きっと、うまくいくのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 キ行
 > きっと、うまくいくの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

きっと、うまくいく

[キットウマクイク]
3 Idiots
2009年インド上映時間:170分
平均点:7.62 / 10(Review 81人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-05-18)
ドラマコメディミステリー青春ものロードムービー
新規登録(2013-06-25)【すねこすり】さん
タイトル情報更新(2015-12-30)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラジクマール・ヒラニ
キャストアーミル・カーン(男優)ランチョー
シャルマン・ジョシ(男優)ラージュー・ラストーギー
カリーナ・カプール(女優)ピア・サハスラブッデー
ボーマン・イラニ(男優)ヴィールー・サハスラブッデー(ウィルス学長)
アリ・ファザル(男優)ジョイ・ロボ
ピトバッシュ(男優)
平田広明ランチョー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
高木渉ファラン・クレイシー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
川田紳司ラージュー・ラストーギー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
井上喜久子ピア・サハスラブッデー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
玄田哲章ヴィールー・サハスラブッデー(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
水島裕チャトル・ラーマリンガム(サイレンサー)(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
石塚理恵モナ(日本語吹き替え版【BSジャパン】)
脚本ラジクマール・ヒラニ
ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
製作ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
配給日活
編集ラジクマール・ヒラニ
あらすじ
インド屈指の名門工科大の新入生ファランとラージューは、学生寮で個性的な自由人ランチョーと知り合う。以来3人は、他の優等生とは一線を画した生活を送り、様々な問題を起こしながらもそれぞれの道を歩んでいく…。10年後、ファランとラージューは音信不通になっていたのランチョーの消息を知る同級生と再会する。ランチョーの行方を探す旅に出る2人。果たして再会の願い派は叶うのか? 映画大国インドで歴代興行成績ナンバーワンに輝く感動の社会派ヒューマンストーリー。主演はインドの大スター、アーミル・カーン。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
81.《ネタバレ》 これは面白かった!
かつ、最高のエンジニア映画。
また、出産のシーンで、学生全員の活躍が見られて、
とてもいいキャンパス映画でもあった。

休憩挟んでの第1部と第2部の構成もお見事!

さすが映画大国インドの圧巻の作品でした!
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2023-08-03 00:56:36)
80.工学部卒の息子の勧めで鑑賞。
工学部が舞台だけに楽しんだ様子だった。

主人公ランチョーのスケールの大きさに感心。
厳しい勉強の中、ファルハーンやラージューと培われた友情にも心を奪われた。

しかし、悪さのスケールも大きくてついて行けないところ多々。
いくら映画でも、何をやっても観客がついてくる訳では無い。

楽しそうな大学生活と、パーティーの飾りつけやインド料理も見どころでした。
たんぽぽさん [インターネット(字幕)] 6点(2022-05-12 14:25:17)
79.《ネタバレ》 何度か観ているうちに、チャトルへの執拗ないじめ(?)が理不尽に思えてきてちょっと辛くなってきた。冒頭、上級生をこらしめるランチョーは言うことなし。あの調子で最後までいったなら最高点だったのに残念。音楽はどれも良し。最初に流れるランチョーを称える歌は、バックの景色も相俟って心地よく耳に入ってくる。ジョイロボの歌うフォーク調の曲は美しい。そして、底抜けに明るいテーマ曲からのあのジョイロボのシーンは衝撃的である。
有為子さん [地上波(吹替)] 5点(2022-03-09 23:56:48)
78.《ネタバレ》 -3 Idiots- “三バカ”。 3馬鹿って言い回しが日本独自のものらしいね。洋画ショート・サーキットとかで三ばか大将って出てきたけど、-The Three Stooges-で、どっちかって言うと“三ボケ”。
ルームメイトといたずら。憎たらしい学長。イヤミな同級生。ヒロインとの恋愛。試験、就職。決めセリフ「うまーく いーく」学園コメディとしてホントよく出来ている。上級生とのトラブル、アタマの硬い先生との口論なんかを、ランチョーがスカッと解決する展開は万国共通の面白さ。

それでもやっぱり日本とインド。文化の違いは当然だけど、いちばん違和感を感じるのは、チャトルのからかい方。ウガンダ育ちで共通語が不自由なのをからかうところ。学ぶことより成績優遇なインドの教育現場の問題提起をしているけど、言葉が不自由で学年2位の成績は、単純に凄いんじゃないかな?
“ゴーカン”については、う~ん…だけど、日本もついこの前の'90年代、ギャグ漫画でエイズを笑いのネタにしてた事を考えると、目くじら立てるところでもないって気もして…ブラックユーモアって難しい。
自殺の多さも気になるところで、ロボの死の衝撃。ラージュは助かるの解ってたけど、それでも1本の映画にあれだけ自殺が出てくるのって、やっぱりインドならではの社会問題なんだろうな。後半ウイルス校長が良い人になる所、無重力ボールペンと鉛筆の話はとても好き。だけどこの、自殺に追い込んだ張本人ということが引っ掛かってしまうのが残念。
ヒンドゥー語の不自由な学生と、イヤミな同級生。憎たらしい校長と、自殺に追い込んだ張本人。は、登場人物を分けてほしかったかも?

ランチョーが別人で第2部に続くのは、とっても良かったし期待した。単なるコメディだった学生時代から、後半は手の混んだミステリーになるのか?って。でも思ったのと違って、あ、そういうことかって結末だったけど。トラブル→解決→次のトラブル…の連続で約3時間は、そのまんまコメディ映画2本ぶんのボリュームで、どうしても長く感じてしまう。2本の映画というより、二夜連続のドラマ総集編をいっぺんに観るような感覚。
ランチョーの秘密はわかったけど、どうしても“何も言わずに姿を消した理由”は引っ掛かるところ。彼女も親友も放り出して姿を消すなんて、愛着や未練はなかったのかな?って。ドラマの引っ張り方としてはアリだけど、1本の映画としてなら、もうひと説明欲しかったところ。
まぁ再会したときの袋叩き。ランチョーの今の生活は、万国共通のスッキリ具合。高評価も納得です。
K&Kさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-03-06 15:43:53)(良:1票)
77.楽しめた!こわ~い校長をランチョ―(天才的学生)がタジタジにする。自由な発想をもった生徒は苦しい立場に追い込まれる。そういった閉塞感はインドの学校でもあるんだなぁと気付いた。閉塞感から始まったが最後は校長もみんな打ち解けてハッピーエンドで終わる。楽しかった!
ホットチョコレートさん [地上波(吹替)] 7点(2022-02-02 05:16:30)
76.インドという、日本とは生活習慣が大きく異なる(と勝手に思っている)異世界において、はたして笑いや感動のツボは日本人に通用するのか、という疑念は、ほぼ杞憂に終わりました。

ただ、唐突に始まるダンスシーンには最後まで慣れませんでした。短かければ気にならなかったかもですが、残念ながら一つ一つが結構長くて、インド映画とダンスは切っても切れない、ということは何となく知ってはいましたが、それでもかなり引きました。

しかしながら、3時間近くの長丁場を、ダンスシーン以外は全く観客を飽きさせずにテンポよく疾走し、いろいろな伏線もよく効いており、卓越した脚本だと思います。
la_spagnaさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-01-17 19:31:49)
75.《ネタバレ》 誰も将来のことは分からない。
きっと うまーく いーく!
確かに良いフレーズ。
あまり不安は意識せず、きっと、うまくいく!と思って生活していきたい。
そう、思いました。
にじばぶさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-06-24 19:59:24)
74.《ネタバレ》 素晴らしい青春ドラマ。ストーリーの構成も面白い。ランチョーの家にたどり着いた時に別人が出て来たところは驚かされた。伏線も上手く使われていて、最後までオチに気が付かなかった。
インドの学歴偏重の競争社会への警鐘という役割も果たせている。
ただ、3人のおふざけが過ぎたり、ややご都合主義を感じる部分もあったのでそこは玉に瑕。
この映画には大好きなシーンが二つある。一つは何故宇宙空間で鉛筆が使えないのかを学長が説明するシーン。もう一つは3人が再会して、どついて、笑って、抱き合うシーン。どちらも目頭が熱くなった。良い映画です。
alianさん [インターネット(字幕)] 9点(2021-01-15 15:36:13)
73.《ネタバレ》 ベタこそ最強と思わせる王道の学園ドラマでした。
時間に余裕があり、インド映画のダンスシーンに耐性があるならおススメです。
ヒロインがかわいかったら9点でした。
まっかさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-01-11 10:55:39)
72.《ネタバレ》 深刻な問題も含みつつ、終始明るい雰囲気なのがいい。大方予想できるオチも、雄大な景色と相まって爽やか。突然始まる妙なダンスも、なぜか違和感のない不思議。これが歴史と伝統を誇るインド映画の実力でしょう。
しかし超カッコいい主人公に親友がいて、彼女がいて、イヤミな同級生がいて、頭の古い教師がいるという設定は、日本の「学園モノ」の定番でもあります。日本人が日本語で演じるとクサくて見ていられない感じになりますが、外国人が外国語で演じると魅力的に映るのはなぜなんでしょうか。このあたり、ぜひそのへんの文化人様に研究論文など書いていただきたいものです。
ついでに言うと、ヒロインがもう少し美人ならよかったなと。 
眉山さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-10-17 02:04:58)
71.いやー、率直におもしろかった!
冒頭を見ただけでコレは面白いと予感
そして見事に、期待通り楽しませてくれました。
約3時間、みっちり内容が詰まっていて時間を感じませんでした。
色んな名シーンがたっぷり詰まってて、数え切れません。
インド映画?とあなどっていたが、良い意味で裏切られました。

インド独自の文化や風習に馴染みがないと、
ちょっとわかりづらい点もあるのが難点か
ただ、映画の良さが損なわれるレベルではないのでまあよし
愛野弾丸さん [DVD(字幕)] 9点(2020-04-01 13:41:59)
70.やられたなあ。
こんなに長いと思ってなかったけど、そんなことほとんど気にならなかったなあ。
こんな仲間がいたら、きっとうまくいくんだろーなー。
しかし、詰め込み方が凄まじい。
これだけやられると、映画館で観ても元取ったなあって思えるに違いない。
いや、いい映画。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 9点(2019-11-24 01:50:22)
69.《ネタバレ》 始めて観るインド映画、レビュー評価もズラリと高得点という事で、興味深々で鑑賞したのですが‥‥

名門大学のエリート学生と、落ちこぼれ学生の友情に恋愛を絡めたストーリー自体は、悪くないと思います。
ただ、感性が合わない。
セリフへの違和感
笑うシーンで笑えない。
泣くシーンで泣けない。
これは、香港映画でも良くある事なのですが‥‥
欧米の映画ばかり見続けた弊害かも知れません。
「ゴーカン」って「強姦」のことですよね。
だとすれば、笑えませんよね。
笑うツボ、泣くツボの違いでしょうかね。
時折出て来るダンスシーンにも違和感を感じます。(インド映画には、しばしば登場することは知っていますが)
彼の国では、未だテレビがあまり普及しておらず、昔の日本のように映画が大衆娯楽であると聞いています。
また、製作数も極めて多数で、アジア屈指の映画大国らしいですね。
少々長い作品ですが、映画づくり自体は洗練されているように思いました。
でも、どうしても私の感性とは合いません。
「あまり、うまくいかない」映画でした。
よって、3点
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 3点(2019-09-14 12:45:26)(良:1票)
68.《ネタバレ》 最初から最後まで濃い内容の映画。学生たちの楽しそうな姿のシーンに組み込まれる深刻な現実に度肝を抜かれた。卒業式のあと、人知れず去って行くランチョーの心中を思うとちょっとしんみりしてしまう。私自身の鈍感さに最後は感謝!?普通分かるだろと言われるが、分からなかったから感動と驚きが大きかった。音楽がどれも素晴らしかった。冒頭のランチョーを讃える曲・軽快で心地よいテーマ曲・ジョイロボの歌う素朴なフォーク風味の曲など、どれも素晴らしかった。
バッハバッハバッハさん [映画館(字幕)] 10点(2019-02-21 00:52:08)
67.《ネタバレ》 3時間もあったけど全然中だるみせずに見れました。
ただ謎の発明家が誰かは大体わかるので、正体がわかってからのシーンをテンポ良くすれば、
もう少し短く出来るのではと思いました。

また、いろいろ突っ込みどころ多いです。
仮病で飛行機Uターンさせたら損害賠償されないのかとか、ピアが10年も婚約者がいるのに独身のままとか。
それと「消音機」は、他の学生が存在感が無い分憎まれ役を一手に引き受けて気の毒でした。
自分でも言ってるとおり、そこまで酷い目に合わされるほどのことはしてない気がします。

でも、冒頭ランチョーてどんな奴なのか興味を引かれ、学生時代と10年後の現代を交互に描きながら、
行方不明のランチョーを探すというのは、ありがちだけど話の織り込み方は上手くて面白かったです。
途中挟み込まれるお約束の歌と踊りはシーンに合ってて楽しかったし、カラフルで綺麗でした。
nanapinoさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-02-19 19:42:34)
66.えーと、完全に自己啓発系です。偶像っぷりが酷くて終始疲れました。

私自身がまさにランチョーな人間なので全く入れ込めませんでした。
普通は逆に重ね合わせて入れ込めるはずですが、結局はこの映画のランチョーという人物は
あくまでも世間一般の人の理想像であって、実際には綺麗なことなんて一切なく社会から確実に
嫌われて不幸な末路を辿ります。なのにそれを理想像とするってダブスタにもほどがある。
みなさん言ってることとやってることを見つめましょう。

あとはインドジョークが生理的に受け付けないです。下品にもほどがある。
お約束の「踊り」ももう要らないです。踊りが無ければ1時間40分程度で濃密な編集ができるのでは?
c200さん [インターネット(字幕)] 1点(2018-08-23 19:19:00)
65.《ネタバレ》 【ネタバレ注意】

インドの競争過熱による自殺問題がいかに深刻であるかが伺える作品です。
その背景を理解した上で鑑賞しないと、少し戸惑うかも知れません。

多少の説教臭さはあるものの、完全なコメディなので、笑いあり涙ありの心地よいヒューマンになっていて、
その中に過去を回想するミステリーが加わっていて、さらに興味をかきたてます。

ラージューの自殺から回復までのシーンにはすごく感動しましたが、ランチョーのせいで彼が自殺することになったようなものなので、そこだけがちょっと不満です。
出産シーンは最高峰の工学部ならではでワクワクしました。

インド映画らしく、途中で何度か踊り出しますが、そこがいい。
素直にオチにも驚いて、'All is well.'。
めたもんさん [DVD(字幕)] 8点(2018-05-25 14:13:02)
64.《ネタバレ》 学生時代親友同士だったファランとラージューは同窓のチャトルに呼び出され
同じく同窓のランチョーの消息がつかめたと聞き3人で探索に出かける。
10年前インド屈指の難関工科大学ICEの学生だったファランとラージューとランチョーは問題児だった。
学長から目をつけられ退学を通告されてしまう。
「きっとうまくいく」
どんな時でも前向きなランチョーを中心に学生時代と現代の話を織り交ぜながら
ランチョーの秘密に迫る。

少々説教臭い感じはするものの気持ちよく話が進む。
インド映画だしこんなものかなという感じ。
ただ主人公グループが退学通告されることは自業自得な気がします。
Dry-manさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-05-05 16:02:19)
63.面白い!圧倒的に面白い!本当は感想なんてこれだけでいいのかもしれない。
ご都合主義といえばそうかもしれないが、これがエンターテイメントってもんだろう。誰だってこんな風に悪党をやっつけてみたかったり、何か大きなことを成し遂げてみたかったり、素晴らしい友人に恵まれたかったり、ハッピーエンドになりたかったりだ。
そんな私たちの夢だったり妄想だったりをほんの少しだけ体現させてくれて、いい気分にさせてくれるのさ。それが映画の役割の一つじゃないか。それでいい。なるようになる。きっと、うまくいく!
ばかぽんさん [インターネット(字幕)] 9点(2018-01-27 07:09:46)(良:2票)
62.《ネタバレ》 初インド映画鑑賞でしたが、ミュージカルパートがこれほど自然にストーリーに入ってくるとは思わなかった。ていうかこの映画に関してはあれがあることでかえってリアリティのラインが安定するような気がする。話自体はけっこうとんでもないからね。

あからさまに泣かせにかかってくるシーンも多いが、話の面白さやキャラクターと共に伝統社会と近代化の間に挟まれたインドの現在を表しているのが興味深かった。そしてアーミル・カーンの爽やかさと最後の青空が無茶なストリーをまとめ上げている。主題歌を最も悲しい場面と最後に使う演出も心憎い。個人的には「本名の男」が気に入った。あいつ根はそこそこ良い奴だな。

あと学生時代と現在パートの経年変化が自然過ぎるんだがメイクだけでやってるんだろうか?まさか本当に10年かけて撮ったとか?と思えるくらいの自然さ。子供時代役の子もめちゃくちゃ似ているし。後でアミール・カーンが1965年生まれで撮影当時44歳と知って驚愕。インド映画いろいろと恐るべし。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-01-15 04:59:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 81人
平均点数 7.62点
000.00%
111.23%
222.47%
311.23%
411.23%
544.94%
656.17%
71518.52%
82429.63%
92227.16%
1067.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review5人
2 ストーリー評価 7.16点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.16点 Review6人
4 音楽評価 8.00点 Review5人
5 感泣評価 6.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS