Menu
 > アカデミー賞
 > 主演女優賞【1950年代】
アカデミー賞 主演女優賞【1950年代】


1950年(第23回)

ジュディ・ホリデイボーン・イエスタデイ(1950)

ノミネート:

アン・バクスターイヴの総て
ベティ・デイヴィスイヴの総て
グロリア・スワンソンサンセット大通り


1951年(第24回)

ヴィヴィアン・リー欲望という名の電車(1951)

ノミネート:

キャサリン・ヘプバーンアフリカの女王
シェリー・ウィンタース陽のあたる場所
エレノア・パーカー探偵物語(1951)


1952年(第25回)

シャーリー・ブース愛しのシバよ帰れ

ノミネート:

スーザン・ヘイワードわが心に歌えば
ジョーン・クロフォード突然の恐怖


1953年(第26回)

オードリー・ヘプバーンローマの休日

ノミネート:

デボラ・カー地上より永遠に(1953)
マギー・マクナマラ月蒼くして
エヴァ・ガードナーモガンボ
レスリー・キャロンリリー


1954年(第27回)

グレース・ケリー喝采(1954)

ノミネート:

ジェーン・ワイマン心のともしび
オードリー・ヘプバーン麗しのサブリナ
ジュディ・ガーランドスタア誕生(1954)


1955年(第28回)

アンナ・マニャーニバラの刺青

ノミネート:

ジェニファー・ジョーンズ慕情(1955)
キャサリン・ヘプバーン旅情(1955)


1956年(第29回)

イングリッド・バーグマン追想(1956)

ノミネート:

キャロル・ベイカーベビイドール
ナンシー・ケリー悪い種子
デボラ・カー王様と私(1956)
キャサリン・ヘプバーン雨を降らす男


1957年(第30回)

ジョアン・ウッドワードイブの三つの顔

ノミネート:

エリザベス・テイラー〔女優・1932年生〕愛情の花咲く樹
ラナ・ターナー青春物語
デボラ・カー白い砂


1958年(第31回)

スーザン・ヘイワード私は死にたくない

ノミネート:

ロザリンド・ラッセルメイム叔母さん
エリザベス・テイラー〔女優・1932年生〕熱いトタン屋根の猫
デボラ・カー旅路(1958)
シャーリー・マクレーン走り来る人々


1959年(第32回)

シモーヌ・シニョレ年上の女

ノミネート:

キャサリン・ヘプバーン去年の夏 突然に
エリザベス・テイラー〔女優・1932年生〕去年の夏 突然に
ドリス・デイ夜を楽しく
オードリー・ヘプバーン尼僧物語

© 1997 JTNEWS