マグノリアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マグノリア
 > (レビュー・クチコミ)

マグノリア

[マグノリア]
Magnolia
1999年【米】 上映時間:187分
平均点:6.01 / 10(Review 268人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-02-26)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-04-22)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ポール・トーマス・アンダーソン
キャストジェレミー・ブラックマン(男優)スタンリー・スペクター
トム・クルーズ(男優)フランク・T・J・マッキー
メリンダ・ディロン(女優)ローズ・ゲイター
フィリップ・ベイカー・ホール(男優)ジミー・ゲイター
フィリップ・シーモア・ホフマン(男優)フィル・パルマ
ウィリアム・H・メイシー(男優)ドニー・スミス
ジュリアン・ムーア(女優)リンダ・パートリッジ
ジョン・C・ライリー(男優)ジム・カーリング
ジェイソン・ロバーズ(男優)アール・パートリッジ
メローラ・ウォルターズ(女優)クローディア・ウィルソン・ゲイター
マイケル・ボーウェン〔男優〕(男優)リック・スペクター
エマニュエル・L・ジョンソン(男優)ディクソン
フェリシティ・ハフマン(女優)シンシア
アルフレッド・モリーナ(男優)ソロモン・ソロモン
トーマス・ジェーン(男優)若い頃のジミー・ゲイター
ジョン・デイヴィス〔1953年生・男優〕(男優)カメラマン
ルイス・ガスマン(男優)ルイス
オーランド・ジョーンズ(男優)ウォーム
リッキー・ジェイ(男優)バート・ラムジィ
冬馬由美スタンリー・スペクター(日本語吹き替え版)
山寺宏一フランク・T・J・マッキー(日本語吹き替え版)
沢田敏子ローズ・ゲイター(日本語吹き替え版)
村松康雄ジミー・ゲイター(日本語吹き替え版)
松本保典フィル・パルマ(日本語吹き替え版)
田原アルノドニー・スミス(日本語吹き替え版)
高島雅羅リンダ・パートリッジ(日本語吹き替え版)
大川透ジム・カーリング(日本語吹き替え版)
矢島晶子ディクソン(日本語吹き替え版)
脚本ポール・トーマス・アンダーソン
音楽ジョン・ブライオン
フィオナ・アップル(追加音楽)
トーマス・パサティエリ(音楽顧問 / 指揮)
ポール・トーマス・アンダーソン(エクゼクティブ・ミュージック・プロデューサー(ノンクレジット))
主題歌エイミー・マン"Save Me"
挿入曲エイミー・マン
スーパートランプ"Goodbye Stranger and "The Logical Song"
ハリー・ニルソン"One"
撮影ロバート・エルスウィット
製作ポール・トーマス・アンダーソン
ダニエル・ルピ
ジョアン・セラー
ディラン・ティチェナー(製作補)
ニュー・ライン・シネマ(共同製作)
製作総指揮マイケル・デ・ルカ
リン・ハリス
配給日本ヘラルド
特殊メイクジョエル・ハーロウ
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術マーク・ブリッジス[衣装](プロダクション・デザイン)
ランドール・バルスマイヤー(タイトルデザイン)
衣装マーク・ブリッジス[衣装]
編集ディラン・ティチェナー
録音リチャード・キング[録音]
ロバート・J・リット
字幕翻訳戸田奈津子
その他ダニエル・ルピ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
268.《ネタバレ》 冒頭に描かれていた
3つの事案は奇跡のような話
そして空からカエルが降ってくる

人はわかりやすくて、目に見えることだけを奇跡と思い
すげー、ありえねー、って思う


だけど
ありふれた日常の全ては奇跡なのかもしれません

身の回りで起きるすべての出来事や
人々との小さな触れ合いさえもが
あなたや、あなたの知らない誰かにさえも
何かをもたらしているのかもしれません

ましてや
自分を認め、赦し、愛してくれる人との出会いは
空からカエルが降るよりも奇跡なのだと
クローディアの笑顔が語ってくれた気がします


エイミーマンの音楽とともに
素晴らしい映画です
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 10点(2016-05-01 05:06:32)(良:1票)
267.《ネタバレ》 各キャラクターを掘り下げて、最後の最後で全員が1本の線で繋がる。
みたいなのを想像していました全然違いましたね。

カエルのシーンは圧巻でしたがラストは非常にモヤモヤ。
もっとスッキリさせて欲しい。
とむさん [DVD(字幕)] 1点(2016-04-25 01:28:14)
266.《ネタバレ》 PTAの早熟なまでのキャリアの頂点と言える。冒頭で語られる3つの"思いがけない出来事"を象徴するが如く、「こんなはずじゃなかった・・・」と上手くいかず、途方に暮れて、誰かが口ずさんでいるかもしれない歌により一つの物語に紡がれていく。これは映画でしかできない希有な体験だった。そろそろ飽きてきたときに、"思いがけない出来事"をガツンとぶつけられたときの衝撃は計り知れない。アレに出会ったことによって、新しく自分を始められるきっかけになるかもしれないし、変化もなく堂々巡りで終わるのかもしれない。たとえ意見が割れる結果になったとしても、そのワンダーは登場人物と同じく現実のものとして記憶に残る。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 8点(2015-08-05 21:06:47)
265.《ネタバレ》 とりあえず長い。そして面白くない。解決無しでほったらかしで終わってる人もいるし・・・時間がもったいなかった。
虎王さん [DVD(吹替)] 4点(2015-03-07 15:09:02)
264.《ネタバレ》 続けて観るのがツライ内容と無駄に長い時間はまるで製作者側に試されているかのよう。かくいう私も3回に分けて観ました〈苦笑)。まぁぶっちゃけグダグダと汚い言葉を聞き続けてるだけの面白味の薄い映画、かな?。内容が面白ければ時間が長くても別に気にならないんだよね。結局は、引っ張るだけ引っ張ってのカエル落ち〈苦笑)。どうやってあの大量のカエルを準備したんだろう?撮影大変だったろうなぁ~。そんなスタッフさんの苦労に3点
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2014-12-24 10:36:13)
263.月に一回、この映画でルイス・ガスマンを演じたルイス・ガスマンのことを思い出してニヤニヤしてます。やっぱりねー、映画は私的なものが一番だと思うんです。この映画では沢山の人物が登場しますが、そのうちの半分は監督の性格と自身の経験をモチーフに創り上げられていて、残りの半分は自分の身の周りにいた人たちを参考にしていると思います。パーソナルな気持ちを前面に押し出したアートはグッと来るし、そのパーソナルさに共感できれば、親友の話を聞いているようで、物凄く濃い時間を過ごせるんですよね。大好きです。天気の悪い休日には「またアイツらに会いたいな」とこの映画のことを想います。
Y-300さん [DVD(字幕)] 10点(2014-11-30 23:15:14)
262.何かすごい映画のようなオーラを纏って
期待を煽るだけ煽って拍子抜けするほど何もなく終わってしまう映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-04 00:32:41)
261.《ネタバレ》 蛙の雨が降る不思議な映画。
出エジプト記に引っ掛けてあるとは知らなかった。
群像劇だけど、すべてをパズルをはめるように収束させる三谷幸喜とはまったく異なる手法。
収束しないまま放置される話が平然とあって、それが独特の味にもなっている。
3時間の長尺ではあるが、そこまで長くは感じなかった。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 5点(2014-04-28 01:47:15)
260.10年ぶりくらいの観賞だけど、面白かった。
内容もほとんど覚えていなかったけど。偶然が必然になることを言いたいのか?
それにしてもポール・アンダーソンの映画は無駄に長い。
本作は群像劇だが、解決した舞台としてない舞台があるのは、なんだか不完全燃焼…。心に残るものがなかった。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-04-17 07:57:41)
259.現在の天才少年だけは、救いが与えられていないのはどういう意味か。
nojiさん [映画館(字幕)] 10点(2013-05-07 00:13:02)
258.《ネタバレ》 「愛したいのに、そのはけ口がない」沢山の登場人物が織り成すこの重厚な群像劇のなかで、ある一人の人物が発するこの言葉が、この深淵でありながらなお猥雑なエネルギーに満ちているこの作品をまさに象徴している。みんな愛したいし愛されたい。でも人間だからみんないつまで経っても心はいつだって擦れ違い。もがき苦しむそんな人間社会に、最後、唐突に降り注ぐ蛙の大雨。もちろん、旧約聖書中の出エジプト記からの引用だろうけど、そんなことどうでもよくなるくらいに滑稽な出来事にただ笑うしかない登場人物たち、というこの映画の纏め方は見事としか言いようがない。「確かにいま人生は辛いかも知れないけど、頑張って生きていこう。だって、明日蛙が降ってくるかも知れないじゃん」という気持ちになれる、良い映画です。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2013-04-29 22:45:19)
257.10人の主人公が喜び、悩み、落ち込む。その模様がカメラワーク、名優たちの熱演を加えて、どんなスペクタクル映画にも負けないとんでもないうねりを作り出してゆく。更に降り注ぐ●●●。こんな映画観たこと無い。
j-hitchさん [DVD(字幕)] 9点(2013-04-12 00:29:42)
256.《ネタバレ》 なんともいえない不思議な感じのする、非常に面白い映画だった。
様々な境遇と人物像が交錯する中でのドラマは圧倒的。
本編にもある”強すぎる愛”が故の悲劇とでもいうのか、
人一人が抱えるものの重さと
ありふれているようでいて壮絶な人間ドラマに感情が揺さぶられて、観客である自分もその中で共感し、自分もまた人間であるということを発見したような気分だ。
人生は数奇な不思議なことにあふれているとこの映画はいってた。
生きたり愛したり許したり憎んだりするってことは不思議なことだ。
カエルがかわいそうだけど。
あまりにも圧倒的なものを目の前にすると、心の蟠りなんか忘れて相手に素の自分が出せるような気がする。
トムクルーズのセミナーは何とも滑稽でイタい面白さだが、
インタビュー後半のトムクルーズの表情は精悍な眼差しが美しい。
正直、トムの演技の才能を初めて感じた。
この映画が凄いのは3時間という上映時間を全く長いとは感じさせないドラマの密度の濃さだと思った。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2012-07-20 23:54:39)
255.長尺にも関わらずテンポの良い展開だったので飽きることなく観ることができた。
じわじわと高まっていった緊張感が頂点に達したときに訪れた「アレ」には心底驚かされた。
なぜ「アレ」だったのだろうかと調べてみると、(警官が熱心なクリスチャンだった時点でキリスト教的何かがあるんだろうなと薄々気づいてはいたが)聖書からの引用らしくそれなりに意味と根拠があったみたい。
eurekaさん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-04 16:09:48)
254.合わない派に一票。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 5点(2012-02-27 23:41:17)
253.好きな映画ほどコメントが書き辛い。これほどずっと観ていたい、終わって欲しくないと思える作品はなかなか無い。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 10点(2011-12-03 04:42:33)
252.《ネタバレ》 変なだけで内容のない映画。
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 2点(2011-11-10 12:08:02)
251.《ネタバレ》 かなり賛否別れる作品だと思います。個人的にはかなり良かったです。これぞ群像劇というべき、個々の話から全体を包み込む一体感に繋がる感じが素晴らしい。最後のほうのアレは実は伏線があったり、バックボーンを知って意味を見出すことができると尚更楽しめると思います。単純に世の不条理という解釈でもいいでしょう。映画はこうあるべきとか、こうあるべきだと思っていたのが裏をかかれたとか、結果が曖昧でない話を好む方にはそれこそ不条理な点数を付けられがちですが、こういう最後に軟着陸するような作品はとても貴重だと思います。これを好きな人とは美味い酒が飲めそうだ。
mustang_newsさん [DVD(字幕)] 8点(2011-10-30 19:34:31)
250.《ネタバレ》 俳優の皆さんが熱演してるのは分かるんですが。ちょっと人数多いし。導入は魅力的だし、この人物相関図がどう収束してくのかと初めはわくわく。それぞれの事情が煮詰まってどうにもなんなくなったとこでカエルどしゃ降り。このカオス的展開で世界が反転するのかと思いきや、意外と普通の着地点でそれぞれのエピソードがとっちらかったまんま、との印象でした。トム・クルーズやるじゃん。
tottokoさん [DVD(字幕)] 5点(2011-09-11 00:50:46)
249.《ネタバレ》 冒頭のエピソードに興味を惹かれました。しかし、本編は様々な人間模様を繰り広げた割には、出来事自体がそれほど大した話ではなかったのが残念です。3時間を使うなら、もう少しスケールの大きい話になってほしかった。最後のカエルにしても、いくら天気予報の伏線があったとはいえ乱暴すぎる印象でした。 せっかく多くの登場人物を出して風呂敷を広げたのだから、それらをうまく繋げる旨さが見たかったです。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-30 13:09:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 268人
平均点数 6.01点
0124.48%
1165.97%
2145.22%
3145.22%
4186.72%
52810.45%
63513.06%
73211.94%
84316.04%
9259.33%
103111.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.37点 Review8人
2 ストーリー評価 7.53点 Review15人
3 鑑賞後の後味 6.68点 Review16人
4 音楽評価 8.26点 Review15人
5 感泣評価 6.36点 Review11人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
助演男優賞トム・クルーズ候補(ノミネート) 
脚本賞ポール・トーマス・アンダーソン候補(ノミネート) 
オリジナル主題歌エイミー・マン候補(ノミネート)"Save Me"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS