運命の逆転のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 運命の逆転
 > (レビュー・クチコミ)

運命の逆転

[ウンメイノギャクテン]
Reversal of Fortune
1990年【米・日・英】 上映時間:112分
平均点:5.77 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-02-02)
サスペンス法廷もの実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-19)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督バーベット・シュローダー
キャストグレン・クローズ(女優)サニー・フォン・ビューロー
ジェレミー・アイアンズ(男優)クラウス・フォン・ビューロー
ロン・シルヴァー(男優)アラン・ダーショウィッツ
アナベラ・シオラ(女優)サラ
フィッシャー・スティーヴンス(男優)デヴィッド・マリオット
クリスティーン・バランスキー(女優)アンドレア・レイノルズ
トム・ライト〔男優・1952年生〕(男優)ジャック
フェリシティ・ハフマン(女優)ミニー
リサ・ゲイ・ハミルトン(女優)
ジュリー・ハガティ(女優)(ノンクレジット)
納谷悟朗クラウス・フォン・ビューロー(日本語吹き替え版)
武藤礼子サニー・フォン・ビューロー(日本語吹き替え版)
内海賢二アラン・ダーショウィッツ(日本語吹き替え版)
塚田恵美子サラ(日本語吹き替え版)
片岡富枝マリア(日本語吹き替え版)
大塚芳忠デヴィッド・マリオット(日本語吹き替え版)
幹本雄之ピーター・マッキントッシュ(日本語吹き替え版)
大塚明夫ラジ(日本語吹き替え版)
脚本ニコラス・カザン
音楽マーク・アイシャム
ゲイリー・ゴーツマン(音楽スーパーバイザー)
撮影ルチアーノ・トヴォリ
製作オリヴァー・ストーン
エドワード・R・プレスマン
ニコラス・カザン(共同製作)
配給松竹富士
美術ニール・トンプソン〔タイトル〕(タイトル・デザイン/ノンクレジット)
メル・ボーン
衣装ミレーナ・カノネロ(衣装コンサルタント)
編集リー・パーシー
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 いやあー、やっぱりJ・アイアンズはヨーロッパ貴族系なスノッブを演らせたら天下一品。すごいすごい。この作品がこうも強烈な気色悪さを纏っているのはこの人演じるクラウスの一貫した”得体の知れなさ”のおかげである。ハリウッドアクション映画でTシャツ姿のテロリスト役なんか似合ってなかったもんなあ。グレン・クローズも負けじと富豪の鬱屈おばさんを見事に仕上げてますけど、アイアンズに持っていかれ気味ですね。
真相は藪の中だし、本格的な法廷ドラマを期待するとがっかり必至。圧倒的に不利なクラウスの一発逆転を狙う、大学教授チームの論理も分かりづらい。
豪奢な邸宅のその内側のささくれた人間関係に、お金ありすぎるからだよーとやっかみのこもった感想を抱きながらの観賞でありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-12-17 23:49:46)
25.アカデミー主演男優賞をとったとDVDパッケージにあったので観ました。クラウスが実際に有罪か無罪かは別として、投獄される可能性があるにも関わらずいつも平常心を保っているところがすごい。服装もいつもばっちり決まっているし物腰もやわらかい。雰囲気に影はあるが英国の紳士のよう。物語とは関係ありませんが男として少しかっこいいなって思いました。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-14 16:43:36)
24.ちょっと前に実際にあった事件もの。当事者がまだ生きてるうちの映画化ってのは、それで盛り上がってたアメリカ人には面白かったでしょう。こういうナマの面白さは映画にとって大事だと思ってるんだが、それを知らなかった異国のものにとっては、疎外感はあります。真実がどんどん分裂していく面白さ、といった「形而上学的」興味を無理に味わうしかない。形而下の楽しみも味わいたかった。金持ちには金持ちなりの不幸があるんだなあ、とは思った。「上流社会の奇人」って独特の世界を造れちゃうからいい。ルートヴィヒのように道楽で城を建てられる。日本にも金持ちがニ笑亭って珍妙な家を作っちゃった話があった。この映画では回想シーンの庭園に虎の子が出てくる。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2014-01-06 09:27:02)
23.法廷ものやミステリーは面白いです。少しずつ謎が明らかになっていく感じが良いですね。映画を見ながら一緒に推理することが好きな人には楽しめると思います。映画の最後まで実話ということを知りませんでした。だからすべての真相が明らかになるわけではありませんが、それをふまえても面白いと思います。もし、すべての真相が明らかになったら、すべての真実がわかったバージョンの映画も作ってほしいです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-20 11:15:55)
22.《ネタバレ》 死姦?その言葉で一気に退きました。後はもうこのおっさんは変態やな、と。もう感情移入は出来ないので、裁判の行方はどうでも良かったです。あとは演技合戦ですね。それにしてもグレンクローズの演技達者ぶりは凄みが増してきましたね。彼女自身、そんなに幸せではないんじゃないか?と思ったくらいです。だって回って来る役がこんなんばっかじゃないですか?「ガープの世界」「危険な情事」と女性として幸福な役って少ないですもんね。それにしても、この話。彼女の演じるこの奥さん、こんな気持ちの悪い男とはさっさと別れれば良いのに・・・。なぜ今でも結婚したままなのか、逆に不自然です。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2011-05-03 23:32:12)
21.《ネタバレ》 オープニング 上空から撮影のスゴイ豪邸 アメリカ?イギリス?どこかわかんないけどすごいですね 立地もすごいけど(海沿いの崖っぷち?)まぁ芝生の広いこと広いこと 近くの小学校の校庭ぐらいあるんじゃないか(笑) 貴族というか上流階級の方々の生活は大変ですね とにかく家の中広すぎ ほんと身近なところじゃ学校級(ってそればっかw) 被害者が語るナレーションは新しい 酒・薬・不倫 と退廃的ですさんだ生活は正直我々には縁のない遠い世界の話しですな アカデミー獲ってるみたいだけどそこまであるかなぁ まぁ退屈はしなかったですけどね 教授率いる弁護団が合宿(?)みたいな生活してるのが気になってシマイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-05-14 07:57:01)
20.《ネタバレ》 シュローダーはこの前後の時期にブコウスキーの家に張り付いてドキュメンタリーを撮っていたのではないですかね。
私は非常に興味があるのだが、オスカーも手にしたジェレミー・アイアンズのつかみどころのない演技、どこまで監督が芝居をつけたのでしょう。「ダメージ」とか思い出すと、アイアンズってそんな深みのある役者さんなのかなあという気がしてしかたない。ロン・シルバーのセカセカした演技と見事に対を成しているところから、私はシュローダーが全面的に関与していると考えたい。演出がとてもうまくいった例といえます。
ユダヤ人弁護士ダーショウィッツとイギリス貴族クラウスのぶつかりあいや、ほとんど戦慄してしまうような大富豪サニーの奇行などでひっぱり、結論は出ないもののなかなか見ごたえのあるサスペンスになっている。
現実と同じように、事実は解き明かされず、裏切り者の情報提供者を雇ったのが誰なのかも明かされない。全体のクラウスの行動から考えると、最終的にダーショウィッツが推理した説が最も彼の行動原理に適っているのかなあと思う。
結局クラウスは「サニーが自殺したくなるような状況」を次々に作って仕向けたということなのかもしれない。相手を葬るためには確実な方法ではないにもかかわらず、それも含めて「紳士のやり方」なのかも。
ひとつ文句を言うなら、グレン・クローズがどんなに優雅なしゃべり方をしてみても、どうしても上流婦人には見えないんだよなあ。…やっぱダナ・カランを着て他人の亭主と不倫をするサカサカしたキャリアウーマンが合っているよなあ。もしくはいじわるな魔女。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-04-14 21:39:17)
19.ジェレミー・アイアンズのあの後頭部は、作りモノでしょうか? それとも天然でしょうか? すごい衝撃受けてしまいましたです・・・ハイ。だってその後の作品も見ているけど、あんな後頭部じゃなかったはず・・・。うー、あれは受け入れ難い。話の内容は陳腐でまるで緊張感のないサスペンスだし、アイアンズのアカデミー賞も??だけど、後頭部ショックでどうにか最後まで見られました。
すねこすりさん [ビデオ(字幕)] 4点(2009-12-08 16:01:07)
18.最初はなかなか盛り上がるのだが、ストーリー上のあいまいさと、明白さが、区別つかないうちに、終わってしまって、製作者が意図せぬあいまいさの湖に沈んでしまった。こういうタイプの映画は、もう少し、説明的なほうがありがたい。それにしても、オスカーとっている演技に言うまでもないことだが、ジェレミー・アイアンズはうまいなあ。
ところで、この映画のタイトルは「富の裏側」と「運の反転」をかけているのであって、「運命の逆転」って訳すと、なにがなんだかわらかないのでは?
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 6点(2009-09-22 11:13:11)
17.《ネタバレ》 米国で無罪が確定している事件なのに、こんな映画の撮り方をして実在のフォン・ビューローから抗議されなかったのでしょうか?原作は未読ですが、著者は映画にも出ているフォン・ビューローの弁護士だそうで、それって結構えげつない話ですよね。プロデューサーにオリヴァー・ストーンが入っているので、こういう作品になってしまったのかな。この映画はジェレミー・アイアンズとグレン・クローズの演技をひたすら堪能するのが正解なのでしょうが、この弁護士の言動がどうしても不愉快でしかたなかったです。この事件のほかに黒人少年の冤罪事件を無償で弁護しているという設定が、またわざとらしく偽善的でした。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 5点(2009-07-25 22:59:16)
16.かなり前に観ましたけど再見する気にならない法廷モノでした。キャストもいいし実話に基づいているということで期待したんですけどね。全然面白くなかったです、緊張感も盛り上がりもないしなんのために何してんだろ??そんな感じ。「逆転」なんてタイトルがついてるのに「逆転」しなかったように記憶してますが・・・それなりの結論に行き着いたってこともなくなんとなく終っちゃったような。いったい何がしたかったんだろ?見終わった後こう思いました。
envyさん [ビデオ(字幕)] 3点(2008-01-06 18:06:24)
15.《ネタバレ》 そもそも、裁判で完全無罪が確定しているのだから、その裏をどうこう疑うような映画をわざわざ作っている時点で制作者の神経を疑うのだが、それを措いたとしても、何が表現したかったのかよく分からない作品。本体の裁判の部分は、証拠関係や審理経過のディテールを省略してしまっているせいで、著しく緊張感が薄れてしまっているし、また、視点をグレン・クローズに置いてしまったせいで、弁護人から見た人間ドラマという点でも発展性が減殺されている。結果、単に弁護団内部の表面的なやりとりを淡々となぞっただけになってしまいました。クローズとアイアンズの底力で何とか見られるものになっているだけですね。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2008-01-06 04:28:11)
14.実話に基づいているらしいが、だからこそなのかどうも結論がはっきりしなくてもやもやした。見て二日たったらどういう結末だったのかも覚えていない。
HKさん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-08 00:29:41)
13.ジェレミー・アイアンズに興味を抱き、映画館で鑑賞。オープニングで上方から写される大豪邸の数々。これから普段見ることのできない別世界に入って行くのだと感じさせる。しかし、内容は正直に言って面白いものではない。ジェレミー・アイアンズの声・発音の美しさにはとても感動した。役者陣の演技、風景、建物の豪華さを楽しむ映画かな。
ジャッカルの目さん [映画館(字幕)] 5点(2007-01-14 09:48:21)
12.最後の笑えない冗談はなんとなく好きだけど・・・全体的にはイマイチだった。 
リーム555さん 4点(2004-05-16 05:43:16)
11.逆転した?ほんとはどっち?謎が最初から最後まで謎のままだった。
こちさん 4点(2004-03-15 22:33:12)
10.二人の演技が見ものだけど、二人ともくどいです。
(ビデオ)
zero828さん 6点(2004-02-24 20:11:29)
9.《ネタバレ》 クラウスの無表情な中に心の中の荒涼とした様子が表れていた。殺したのか否か、結局わからない。「弁護士はユダヤ人に限る」という台詞には大賛成。アイアンズはこの作品でオスカー受賞したけれど、自身「受賞はタイミングだ」と述べているように、自分としてもこの作品でオスカーというのは不思議だった。
JAPANESE. 551さん 6点(2004-01-27 01:16:33)
8.大好きなジェレミーアイアンズの頭部を見た途端、話に入り込めず物語を覚えていない・・・・・。あの頭はイカン!!
あずきさん 4点(2003-12-06 19:02:53)
7.役者の演技の質は恐ろしい程高い本作。それに対して、格調高さこそ醸し出すものの、サスペンスを上手く作り出せなかった演出には大いに不満が募る。この作品の元となった現実もさることながら、日本ではロス事件との比較が取りざたされていたのが印象に残っている。
恭人さん 5点(2003-11-21 20:10:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 5.77点
000.00%
100.00%
200.00%
313.85%
4519.23%
5623.08%
6726.92%
727.69%
8415.38%
913.85%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review3人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review3人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1990年 63回
主演男優賞ジェレミー・アイアンズ受賞 
監督賞バーベット・シュローダー候補(ノミネート) 
脚色賞ニコラス・カザン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1990年 48回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ジェレミー・アイアンズ受賞 
監督賞バーベット・シュローダー候補(ノミネート) 
脚本賞ニコラス・カザン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS