ファイト・クラブのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイト・クラブ
 > (レビュー・クチコミ)

ファイト・クラブ

[ファイトクラブ]
Fight Club
1999年【米・独】 上映時間:139分
平均点:7.42 / 10(Review 518人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-12-11)
アクションドラマサスペンス犯罪もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-05-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・フィンチャー
キャストエドワード・ノートン(男優)ナレーター
ブラッド・ピット(男優)タイラー・ダーデン
ヘレナ・ボナム=カーター(女優)マーラ・シンガー
ミート・ローフ(男優)ロバート・ポールセン
ザック・グルニエ(男優)リチャード・チェスラー
リッチモンド・アークエット(男優)
デヴィッド・アンドリュース〔男優・1952年生〕(男優)トーマス
ボブ・スティーヴンソン[1967年生](男優)空港の警備警官
アイオン・ベイリー(男優)リッキー
ジャレッド・レト(男優)エンジェル・フェイス
平田広明ナレーター(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一タイラー・ダーデン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高乃麗マーラ・シンガー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
玄田哲章ロバート・ポールセン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
森川智之ナレーター(日本語吹き替え版【テレビ】)
堀内賢雄タイラー・ダーデン(日本語吹き替え版【テレビ】)
勝生真沙子マーラ・シンガー(日本語吹き替え版【テレビ】)
塩屋浩三ロバート・ポールセン(日本語吹き替え版【テレビ】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ】)
牛山茂(日本語吹き替え版【テレビ】)
原作チャック・パラニューク「ファイト・クラブ」(早川書房)
音楽ザ・ダスト・ブラザーズ
挿入曲ピクシーズ"Where Is My Mind?"
撮影ジェフ・クローネンウェス
製作アート・リンソン
製作総指揮アーノン・ミルチャン
配給20世紀フォックス
特殊メイクロブ・ボッティン
グレッグ・ソロモン(補綴技術)
特撮デジタル・ドメイン社(VFX)
トイボックス社(VFX)
デニス・ベラルディ(VFXスーパーバイザー)
マイケル・ダグラス・ミドルトン(VFXスチール写真撮影)
カルロス・サルダーニャ(アニメーション・スーパーバイザー)
美術アレックス・マクドウェル(プロダクション・デザイン)
ショーン・フッド(ノンクレジット)
クリス・ゴラック(美術監督)
衣装マイケル・カプラン〔衣装〕
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
ファイトクラブ ルール其の1、ファイトクラブのことを口にするな・・・。僕とタイラーの2人で作ったファイトクラブは、男だけのボクシング・クラブだ。今夜も男達の血と汗にまみれた闘いが繰り広げられる。でもいつしか、クラブは想像もつかない方向へ動き始めたんだ。おいタイラー、僕らは何処へ向かってるんだ?
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
518.《ネタバレ》 この当時、監督は「セブン」のデヴィッド・フィンチャー、ブラピにエドワード・ノートンが出てる映画にも関わらず、20年たってやっと観ました。
観る機会は何度もあったんですが、なんで観なかったんだろう。
その理由はたぶんヘレナ・ボナム・カーターかもしれないと気付きました。
私、昔からわからないのよ、彼女の何がいいのか。
往年のと呼ばれる女優にいそうなルックスで、だからコスチュームものは良く似合うと思うんですよ。
本作でも所々で現れるんですけどアバンギャルドさがワザとらしくて好きじゃないです。

で、映画なんですが「僕」ジャックの自傷、多重人格、テロ行為の成り行きを見たわけなんですが、
そのくせ生への執着もかなりあるみたいで、あんな撃ち方したら死ぬでしょ、普通。
いや、実際は死んだのかもね。
ていうか、現実は「〇〇の会」くらいであとは妄想かもね、
例の画像が出て唐突に終了っていうのでそんな風にも思いました。

前半はかなり面白かったです、ボブがあそこまで絡んでくるとはね。
中盤あたりのタイラーとの絡みがちょっとクドイというか、流れが破綻しかけるのが気になったけど、
私これはコメディだと思います。全編通してユーモアのセンスが最高です、というか好きなタイプのジョークなんです。
気付いたらあっちにもこっちにもクラブができてるわ、行く先々に仲間はいるわ、下僕のようだわってもう笑うしかないでしょ。

「ゲーム」とタイプは似てるんですけど、かなり進化して名作と言われれる作品になったと思いました。
ブラピもかっこいいけど、エドワード・ノートンという俳優のキャラと演技が素晴らしい。
面白い映画です、手作り石鹸を見るたびに思い出しそうです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2020-02-12 17:00:59)★《更新》★
517.だいぶ前に観て2度と観るつもりがない映画でした。
amazonにあったので「今だったら面白いかも…」と思って再見。
やっぱダメ。

序盤のひたすら独白がうざい意味不明の進行に10分で心が折れそうになり、我慢してたら面白そうな展開になるかと思いきやそんな事もなくただただ雰囲気映画。
こんだけ独白がうざいんだから何か意味があるんだろうと思ってたら案の定そういう理由でしたか…というありふれ感満載だし。
しかも退屈なくせに痛そうで観てて気持ち悪いとか、もういじめかよ!と。

僕は映画ってエンターテイメントだと思ってるので、こういうカルト的な何かは全く受け付けません、はい。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2019-09-06 13:00:50)(笑:1票)
516.《ネタバレ》 俗っぽいヤッピー風ライフスタイルの男が、実は新興宗教っぽい物質文明を憎悪する思想のカリスマだった、そのギャップがストレートに面白い。そこにブラピとエドワード・ノートンを持ってきたのはまさにキャスティングの妙だといえます。ブラピのチンピラ風よりも、自分にはノートンのノンポリ社畜の方が絶妙すぎるぐらいぴったんこです。二人に絡むゴスロリ女のボナム=カーターも、20年前はこの役は彼女しか考えられない、というよりも彼女はこういうキャラしか演じられないというのが正解だったかも、現在の彼女を見るとこの間にずいぶん芸域を広げたものだと感心します。この人はもともと曽祖父が大英帝国首相アスキス伯爵という上流階級のお嬢様ですからね。 でもタイラー=ブラピが説く思想はもっともらしいけど中身がない中二病みたいな感じで、これでは彼がやろうとしていることはオウムやISと大差がないとしか言いようがありません。なので自分にはタイラーの組織がどうしてもオウムと重なってしまい、日本人としては中二病と笑ってしまうことはできなくなってしまいます。 ラストに至る展開は確かに駆け足過ぎて粗が見えてくるのも確かですが、ここは夢想社会と現実の境目をあえて曖昧にしたストーリーテリングとして愉しむべきでしょう。個人的には本部というかブラピとノートンが住む屋敷の汚らしさが生理的に我慢できる限界ギリギリでした。『セブン』もですが、デヴィッド・フィンチャーは汚く汚れた室内を撮らせたらピカイチです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-09-04 23:18:55)
515.《ネタバレ》 できることなら、1日の3分の1くらい、ブラッド・ピットになってみたいものです。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-02-17 01:06:18)
514.《ネタバレ》 オチを分かっておきながらの何度目かの視聴。やっぱり面白い。よく出来てるなぁと感心すら覚える。ゆっくりゆっくり精神的に傾いていくところがたまらない。そして最初のシーンからラストシーンへの繋ぎとラストの衝撃は圧巻。終わりの始まり。美しいとすら思った。この終わり方でいい。どこまでが現実なのか分からなくていいんです。
Keytusさん [インターネット(字幕)] 9点(2019-01-30 22:29:27)
513.とんでもない映画だ。狂っている。
でも彼らを狂っていると感じているオマエは正常なのか?
正常って何だ?
alianさん [インターネット(字幕)] 9点(2018-09-17 11:23:42)
512.観てなかったんだよな〜。こんな四十半ばになるまで。若い頃に見たら分からなかったかもしれない。今だからこそ、この平和ボケした頭と体をもう一度ブチ壊してやろうという感覚になるよね。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-09-06 12:37:39)
511.《ネタバレ》 結構早い段階で、二重人格であることに気づいてしまった。
あれ、以前そんなドラマあったよな、パクリか?と思い検索したら「共犯者」という2003年のドラマ。
こっちのほうがオリジナルで、ドラマがパクっていたのか?
ともあれ、ちょっと暴力的すぎて後味悪い。
誰も死なないように作れたはずなのに・・・
気分悪いので3点。

追記)とても印象に残るシーンが。店員に銃をつきつけ、「夢を追え、でないと殺す」と脅すことで、彼は翌朝、これまで味わったことのないほどウマイメシを食べるそうだ。確かに幸福感というのは相対的な面もある。夢をあきらめてしまった自分に、銃をつきつけることはできるか?幸福感を感じるために、自分をどん底に突き落とすことができるか?といった自問自答を生み出してくれたので、一点追加して4点としたい。
チェブ大王さん [インターネット(吹替)] 4点(2018-04-01 18:56:15)
510.あんなに殴ったら人は死ぬと思う。きっとモノに囲まれてるフィンチャーが眼に浮かぶな。
Skycrawlerさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-07-17 02:58:44)
509.最後はちょっと驚かされましたが。私はバイオレンスな作品は基本苦手なので、点数はこんなもんです。まーつまらないと言うことはないです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 5点(2016-11-16 23:49:53)
508.常識の鎖につながれていることへの反抗として、暴力と破壊に走る映画で、何を伝えたいのか。原始時代の類人猿でも、ゴリラでも殴り合って喜んだりしない。あまりに幼稚な発想を、単に取り繕ってストーリーを作ったって感じ。何の創造性も見られなかった。この監督や、映画製作者は常識の中にいて、ゴミのように金儲けをしているのに、まるで、それに逆らっているかのような、映画を作って金儲けして、何が面白いのだろうって思った。この映画には小便入りスープを作る場面が出てくるが、そのスープ(映画)を味わっているのは誰なのでしょうか。
cogitoさん [DVD(字幕)] 0点(2015-11-29 16:02:24)
507.ブラピによる絶大なカリスマ性と暴力の扇動者を演じるタイラー・ダーデンは圧巻の一言。かっこよすぎる。
「セブン」のブラピ・フィンチャーのコンビもまた良い。暗い描写の中でも惹きつけられるシーンの数々、効果的なサブリミナル。ケミストリーって言うんだろうね。ただ、自分は不眠症でも暴力にエクスタシーを感じるわけでもないので共感という部分では若干薄れる。
自分の中で眠っているかもしれない「暴力の衝動」という考え方すればこの映画はよりおもしろくみれるかも。
Mighty Guardさん [地上波(字幕)] 6点(2015-11-13 12:36:16)
506.《ネタバレ》  すべてが精神世界での一幕とするのであれば、確かにすべての説明がついてしまいます。ですがそれでは何でもアリの世界になってしまいます。まさに夢オチ。一番嫌いなパターン。ですが今作の場合、一概に精神世界のみとは、断定できないかもしれません。
 そうすると、ストーリーがぶっとびすぎていて、正直中盤以降は粗と矛盾しか目につきません。
 前半から中盤までのストーリー展開、雰囲気、人物造形が凄い良かっただけに、後半の荒唐無稽なもはやファンタジーな世界観が残念でなりません。
 最も違和感を感じるのは、主人公の周りに集まる人間達です。主人公のようなわけのわからない人間に心酔していることに物凄い違和感、作り物感を感じてしまいます。
 もちろん精神世界の話であれば、OKです。ですが個人的に『夢オチ』が嫌いなので、精神世界のストーリーとは思いたくないわけです。すると、この違和感についていけないのです。無理がありすぎて、現実感がわかんのです。
 せめて、ラスト、ノートンも死んでくれたらなあ。あれで生きているってことはやっぱり・・・
 ただ後半はともかく、前半~中盤は素晴らしかったと思います。
 『ラストの映像が実はブラピの・・・』とかいう驚愕のサプライズがあれば、ストーリーなんかそっちのけで満点です。
 
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-10-13 14:46:10)(良:1票)
505.《ネタバレ》 傑作。キートンを彷彿とさせるコメディーです。
裸になって、殴り合い、九死に一生を得た末に、これでやっと変われるという言葉は中々に響ました。うんうんと頷きながら、俺は変われないなと絶望するのです。
うーさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-09-28 13:06:26)
504.《ネタバレ》 もっとプロフェッショナルな闘技場をイメージしてましたが、この映画のファイトクラブは、そこらへんにいる身分も年齢も違う人たちが名声や賞金など関係なくただ単になぐり合う場所というのが意外でもあり、おもしろかったです。観る前は完全にブラッドピットの映画だと思ってましたが、エドワードノートンの存在感がやはり大きかったです。彼のあのいかにも裏がありそうな目つき、今回の2重人格という設定ともぴったりです。
珈琲時間さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2015-08-20 08:48:31)
503.《ネタバレ》 自己改善より自己破壊。
「俺たちは歌って踊るだけのこの世のクズだ」
世の中にはびこるクソのような価値観の破壊。
創造のための破壊とも言えるが、主演の二人にあんなネタバラシがあったとは。
振り返ってみると、不眠症や上司の前での一人殴られ芝居など、別人格の前フリはあったわけだ。
暴走を始める自分自身との葛藤が見応えあり。
フィンチャー監督のメッセージ性の強い作品で、現代社会を批判するメタファーに満ちている。
メタファーはあまり好みではないのだが、それほど難解ではないのでエンターテイメント性も感じる。
閉塞感をぶち破りたい、今の社会や自分自身をぶち壊したい気分のときにはオススメか。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2014-10-28 00:47:27)(良:1票)
502.ムダのないつなぎによる展開のなめらかさ。デヴィッドフィンチャーさま、尊敬するわ~。マーラの視点でもう一度見ると二度美味しい。テーマも人それぞれに感じるところが違えど、軸がはっきりしててかつ重い。悲しくハッピーで美しく破滅的なラスト。いやー映画って(略)。ブラッド・ピットの最高傑作だとおもいます!
460さん [DVD(字幕)] 9点(2014-10-03 02:44:35)(良:1票)
501.はい、見事に騙されました。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-31 09:52:07)
500.見る前に想像していたものとまったく違って、いい意味で期待を裏切ってくれた映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 9点(2014-08-08 01:12:56)
499.言いたいことは何となく判るんですが、映像表現と直結していたりしていなかったり・・ スタイリッシュだし細かなところは非常に良く出来ているので終始映画には引き込まれっぱなし。

しかしながら、全体的には結局何が言いたかったのか。。皆さんのレビューで補完している部分もあったりします。まあ、なんだかんだ言っても数え切れないくらいリピート鑑賞していますので大好きなんだと思いますが、何となく高評価がつけられない映画でもあります。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-07-22 18:09:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
212223242526
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 518人
平均点数 7.42点
020.39%
120.39%
250.97%
3173.28%
4183.47%
5438.30%
65911.39%
78816.99%
811321.81%
99017.37%
108115.64%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.72点 Review22人
2 ストーリー評価 7.40点 Review32人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review31人
4 音楽評価 7.07点 Review26人
5 感泣評価 3.71点 Review14人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
音響効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS