Menu
 >
 >
 > エネミー・ライン

エネミー・ライン

Behind Enemy Lines
2001年【米】 上映時間:106分
平均点: / 10(Review 188人) (点数分布表示)
アクションサスペンス戦争ものシリーズもの
[エネミーライン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-10-07)【イニシャルK】さん
公開開始日(2002-03-09
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ムーア〔監督〕
キャストオーウェン・ウィルソン(男優)クリス・バーネット大尉
ジーン・ハックマン(男優)レスリー・レイガート司令官
ガブリエル・マクト(男優)スタックハウス
デヴィッド・キース(男優)オマリー特務曹長
オレク・クルパ(男優)ローカー
ヨアキム・デ・アルメイダ(男優)ピケット
ウラジミール・マシコフ(男優)サシャ(追跡者)
楠大典クリス・バーネット大尉(日本語吹き替え版【DVD】)
石田太郎レスリー・レイガート司令官(日本語吹き替え版【DVD/フジテレビ】)
佐々木梅治ピケット(日本語吹き替え版【DVD】)
山路和弘オマリー特務曹長(日本語吹き替え版【DVD】)
咲野俊介(日本語吹き替え版【DVD】)
後藤敦スタックハウス(日本語吹き替え版【DVD】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【DVD】)
仲野裕(日本語吹き替え版【DVD】)
宮本充クリス・バーネット大尉(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
野沢那智ピケット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原康義オマリー特務曹長(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
麦人ローカー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
安原義人スタックハウス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
乃村健次(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
天田益男(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鳥海勝美(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
牛山茂(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
花輪英司(日本語吹き替え版)
原作ジム・トーマス(原案)
ジョン・C・トーマス(原案)
脚本ザック・ペン
音楽ドン・デイヴィス[音楽・1957年生]
撮影ブレンダン・ガルヴィン
製作ジョン・デイヴィス〔製作〕
20世紀フォックス
製作総指揮ステファニー・オースティン
ウィック・ゴッドフレイ
配給20世紀フォックス
特撮ピクセル・マジック社(視覚効果)
アサイラムVFX(視覚効果)
リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
美術ネイサン・クロウリー(プロダクション・デザイン)
字幕翻訳林完治
スタントトロイ・ギルバート
あらすじ
軍務に不満を持つバーネット大尉(O・ウィルソン)と相棒スタックハウス大尉(G・マクト)は、レイガート司令官(G・ハックマン)の指令で停戦中のボスニアの偵察飛行にF/A-18戦闘機で飛び立った。しかし偶然、協定違反の軍事活動を行っていたセルビア人民軍を上空から撮影。それに気づいた敵の判断は、F/A-18戦闘機の撃墜であった―。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
188.《ネタバレ》 戦争映画というか、ウルトラマンとか仮面ライダーとか、そういうジャンルの映画。ユーゴスラビア紛争に興味があったのだが、そういうものを期待して見たのが間違いだった。別に部隊はボスニアじゃなくても良いじゃないか、これ。射撃が下手くそすぎる敵、射撃が上手すぎる味方、、、。リアリティーの欠片もない。
lalalaさん [DVD(字幕)] 2点(2015-03-18 16:37:46)
187.《ネタバレ》 ジャージのオヤヂ、なかなかシブいです。いい味出してます。あとはあんまり印象に残らなかったなぁ~そもそも最初に無理せずに適当に偵察して帰ったら相棒も死なずに済んだしこんな大騒動にもならなかったのに。ひとりのバカのためにみんなが大迷惑を被るお話です。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2014-03-08 21:39:57)
186.《ネタバレ》  色々理由つけても人様の財産撃墜しちゃダメだろ!オイオイ!4500万ドルだぞ。冒頭、びっくりである。アメリカなら撃っちゃえば?で嫌米なひとは納得、米軍好きはズンズン撃て、むしろ撃墜する位で丁度良いで納得だろ。な作りにドギモ、度肝引っこ抜いとけ。

 イヤイヤイヤ、あのタイプのSAMに数秒以上の推進力は無いし。あれは最大戦速Mach2。最大戦速Mach1.6、高度50,000ftまで空戦可能な艦載機に相対速度140メートル毎秒しかない。「オイミサイルかせよ」とかジャージが格好付けてるその時間に有効射程からするする逃げていくに違いない。そもそも米軍機墜とせる手持ちのSAMなんか無ええだろ!
 あの年代のアクティブ誘導方式はフレアの欺瞞を判別できないから。大丈夫だし。よしんばすり抜けても、米軍機の旋回力と訓練された回避運動の前には絶対当たりません。大・丈・夫!

 が、待て待て。このまま空母に帰っちゃったらあんた。ジーン・ハックマンの役割がなくなるから落ち着け。ジャージの出番もなくなっちゃうだろ。いやいや待て待て。ハリウッド補正だ。逆御都合主義。これしかない。主人公が撃たれて死ぬと怒る客と弾が当たらなくて切れる客は同一人物だ気をつけろ。そうだ、落ち着け。
 って。ゴファーさん(手提げミサイル先生)燃料無尽蔵やがな。これはアカン。フレア全然ガリガリ無視してもうとる。撃墜されてまう!アッー!!!

 すばらしい冒頭に大満足です。ありがとうございました。
 今も支援を続ける国連とNATOと米軍の尽力に敬礼であります。
黒猫クックさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2013-06-20 22:18:46)
185.細かいこと言い出したらキリがないんですけどね。これはこれで良しとしますよ。
映画を単純に見る男さん [地上波(吹替)] 6点(2013-04-24 17:15:27)
184.ジーン・ハックマンが主演とのことで期待したのですが、ハックマンの見せ場何もなし。
あんな役、誰がやったって同じ。
内容はランボーやコマンドーと同レベル。
私はもう卒業してます。
クロエさん [地上波(字幕)] 5点(2013-03-05 20:36:13)
183.なんとなーく借りてみたんだけど、意外に面白いんでビックリ。
もう10年以上前の映画になるんだ~。
見所は、なんといっても序盤の戦闘機撃墜シーン。
よくアメリカ軍の協力取れたな~。
だって、ゲリラの地対空ミサイルにやられちゃうんだよ?
しかも、ゲリラのミサイルが超高性能で、アメリカの最新戦闘機が性能で負けてるって設定。
普通、許されないでしょ。アメリカ軍太っ腹~。
このシーンのあとも、ジーン・ハックマンのピリッとした感じとか、ジャージ男の恐さとかで飽きさせない。
妙な恋愛とか家族愛とかを絡めなかったのが成功かな。緊張感が最後まで続く。
まあ、クライマックスはちょっとアレレって感じがなくもなかったけど、まあ、問題ないでしょう。満足。
まかださん [DVD(吹替)] 7点(2012-12-22 15:27:46)
182.《ネタバレ》 アクション映画として十分楽しめました。もちろんツッコミどころは盛りだくさんなのですが、何しろ娯楽作品ですので、その要素は十分でした。追跡者のサシャはかっこ良かった。
さん [ビデオ(字幕)] 8点(2012-02-12 11:12:25)
181.なんとも中身の無い地味な映画ですね。
アフロさん [地上波(吹替)] 4点(2012-01-17 18:21:03)
180.《ネタバレ》 何故か面白い。B級ぽいシナリオなんだけど。ジーンハックマンの威厳ある演技のおかげかなあ。結構ここぞというとこの映像はいいね。地雷の工場とか。安い2本線のジャージは結構仕事師感をあたえるなあと。いい小道具だ。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 7点(2011-09-13 23:28:16)
179.《ネタバレ》 敵地に兵士が一人取り残される。
そんな、あらすじに惹かれて観賞したのだけど、
なんとも、自業自得で結果オーライな話でビックリ。
自分の気まぐれで予定航路を外れて敵地を写真撮影。結果、撃墜。
仲間も撃ち殺されちゃうし、敵地に一人取り残れたつったって、自業自得もいいところ。
ストーリーの肝となる虐殺の証拠写真も、偶然撮れたものだし、
掘り下げてしまうと、軽いにも程がある。
最後に「提督、私の退役届けを返してください」「そう来ると思ってたよ」のやり取りなんて興醒めでしたね・・・。
これがアメリカっぽさ。
しかし、テンポの良さで退屈しないで最後まで観れてしまう。
これもアメリカっぽさ。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-25 22:19:22)
178.《ネタバレ》 編集とテンポの良さで穴を埋めた感じっすかね。セルビアのジャージ傭兵くんが、道路に車のブレーキで出来たタイヤ痕を見て「ここで車に乗って逃げた。」って逃げた町まで言い当てたり、超人的に米兵の足跡をたどってくるのが、えええ~!そこの広大な土地でそれを見つけるの!?って冷めますが、まあそのテンポの良さで相殺されてるといえばいいのかな。テンポよすぎて軽くなってますが、まあ楽しめました。
ぱぴんぐさん [地上波(吹替)] 6点(2011-08-22 02:59:10)
177.《ネタバレ》 なんとも都合のよい展開 あんな状況じゃ普通(いや絶対)逃げ切れないって  女の人が出てこない「硬派」な雰囲気はいいんですけどね  でもまぁ見事な程 弾当たんないねぇ なんとも無理ある展開ながら、最後まで飽きずに観れたのは やっぱりジーン・ハックマンのお陰かな?  F/A-18戦闘機のシーンは迫力満点でした が、それだけでアリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2011-06-08 15:21:00)
176.《ネタバレ》  確かに皆さん指摘するようにアメリカ マンセイの映画ではあるけれども、少なくともこの映画で賛美されるアメリカは自分にとっては嫌ではなく、むしろ好ましかった。
 もちろんフィクションも混じってるのは承知だけど、たった一人でも自国の兵士は見捨てないという姿勢、これはアメリカ軍の伝統であり、それとは対照的に兵士一人の命はハガキ一枚の価値と同じとされ、太平洋の島々のジャングルにゴミ屑のように捨てていった
軍隊、莫大な費用と時間をかけて育成したパイロット達をたった一回の出撃のためにすりつぶしていった軍隊、そういった軍隊を過去に持った国の国民としては、うらやましかった。
平成24年5月20日再見 いったん筋がわかってしまえば、終盤を除いてはかなり単調な感じがして。それと手榴弾の爆炎の中を平気で潜り抜けるようないい加減さが映画を安っぽくしてますね。(榴弾って、爆煙がとどく範囲、あるいはそれ以上に無数の金属の破片が飛び広がって殺傷能力を持つわけなんだけど、あまりに無知な、あるいは知ってて無視してるような映画が多すぎてげんなり。直撃されなければ大丈夫みたいな。実は同日に見たお馬鹿映画っぽいバルジ大作戦がこの点はきちんとしてて意外でした。閑話休題)
あと、一つの正論を述べてるNATO軍の司令官が悪役みたいに扱われてるのもなんだかな。それと一人一人の兵士の命を大事にするアメリカ軍は、うらやましくもありそうあるべきだとは思うのは変わらないんだけれど、それがありとあらゆる価値観の最上位に来て他国の主権とかゴミ扱いされるのは少し抵抗はありますね。昔、ヨーロッパの大国で無礼千万に振る舞うアメリカ人セールスマンが二言目には「俺に何かあれば海兵隊が乗り込むぞと」とほざいて実に不愉快だった映画を思い出しました。
rhforeverさん [DVD(吹替)] 6点(2010-10-25 16:20:41)
175.ジャージのスナイパーは格好いいのだが、いかんせん見せ場が地味すぎ。
j-hitchさん [映画館(字幕)] 5点(2010-09-21 21:01:36)
174.アメリカさえ勝てばいいという「トップガン」や「ランボー」と同様の匂いのするミリタリーアクションであり、80年代であれば大ヒットしたであろう作品だったと思います。ただし本作が公開されたのは21世紀、この手の映画は時代錯誤となっていました。多くの悲劇を生み出したユーゴ内戦、セルビア人による民族浄化を背景として単純アクションを撮ってしまう無神経さは見透かされてしまい、米国内でこそ6,000万ドル稼いだものの、北米を除く全世界では興行成績が3,000万ドル程度に留まっています。。。ユーゴ内戦の難しさ、米軍が必ずしも正義ではないことを言及するセリフは一応挿入されているのですが、これが「文句言われないようにとりあえず付け加えておきますが」程度なので、かえって製作陣の不見識が際立つ形となっています。それは、NATO軍司令官が民族紛争の複雑さ、この戦争における正義とは何なのかについて語る場面なのですが、最終的に「5年間この戦争に関わってきたが、結局俺にも分からん」という結論で終わってしまうのです。なんじゃそりゃ。画面に向かってつっこみそうになりました。本作の脚本を書いたのは「プレデター」のジム&ジョン・トーマスと、軽めのアメコミ作品を多く手掛けるザック・ペン、厄介な国際情勢を丁寧に扱おうという気はないようです。その代わりに登場するのは、コカ・コーラを飲み、アイス・キューブのTシャツを着たクロアチア人青年。アメリカの文化は紛争地域でも通用するんだぜ!わかり合えるんだぜ!という実に短絡的な発想には恐れ入りました。。。そんな本作ですが、アクション映画としては悪くありません。監督デビュー作でありながらジョン・ムーアの手腕は卓越しており、なかなか見ごたえのあるアクションが連続します。ゴチャゴチャした編集がうるさすぎる場面もありましたが、描写にはこだわりがあって他のアクション監督とは一味違う才能があるように感じます。肉食獣の如く主人公を追い詰める悪役は脚本の狙い通りにキャラが立っているし、作品全体のテンポも良好。そして本作の特徴となっているのが兵器のメカニズムの描写なのですが、地雷の起爆ギミックやF-18へのミサイルの着弾等を異様なまでに詳細に見せる映像には驚かされました。戦車やヘリが山ほど登場し、街をバンバン破壊しまくる充実ぶりながら製作費を4,000万ドル程度に抑えたこの監督の腕前は、十分に評価されるべきでしょう。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 5点(2010-09-11 16:26:53)
173.内容はどうってことありません。アメリカはこういう軍を題材にした、上層部との対立を描くのが好きですね。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2010-04-21 12:57:01)
172.完全にアメリカ万歳映画だったけど、とりあえず飽きずに最後まで観る事ができた。
真尋さん [地上波(吹替)] 5点(2010-04-17 22:53:43)
171.ジャージの人 寒そう
くまさんさん [地上波(吹替)] 6点(2010-03-01 21:40:06)
170.《ネタバレ》 最初のほうで主人公が一斉に銃撃されながら逃げるシーンが凄かった。ラストはヘリにミサイルを打ち込めば面白くなってたような。。マリア像が印象的。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2010-02-14 00:36:43)
169.バカがひとり居ると皆が迷惑するって事で。

観ているあいだじゅう、オーウェン・ウィルソンの顔の長さばっかりが気になったw
それとGTA4のニコベリックみたいなんが出てました。
幸志さん [地上波(吹替)] 3点(2010-02-02 11:02:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 188人
平均点数 5.93点
010.53%
142.13%
252.66%
384.26%
4189.57%
53015.96%
64322.87%
74725.00%
82513.30%
931.60%
1042.13%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.25点 Review4人
2 ストーリー評価 3.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.22点 Review9人
4 音楽評価 3.85点 Review7人
5 感泣評価 3.40点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS