カイジ 人生逆転ゲームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カイジ 人生逆転ゲーム
 > (レビュー・クチコミ)

カイジ 人生逆転ゲーム

[カイジジンセイギャクテンゲーム]
2009年【日】 上映時間:129分
平均点:4.86 / 10(Review 77人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-10-10)
ドラマサスペンスシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2009-04-02)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐藤東弥
キャスト藤原竜也(男優)伊藤カイジ
天海祐希(女優)遠藤凛子
香川照之(男優)利根川幸雄
佐藤慶(男優)兵藤和尊
松尾スズキ(男優)大槻太郎
山本太郎(男優)船井譲二
光石研(男優)石田光司
松山ケンイチ(男優)佐原誠
吉高由里子(女優)石田裕美
もたいまさこ(女優)屋形船の女将
福本伸行(男優)黒服
藤間宇宙(男優)
丸山智己(男優)高田
中村靖日(男優)太田
谷澤恵里香(女優)帝愛グループのCMイメージガール
村田充(男優)宇多
載寧龍二(男優)石和謙介
遠藤要(男優)カップルの男性
鈴木亮平(男優)黒服
仲野茂(男優)
松本じゅん(女優)
宇野祥平(男優)
原作福本伸行「賭博黙示録 カイジ」(講談社ヤンマガKC刊)
脚本大森美香
音楽菅野祐悟
作詞YUI「It's all too much」/「Never say die」
作曲YUI「It's all too much」/「Never say die」
主題歌YUI「It's all too much」
挿入曲YUI「Never say die」
撮影柳島克己
製作島谷能成
山口雅俊
日本テレビ
東宝
ホリプロ
講談社
読売テレビ
企画日本テレビ(企画制作)
プロデューサー山口雅俊
制作日本テレビ(制作プロダクション)
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
77.漫画は特別好きってわけではないですが、読んだことあります。しかし、やはり漫画だからいいわけで、どうしても実写になると設定にムリがあり過ぎて荒唐無稽に思ってしまいます。
ただ、藤原竜也しかり、松山ケンイチしかり、実写にするとなるとムリがある設定の作品でも彼らならある程度見れるから不思議です。
YUIは昔から基本的に興味はなかったんですが、エンディングの曲は良い曲だと思いました。
映画の夢さん [インターネット(邦画)] 4点(2018-07-24 16:39:42)★《新規》★
76.《ネタバレ》 駆け足で抜けていくダイジェストすぎる内容(限定じゃんけんがたったの30分)
役者の過剰すぎる演技
ヘタクソすぎる演出(心理的な駆け引き、戦略性もすっ飛ばしているので、カイジが行き当たりばったりで問題を解決しているようにしか見えない)
その場の状況、自分の心理状態をペラペラペラペラ話してくれる登場人物

よかったのは利根川くらいで原作愛を何も感じない。原作の良いところをむやみやたらに切り刻んで水で薄めてゴミで味付けして調理した映画。まさに原作レイプ。こんな映画を観るよりも原作の漫画かアニメを観た方がいい。
たろささん [インターネット(邦画)] 1点(2017-06-29 16:42:26)
75.《ネタバレ》 聴衆の動きなどの演出がステレオタイプで、子供向けかと思った。
映画向きでない鉄骨と地下を薄めて描くなら、どちらかを飛ばしてじゃんけんとEカードをもう少し厚く描いたほうが良かったと思う。
原作の映画化としては、出来が悪い方だと思うけど、原作は好きなので甘めに6点。2も一応観てみようかな。。
Yuさん [DVD(邦画)] 6点(2014-05-28 15:26:33)
74.佐藤監督作にしてはマシなほうだと思いますけど、僕は原作に対する思い入れが強いので、嫌いです。TVアニメは傑作なんだけど、実写化は難しかったということなのか、監督の実力不足か。
カニばさみさん [地上波(邦画)] 3点(2013-08-27 00:22:19)
73.原作ファンですが藤原竜也のカイジ、僕はありだと思います。他に誰ができるか思いつかない。2作目と比べてこちらのほうがゲームに盛り上がりと緊張感があってよかった。(2作目はパチンコだからいたしかたないが…)
しっぽりさん [地上波(邦画)] 6点(2013-08-16 19:09:35)
72.この手の作品にしてはいい出来だと思う。原作とは比べられないが、藤原竜也の演技も悪くない。
黒ネコさん [地上波(邦画)] 7点(2013-05-17 22:56:26)
71.原作レイプ映画。原作が好きなだけに、藤原竜也の過剰な演技は見るに耐えない。こんなのカイジじゃない。でも原作を知らなければきっと普通に見られると思う。
ブラック武藤さん [DVD(字幕)] 3点(2012-08-28 01:43:14)
70.原作未読。苦手な藤原竜也さんの舞台風過剰演技が役に立った作品かも。現実離れしてるけど案外あったりするかもしれない世界のお話。香川さんのインパクト強し。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 4点(2012-07-18 01:02:49)
69.《ネタバレ》 ハイテンション芸ともいえる藤原竜也さんの演技は、この場合良かったかな。
ただ脚本がイケません。
マンガの原作者に対して映画の制作委員会的な人達は完全に負けてます。
もはやこの作品が映画化には向かないのかとさえ思ってしまいました。
せめて映画化したことでの『良さ』をなんらか見せて欲しかった。
ろにまささん [DVD(邦画)] 4点(2012-06-25 08:43:28)
68.ソウとか観た後だとどうしても薄味。テンポももう少し欲しかった。
なこちんさん [地上波(邦画)] 4点(2012-01-09 04:04:57)
67.《ネタバレ》 原作既読です。藤原竜也のカイジはかなり素晴らしかったし、電流鉄骨渡りでの石田さんのシーンでは胸が熱くなったが、原作をそれなりになぞっただけの面白味の無い映画に仕上がっていたのが非常に残念。ジャンケンとEカードの脚色は無残の一言。
bolodyさん [地上波(邦画)] 3点(2011-12-27 23:52:20)
66.《ネタバレ》 佳作。藤原竜也やりすぎ、という気はしないでもないが、緊迫感のあるストーリーだと思う(原作は未読)。【ネタバレ注意】終盤、Eカードで2枚だけ残して残りを開けてしまうのはおかしい。皇帝側は、その残った2枚に対して市民カードを出せば明らかに勝てるからだ(残りのカードがわからないからこそ賭けになるはず)。原作からなのかわからないが、命がけの勝負を演出するには安易なミス。
mohnoさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-12-24 00:10:03)
65.カイジと藤原達也って、なんだか全然違うくね?もっと泥臭くて不細工でアゴとがってる人にした方がしっくりくるよね。んまぁ原作とは違う作りだけど、それなりに面白い かな…
ライトニングボルトさん [地上波(邦画)] 5点(2011-12-07 22:04:43)
64.《ネタバレ》  いつも好きな漫画や小説が映画かされると不満を持ちがちなんだけれど、この作品に関してはかろうじて合格点。
 時間的な制約の中で鉄骨渡りを中心に据えたのも正解でしょう。一番、金というもののシビアさ、「命より金が大事」というこの社会の本音、金を持っているものの傲慢さ、醜さが象徴されるシーンだから。
 自分的には今の社会に蔓延する甘えをばっさり切り捨てる利根川の人生哲学に魅かれるものがあるもので、それがスクリーンで再現されただけでも嬉しかったです。
(ただ、さすがに「イチローは負けていれば、いけすかないマイペース野郎」とは言ってくれなかったけどw)
平成26年7月8日 女優が好みではない映画は愛着を持ちにくい 7→6 ※3
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-11-28 13:02:24)
63.アニメと較べると明らかに劣化しているが、それでもそこそこ面白い。藤原竜也の演技がわざとらし過ぎるのは嫌だった。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 6点(2011-11-15 14:14:32)
62.原作を読んでないからとも言えますが、そこそこ面白かったです。ただ、藤原竜也の演技はやっぱり好きになれませんでした。大声を出して泣き叫んでいるだけで、どの作品を観てもバトルロワイヤルに見えます。その点、香川さんはやっぱりうまいですね。
アフロさん [地上波(邦画)] 6点(2011-11-07 17:53:40)
61.中身の極端に薄い脚本を舞台のようなオーバーアクションで演じるのでゲンナリ。何が死体の。勘弁して。
spputnさん [地上波(邦画)] 4点(2011-11-06 20:29:00)
60.エスポワール編からEカード編まで、パラパラとテキトーに流し読みしたような、ユルく味気ない達成感。このユルさが、長所でもあり短所でもある。

凡庸……ッ!見せ場を逸した作品ならではの、耐え難い凡庸……ッ!(福本信行風に)
aksweetさん [DVD(邦画)] 5点(2011-10-22 00:59:12)
59.《ネタバレ》 原作を壊さずうまくまとめたと思うが、容量的には映画よりもドラマだったんじゃないかなぁ~。それにしても天海さんが藤原くんを信用する動機がちょっと薄いと感じてしまう私はクズなのだろうか?
あるまーぬさん [DVD(邦画)] 6点(2011-10-20 22:44:35)
58.《ネタバレ》 原作ファンです。福本大好きです。そんな立場から言わせていただく。まず、女がいらないっ……!福本作品に女!それは圧倒的不要っ……!何故っ……?何故遠藤が天海祐希っ……!?画面映えを狙ったのかっ……!?が、ダメっ……!しかもラストあんなことにするから今度やる2の結末がっ……!不透明!五里霧中っ……!すなわち才のある原作者に対し、それに比べ凡人のスタッフっ……!積み重ね、勝ち続けていないスタッフ……!ならば原作通りにやるのが必定っ!定石っ……!それ見たことか、地下も挟み、ビールも挟み、すなわちいいとこどり……っ!その結果が「2も地下に堕ちたら鉄骨渡りすればいいんじゃねーの?」的、安易な考えっ…… それに至るのがまるでダメっ……!まさに、まさに痛恨!痛恨の構成!痛恨の極み!愚策!そもそもカイジ、藤原だと、わずかに、わずかに賢そう。知性!にじみ出る知性!ならばダメカイジの演技もこなせる萩原聖人のほうこそ適任っ……!ファンも、納得っ……!さらに決定的なのが「ナレーション:立木文彦」不在っ……!陰の主役ともいえるこのナレーションあってこそのカイジっ……!必要不可欠っ……!圧倒的存在感!! そして、極めつけは焼き土下座!焼き土下座が、ない!ない!ないいいいいいいいいいい!?圧倒的失策!!!
まるにゃ~んさん [映画館(邦画)] 4点(2011-09-29 03:39:17)(笑:3票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 77人
平均点数 4.86点
000.00%
111.30%
211.30%
3810.39%
42025.97%
51823.38%
62633.77%
733.90%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review6人
2 ストーリー評価 4.75点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.14点 Review7人
4 音楽評価 3.85点 Review7人
5 感泣評価 2.71点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS