ファイト・クラブのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイト・クラブ
 > (レビュー・クチコミ)

ファイト・クラブ

[ファイトクラブ]
Fight Club
1999年【米・独】 上映時間:139分
平均点:7.41 / 10(Review 527人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-12-11)
アクションドラマサスペンス犯罪もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-05-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・フィンチャー
キャストエドワード・ノートン(男優)ナレーター
ブラッド・ピット(男優)タイラー・ダーデン
ヘレナ・ボナム=カーター(女優)マーラ・シンガー
ミート・ローフ(男優)ロバート・ポールセン
ザック・グルニエ(男優)リチャード・チェスラー
リッチモンド・アークエット(男優)
デヴィッド・アンドリュース〔男優・1952年生〕(男優)トーマス
ボブ・スティーヴンソン[1967年生](男優)空港の警備警官
アイオン・ベイリー(男優)リッキー
ジャレッド・レト(男優)エンジェル・フェイス
平田広明ナレーター(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一タイラー・ダーデン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高乃麗マーラ・シンガー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
玄田哲章ロバート・ポールセン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
森川智之ナレーター(日本語吹き替え版【テレビ】)
堀内賢雄タイラー・ダーデン(日本語吹き替え版【テレビ】)
勝生真沙子マーラ・シンガー(日本語吹き替え版【テレビ】)
塩屋浩三ロバート・ポールセン(日本語吹き替え版【テレビ】)
石塚運昇(日本語吹き替え版【テレビ】)
牛山茂(日本語吹き替え版【テレビ】)
原作チャック・パラニューク「ファイト・クラブ」(早川書房)
音楽ザ・ダスト・ブラザーズ
挿入曲ピクシーズ"Where Is My Mind?"
撮影ジェフ・クローネンウェス
製作アート・リンソン
製作総指揮アーノン・ミルチャン
配給20世紀フォックス
特殊メイクロブ・ボッティン
グレッグ・ソロモン(補綴技術)
特撮デジタル・ドメイン社(VFX)
トイボックス社(VFX)
デニス・ベラルディ(VFXスーパーバイザー)
マイケル・ダグラス・ミドルトン(VFXスチール写真撮影)
カルロス・サルダーニャ(アニメーション・スーパーバイザー)
美術アレックス・マクドウェル(プロダクション・デザイン)
ショーン・フッド(ノンクレジット)
クリス・ゴラック(美術監督)
衣装マイケル・カプラン〔衣装〕
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
ジャック(エドワード・ノートン)は保険会社に勤めるヤング・エグゼクティブ。ここ数カ月は不眠症に悩み、さまざまな病気を抱える人々が集まる「支援の会」に通い始め、そこで泣くことに快感を覚えるように。ある時、やはり「支援の会」中毒の女、マーラ(ヘレナ・ボナム・カーター)に出会い、また出張先の飛行機ではタイラー(ブラッド・ピット)という男性とも知り合う事になる。そんなある日タイラーは、ジャックに「自分を力いっぱい殴れ」という。 さてと、ファイトクラブの始まりである。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
527.《ネタバレ》 あのラストシーンだと、そのすべてが主人公の妄想のように思えてくる。

登場人物の全員が何かしらおかしいので、作品の中に入り込みにくかったが、
現代社会に少なからず不満を抱いている人は、それが大きければ大きいほど刺さるのかもしれない。

適度なストレスの発散は大事ですね。
2年で12キロさん [インターネット(字幕)] 5点(2021-04-11 11:01:13)★《新規》★
526.《ネタバレ》 消費社会に警鐘を鳴らした世紀末より問題が深刻になっているからこそ、作品の先見性に驚かされる。あれから20年、消費社会が深化してデジタル消費社会になり、マイノリティの発言力が大きくなり、多様性の広がる世界になったと思いきや、閉塞感に覆われる矛盾。どう見られているかという管理社会になったことで、"去勢された"男性はより無気力になり社会の隅に追いやられる。そう、何も持っていない男が理想の自分(男性性の象徴)に囚われ、痛みという通過儀礼によって現実を受け入れ、アイデンティティを獲得するまでの映画なのだから。欺瞞の社会に疑問を持たなくて良いのか。己を騙して生きていないか。理念は立派であるが折り合いをつけられず、そこを拗らせてしまうと、ポピュリズムの台頭を許すことになる。
Cinecdockeさん [インターネット(字幕)] 8点(2021-02-19 23:58:44)
525.これ、初めて見た時は、何て気持ちの悪い映画なんだ、と思いました。この作品の、メタ性、みたいな部分が、どうも引っかかって仕方がなかったんですね。多分、当時、気持ち悪いと感じた一番の理由は、エドワード・ノートンが映写技師としてのブラッド・ピットについて語る場面、にあったように思います。ここでノートンは明らかにカメラに向かって、つまり我々に向かって語っていて、しかも映画の画面右上の「チェンジマーク」の説明まで始めてしまう。一種の自己言及であり、メタ構造を垣間見せることで、映画の中と我々との境界が曖昧になる。このシーンがあった上での、終盤にあの「真相」が示されてみると、何だか途轍もなく気持ちが悪い。
思えばポストモダンの時代とはすなわち、呪われた自己言及の時代であった、なんてテキトーな事を言うと怒られそうですが、19世紀、科学の「絶対性」はあと一歩で人類の手中に収まる、なんて思ってたら、20世紀に入ると、相対性理論やら量子力学やら不完全定理やらが「絶対性」を悉く奪い去ってしまって。代わりに相対的な視点を手に入れたはいいけど、その後には、無限に続く自己言及、自己懐疑が残されてしまった。自分を批判的に見る自分を、さらに意識する自分、いや、そんな事気にしてたらキリがないよね、とそれを割り切っている自分を、さらに意識せざるを得ない自分。
広義に見れば、映画におけるパロディというものも、映画の自己言及の一つ、と思えば、そんな事は昔からやってたんだろうけれど、ホラー映画の世界では『スクリーム』がメタ性を意識的に取り上げたりしてて、本作もそういう流れの上にあるのかも知れませんが、『スクリーム』がそれを娯楽性のためのギミックに留めていたのに対し、本作の場合は「ついに一線を越えちゃったな」みたいなところがあって。無目的な(あるいはそれ自体が目的の)殴り合いや、テロ行為といった、テーマ自体の破壊性とも相俟って、気持ち悪いとすら感じるほどの野心作となっております。
もっとも、かつて本作を観てから、その後さまざまな反則スレスレの映画を目にしてきて、今回また改めて本作を観ると、そこまでの気持ち悪さは感じない、というか、どこか「世紀末の懐かしさ」、みたいなものすらも感じてしまいます。ま、そもそも、真相を知らずに観るのと、知った上で観るのとでは、明らかに異なる世界が広がるのですが。
そうは言っても、この生々しい暴力がもたらす強烈な印象は、今もって新鮮で、むしろ、生の充足すらも記号化されつつあるデジタル社会にこそ、この作品は牙を剥く、そんな一面も確かに持ち合わせた映画だと思います。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-12-06 16:38:31)(良:1票)
524.《ネタバレ》 「お前は"物"に支配されている」という所謂消費社会批判の作品だが、現代なら「お前は"ネット(SNS)"に支配されている」というIT社会批判になるんだろうか。なら、ネットで映画の感想なんかゴチャゴチャ書いてないで「ファイト・クラブ」に加入すべきなんだろうが・・・。確かにソ連崩壊以降、資本主義は世界最大の宗教となり、多くの人間が疑問を持たずに信仰している。そこから脱するのは容易ではない。ましてや、道徳や倫理といったものもある種の宗教であり、そこから脱するのはさらに容易ではない。しかしながら、相対化すれば反資本主義や反道徳・倫理もある種の宗教であり、かといって、物質主義のみならず精神主義からの解放を求める肉体主義(快楽主義)も宗教である。これらのXX主義といった「宗教」に依存しなければ人間は生きられず、しかも1人の人間の中で様々な宗教を信仰する「私」がいる。そういった内在的な自己矛盾を巧みに表現した傑作ではあるのだが、ラストに向けて貧困・下層民を救うべくグレートリセットを目指す平等主義(のテロ活動)に傾斜してしまったところがやや陳腐かつイデオロギッシュで残念。映画は何らかのメッセージを伝えなければならないので、イデオロギー性を完全排除する事は困難なのかもしれないが、もうちょっと煙に巻くやり方があったのではないだろうか。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2020-10-27 21:53:22)(良:1票)
523.《ネタバレ》 現代を舞台にしたマッド・マックス的なものを感じた。二重人格だったと判明するまでの内容は9点。
でもオチにリアリティが無くて、ちょっと残念だった。裏人格になった時に あそこまでの統率力・計画性を持てるものなのか かなり疑問。そして片方の人格は もう一方を認識できないと思うので、二人が会話してしまうことに違和感が大きい。観客を驚かせようという意図が先走ってしまっていて、禁じ手的なミスリーディング脚本になっていると思われるのが惜しい。「セブン」での成功体験がそうさせてしまったのかな?

他の映画にはあるけど、人格が切り替わるタイミングで片方を映さないようにして 破綻のない描写にすべきだったと思う。それか 二重人格設定を隠し続けて 最後にかすかに匂わせるぐらいにする。
あるいはいっそのこと別人のままという設定にして、ブラピは突然姿を消し、ノートンのその後を描く。
全てがノートンの見た幻覚だったという設定もありえるが、それはいわゆる夢オチで つまらない。

厳しいコメントになってしまったが、それ以外の内容・雰囲気がとても良かったからこその指摘。少し設定が変わっていれば、9点クラスだと思う。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-10-24 21:49:11)
522.《ネタバレ》 タイラーダーデンが主人公の妄想だったけれども
ファイトクラブそのものも、妄想なのではないだろうか
草のつるぎさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-10-20 15:31:19)
521.資本主義とグローバリズムの拡大によって発展した消費社会、物質主義を強烈に皮肉った作品。子供のころに見たときと、大人になって見たときでは印象がかなり変わった映画だが、社会への示唆や洞察に富む内容で、カルトかつアナーキーな名作と呼んで差し支えないだろう。

子供のころは、その暴力的でアナーキーな物語と、ブラピのマッチョな姿に魅了された(そして多くの人と同じく筋トレに励んだ笑)。大人になって見返すと、社会の物質主義や消費主義を痛烈に皮肉るそのテーマ性に魅了された。主人公は高収入だがやりがいのない労働に明け暮れ、立派なコンドーに居を構え、高価な家具や家電を買い求め、それらに囲まれることで生の充足を感じようとする。資本主義が進展した社会では、消費主義と物質主義は切っても切り離せない。高所得を得て、買いたいものを買い、消費したいものを消費する。それで人は幸福になれるのか。映画は明確にそれを否定する。スラム街、廃墟、薄汚れた地下空間。そこでは肩書きを捨て去った男たちが殴りあい、痛みを分かちあう。社会や常識の外側で暴力に身を任せ、痛みを感じることで、主人公はついに生の実感を得る。主人公(とそのオルターエゴ)は、地下世界で殴りあうだけでは飽き足らず、やがては表の社会の秩序さえも混乱させようと暴走を始める。

終始暴力的で非常識な世界が画面には広がるのだが、同時に否定しがたい強烈な魅力が画面から溢れている。エドワードノートンがどんどん覚醒していく姿、ブラピのカリスマチックな姿、廃墟や地下空間がたまらなく魅力的に見える。惰性で生きてはいないか、物質主義や消費主義を生の指標としてはいないか、人に感謝されて社会に資する”仕事”ができているか(労働とは異なる)。この映画を見るたびに、映画に挑発され、問いかけられている気がする。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2020-08-03 13:27:48)
520.作品的には個人的にはもう観ないだろう満足度。
スタイリッシュ過ぎて現実味のないバイオレンスものが苦手でして。
まぁラストまで観たら事情はわかったのですがおクチには合いませんでした。

ただし!
ブラッド・ピッドの美しさを語り継ぐには重要過ぎる作品である。
ブラピ観賞用に保存しました。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2020-07-21 00:38:21)
519.《ネタバレ》 おもしろくなくはない

が、そんなにおもしろくない
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-03 17:16:01)
518.《ネタバレ》 公開当時見た時はもっと面白かった気がしたのですが、オチがわかってるせいもあるのか今みたらなんかイマイチ。今でいう悪質ユーチューバー的なノリが鼻についてウザく感じる場面が多いのが原因かな。それでも会合の話やラストシーンは今でも面白いですけどね。余談ですがヘレナボナムカーターが大竹しのぶに見えた(笑)
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-03-05 00:15:01)
517.《ネタバレ》 この当時、監督は「セブン」のデヴィッド・フィンチャー、ブラピにエドワード・ノートンが出てる映画にも関わらず、20年たってやっと観ました。
観る機会は何度もあったんですが、なんで観なかったんだろう。
その理由はたぶんヘレナ・ボナム・カーターかもしれないと気付きました。
私、昔からわからないのよ、彼女の何がいいのか。
往年のと呼ばれる女優にいそうなルックスで、だからコスチュームものは良く似合うと思うんですよ。
本作でも所々で現れるんですけどアバンギャルドさがワザとらしくて好きじゃないです。

で、映画なんですが「僕」ジャックの自傷、多重人格、テロ行為の成り行きを見たわけなんですが、
そのくせ生への執着もかなりあるみたいで、あんな撃ち方したら死ぬでしょ、普通。
いや、実際は死んだのかもね。
ていうか、現実は「〇〇の会」くらいであとは妄想かもね、
例の画像が出て唐突に終了っていうのでそんな風にも思いました。

前半はかなり面白かったです、ボブがあそこまで絡んでくるとはね。
中盤あたりのタイラーとの絡みがちょっとクドイというか、流れが破綻しかけるのが気になったけど、
私これはコメディだと思います。全編通してユーモアのセンスが最高です、というか好きなタイプのジョークなんです。
気付いたらあっちにもこっちにもクラブができてるわ、行く先々に仲間はいるわ、下僕のようだわってもう笑うしかないでしょ。

「ゲーム」とタイプは似てるんですけど、かなり進化して名作と言われれる作品になったと思いました。
ブラピもかっこいいけど、エドワード・ノートンという俳優のキャラと演技が素晴らしい。
面白い映画です、手作り石鹸を見るたびに思い出しそうです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2020-02-12 17:00:59)
516.だいぶ前に観て2度と観るつもりがない映画でした。
amazonにあったので「今だったら面白いかも…」と思って再見。
やっぱダメ。

序盤のひたすら独白がうざい意味不明の進行に10分で心が折れそうになり、我慢してたら面白そうな展開になるかと思いきやそんな事もなくただただ雰囲気映画。
こんだけ独白がうざいんだから何か意味があるんだろうと思ってたら案の定そういう理由でしたか…というありふれ感満載だし。
しかも退屈なくせに痛そうで観てて気持ち悪いとか、もういじめかよ!と。

僕は映画ってエンターテイメントだと思ってるので、こういうカルト的な何かは全く受け付けません、はい。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2019-09-06 13:00:50)(笑:1票)
515.《ネタバレ》 俗っぽいヤッピー風ライフスタイルの男が、実は新興宗教っぽい物質文明を憎悪する思想のカリスマだった、そのギャップがストレートに面白い。そこにブラピとエドワード・ノートンを持ってきたのはまさにキャスティングの妙だといえます。ブラピのチンピラ風よりも、自分にはノートンのノンポリ社畜の方が絶妙すぎるぐらいぴったんこです。二人に絡むゴスロリ女のボナム=カーターも、20年前はこの役は彼女しか考えられない、というよりも彼女はこういうキャラしか演じられないというのが正解だったかも、現在の彼女を見るとこの間にずいぶん芸域を広げたものだと感心します。この人はもともと曽祖父が大英帝国首相アスキス伯爵という上流階級のお嬢様ですからね。 でもタイラー=ブラピが説く思想はもっともらしいけど中身がない中二病みたいな感じで、これでは彼がやろうとしていることはオウムやISと大差がないとしか言いようがありません。なので自分にはタイラーの組織がどうしてもオウムと重なってしまい、日本人としては中二病と笑ってしまうことはできなくなってしまいます。 ラストに至る展開は確かに駆け足過ぎて粗が見えてくるのも確かですが、ここは夢想社会と現実の境目をあえて曖昧にしたストーリーテリングとして愉しむべきでしょう。個人的には本部というかブラピとノートンが住む屋敷の汚らしさが生理的に我慢できる限界ギリギリでした。『セブン』もですが、デヴィッド・フィンチャーは汚く汚れた室内を撮らせたらピカイチです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-09-04 23:18:55)
514.《ネタバレ》 できることなら、1日の3分の1くらい、ブラッド・ピットになってみたいものです。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-02-17 01:06:18)
513.《ネタバレ》 オチを分かっておきながらの何度目かの視聴。やっぱり面白い。よく出来てるなぁと感心すら覚える。ゆっくりゆっくり精神的に傾いていくところがたまらない。そして最初のシーンからラストシーンへの繋ぎとラストの衝撃は圧巻。終わりの始まり。美しいとすら思った。この終わり方でいい。どこまでが現実なのか分からなくていいんです。
Keytusさん [インターネット(字幕)] 9点(2019-01-30 22:29:27)
512.とんでもない映画だ。狂っている。
でも彼らを狂っていると感じているオマエは正常なのか?
正常って何だ?
alianさん [インターネット(字幕)] 9点(2018-09-17 11:23:42)
511.観てなかったんだよな〜。こんな四十半ばになるまで。若い頃に見たら分からなかったかもしれない。今だからこそ、この平和ボケした頭と体をもう一度ブチ壊してやろうという感覚になるよね。
◆◇◆◇◆ raindrops ◆◇◆◇◆さん [インターネット(字幕)] 7点(2018-09-06 12:37:39)
510.《ネタバレ》 結構早い段階で、二重人格であることに気づいてしまった。
あれ、以前そんなドラマあったよな、パクリか?と思い検索したら「共犯者」という2003年のドラマ。
こっちのほうがオリジナルで、ドラマがパクっていたのか?
ともあれ、ちょっと暴力的すぎて後味悪い。
誰も死なないように作れたはずなのに・・・
気分悪いので3点。

追記)とても印象に残るシーンが。店員に銃をつきつけ、「夢を追え、でないと殺す」と脅すことで、彼は翌朝、これまで味わったことのないほどウマイメシを食べるそうだ。確かに幸福感というのは相対的な面もある。夢をあきらめてしまった自分に、銃をつきつけることはできるか?幸福感を感じるために、自分をどん底に突き落とすことができるか?といった自問自答を生み出してくれたので、一点追加して4点としたい。
チェブ大王さん [インターネット(吹替)] 4点(2018-04-01 18:56:15)
509.あんなに殴ったら人は死ぬと思う。きっとモノに囲まれてるフィンチャーが眼に浮かぶな。
Skycrawlerさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-07-17 02:58:44)
508.最後はちょっと驚かされましたが。私はバイオレンスな作品は基本苦手なので、点数はこんなもんです。まーつまらないと言うことはないです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 5点(2016-11-16 23:49:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 527人
平均点数 7.41点
020.38%
120.38%
250.95%
3173.23%
4193.61%
5458.54%
66111.57%
78816.70%
811521.82%
99317.65%
108015.18%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.72点 Review22人
2 ストーリー評価 7.40点 Review32人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review31人
4 音楽評価 7.07点 Review26人
5 感泣評価 3.71点 Review14人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
音響効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS