらない作品です。アクションももちろんよいのですが、各武将の心理描写もあって感動します。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 9点(2011-04-13 13:57:52)
74.《ネタバレ》 それなりに楽しめるのですが、画面に目が釘付けになる程では無い。何でだろうな~と鑑賞後に漠然と考えていたのですが、殆どワンサイドゲームな展開だからなのかなと思いました。基本的に周瑜と諸葛孔明に翻弄される曹操という図式からは外れないので、観ていてワクワクしなかったのかなと。曹操の成功した作戦と言えば疫病で死んだ死体を敵陣に流しただけ(しかも大して効果は無かったぽい)ですからねー。知将と知将の闘いが描き辛い事は重々承知していますが、出来ればチャレンジしてほしかったです。でも原作があるから無理ですかね。あと尚香がらみのシーンが余りにもお粗末なのですが……。ジョン・ウーってこんな陳腐な演出してましたっけ?
民朗さん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-18 20:08:27)
73.'11・1/25鑑賞。吹替え版で鑑賞したがストーリーは良く判るが原語との違和感はでる。盛り込みすぎで中途半端。戦闘シーンは兵士の人海戦術、用兵、騎馬、陣立て等面白く結構迫力あり。+1点。
ご自由さんさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2011-01-25 18:23:05)
72.レッドクリフ1のレビューにも書いたけれど、
三国志をモチーフにした別物として見れば、
そこそこ良い感じだと思います。
赤壁の醍醐味は詰まってる感じはしますし。
戦闘シーンも派手にドカーンと爽快です。
レッドクリフのオリジナルとなる部分、
小喬やら孫尚香の話とかは良かったかと。
どうでもいいけど、やっぱり小喬がべっぴんすぎて困る。
こころないてんしさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2011-01-24 00:59:50)
71.陸、水軍を駆使した迫力ある戦闘と戦いの中で繰り広げられる武将たちの駆け引きが秀逸で面白かった。ただ・・・活躍を期待していた劉備が悲しいくらい空気だったのが残念。
TAKIさん [DVD(字幕)] 8点(2010-09-18 14:20:51)
70.制作費100億円のパワーは半端じゃない。でも、どれだけお金をかけてもやりすぎると飽きてくるものだと感じた。長い。デブ助と友達のエピソードは良かったんじゃないかと思います。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-06-17 18:28:46)
69.友だちを騙すなんて、人としてどうかと思う。
何故、曹操を殺さなかったのかも意味不明。
団子も食い過ぎ。
もとやさん [DVD(吹替)] 4点(2010-04-24 23:05:38)
68.ともかく長い。戦闘シーンは確かに面白い。しかし、長すぎる。三国志の一部分だけあって、終わり方もいまいち。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-04-19 21:58:40)
67.映像を楽しむだけの、超~~大衆娯楽映画!..内容もメッセージ性もあったもんじゃない..演出は陳腐..史実とは違うし、脚色し放題..何でも有りの、典型的なハリウッド型、超~駄作!...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 2点(2010-03-29 12:58:17)
66.壮大なお話を壮大に描こうとしたのね、という以外に特に感想はありません。そうですか、って頷きました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2010-02-06 15:09:34)
65.《ネタバレ》 前作並のおもしろさ。
やはり、小喬の美しさは格別で、監督も撮りがいがあったに違いない。
孔明の活躍が一番の見所で、そこは大変楽しめた。

不満を言うなら、尚香が関わると相変わらず陳腐になること。
そして、合戦シーンの迫力が無いこと。
これは前作よりも顕著で、原因の一端に尚香のメルヘンシーンがあげられる。

何人かのひょうきん者役が無ければ、もっと面白かったに違いない!
タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-01-10 17:20:30)
64.《ネタバレ》 もしも、ジョン・ウーがミッドウェイ海戦の映画を作ったら、
南雲とフレッチャーが沈んでいく赤城の艦上で剣を持って戦い、敗れた南雲にフレッチャーが「西へ帰れ」と
 もし二百三高地の映画を作ったら、
乃木大将とステッセル将軍が陥落直後の旅順要塞で(以下省略)
と言いたくなるくらいお粗末なラストで、白けました。w
それ以外は、蔡瑁(王へんに冒)の偽手紙の話と孔明が矢を集める話を組み合わしたりとか、なかなか上手く話を作ってるなと思ったし、評判悪い、小喬の潜入と風が変わるまで時間稼ぎもリン・チーリンの美貌があまりに説得力があり杉で自分的にはOKでした。(ただ、曹操も純情な中学生じゃないんだからお茶入れてもらったくらいで喜んでるなよ、せめて帯解くくらいのサービスはあってもいいだろとは思いましたがw)
肝心な戦闘シーンも魏軍の船が一斉に燃えていくところとかイメージどおりで良かったし、あの時点まではもともと曹操びいきの自分でさえ、上手な作戦運びに呉軍ガンガレモードになってました。
 しかし迫力ある戦闘シーンのラストがあれではね……
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-01-10 11:26:54)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 83人
平均点数 5.95点
000.00%
111.20%
233.61%
356.02%
4910.84%
51113.25%
62024.10%
71821.69%
81113.25%
933.61%
1022.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review6人
2 ストーリー評価 5.30点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.14点 Review7人
4 音楽評価 7.42点 Review7人
5 感泣評価 4.16点 Review6人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS